研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 床呂 郁哉
(TOKORO Ikuya)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
取得学位 修士(学術)(東京大学)1991年
博士(学術)(東京大学)2012年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介
主要研究業績 【論文】
  • 東南アジア社会における紛争・暴力とその処理, 東南アジア地域研究(第二巻), 2017年
  • Peace building in the wild: Thinking about institutions from cases of conflict and peace in Sulu., Institutions: The Evolution of Human Sociality. , 2017年
  • フィリピン南部ムスリムの移民/難民状況の動態と「再難民化」, 移民/難民のシチズンシップ, 179--198, 2016年
  • 日比国際結婚移住をめぐる諸問題に関する一考察, 多文化共生研究年報, 13号, 25--34, 2016年
  • 野性のチューリングテスト, 他者, 2016年
  • ’Center/Periphery’ Flow Reversed?: Twenty Years of Cross-border Marriages between Philippine Women and Japanese Men, Marriage Migration in Asia: Emerging Minorities at the Frontiers of Nation-States. , 2016年
  • 序章―研究者はなぜフィールドに行くのか?, 人はなぜフィールドに行くのか, 10--31, 2015年
  • Re-emergence of Islam in the Context of Muslim Separatism in the Philippines, Islam and Cultural Diversity in Southeast Asia, 153--174, 2015年
  • Introduction: Islam and Cultural Diversity in Southeast Asia, Islam and Cultural Diversity in Southeast Asia, 1--13, 2015年
  • 通過儀礼から終わりなき旅へ―人類学的フィールドワーク試(私)論, 人はなぜフィールドに行くのか, 270--293, 2015年
  • Recherche anthropologique sur la piraterie contemporaine dans les mers d'Asie du Sud-Est: Le cas de l'archipel de Sulu, Culture(s),Creation et Identites, 195--217, 2014年
  • Review on "Mitsuo Nakamura 2012.The Crescent Arises over the Banyan Tree: A Study of the Muhammadiyah, Journal of Asian and African Studies , 87号, 265--266, 2014年
  • "Violence and the Autopoiesis of Groups: From the Ethnography ofPirates and Feuds", Groups: The Evolution of Human Society, 2013年
  • 「東南アジア海域世界における国境の導入をめぐる一考察―スールー海域世界の事例から」, 東アジア近代史, 16号, 60--78, 2013年
  • フィリピンにおけるムスリム分離主義運動とイスラームの現在, 東南アジアのイスラーム, 97--120, 2012年
  • イスラームの世界観と領域概念, 東南アジアのイスラーム, 121--122, 2012年
  • フィリピンのイスラーム, 東南アジアのイスラーム, 18--19, 2012年
  • なぜ今、東南アジアのイスラームなのか?, 東南アジアのイスラーム, 7--10, 2012年
  • 『もの』研究の新展開に向けて, アジア社会文化研究, 13号, 81--84, 2012年
  • 「もの」の御し難さ:真珠養殖をめぐる新たな「ひと/もの」論, 「もの」の人類学, 71--89, 2011年
  • 複数の時間・重層する記憶-スールー海域世界における想起と忘却, 時間の人類学, 278--300, 2011年
  • なぜ『もの』の人類学なのか?, <もの>の人類学, 1--21, 2011年
  • 複数の時間・重層する記憶-スールー海域世界における想起と忘却, 時間の人類学, 278--300, 2011年
  • フィリピンにおけるムスリム分離主義運動とイスラームの現在, 東南アジアのイスラーム, 50--64, 2011年
  • 『もの』の御し難さ:真珠養殖をめぐる新たな『ひと/もの』論, <もの>の人類学, 71--89, 2011年
  • プライマリー・グローバリゼーション-もうひとつのグローバリゼーションに関する人類学的試論, 文化人類学, 75巻1号, 120--135, 2010年
  • 暴力と集団の自己創出-海賊と報復の民族誌から, 集団 人類社会の進化, 123--147, 2009年
  • 越境するフィリピンのムスリム, 東アジアの民衆文化と祝祭空間, 377--409, 2009年
  • 真珠の資源人類学, 躍動する小生産物, 4巻, 63--104, 2007年
  • 「もの」の人類学的研究の可能性と課題—もの・身体・環境-系のダイナミクスから, 総合人間学叢書, 76--79, 2007年
  • 「海賊鎮圧」から「対テロ戦争」へ—欧米の東南アジア関与における「長い持続」, 軍縮地球市民, 70--75, 2007年
  • 「東南アジアのイスラーム(ISEA)」プロジェクトが目指すもの, 通信, 1--6, 2006年
  • Border Crossing and Politics of Religion in Sulu., Asian Cultural Studies, 15号, 121--136, 2006年
  • 国際ワークショップ『東・東南アジアにおける港、海賊、後背地』参加報告, 『通信』 アジア・アフリカ言語文化研究所, 115号, 60--61, 2005年
  • フィリピン国政選挙見学ノート, 西井凉子、呉人徳司、塩原朝子編 『通信』 アジア・アフリカ言語文化研究所, 111号, 2004年
  • 対テロ戦争下の東南アジアとヨーロッパで考える, アジア・アフリカ言語文化通信, 108・109合併号, 30--40, 2003年
【著書】
  • ものの人類学をめぐって―脱人間中心主義的人類学の可能性と課題(シンポジウム報告書), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 編著, 2017年
  • トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築(シンポジウム報告書), アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 編著, 2017年
  • 人はなぜフィールドに行くのか?-フィールドワークへの誘い, 東京外国語大学出版会, 単行本(一般書), 共著, 2015年
  • Islam and Cultural Diversity in Southeast Asia, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, 単行本(学術書), 共著, 2015年
  • グローバリゼーションズ, 弘文堂, 単行本(学術書), 共編著, 2012年
  • 東南アジアのイスラーム, 東京外国語大学出版会, 単行本(学術書), 共編著, 2012年
  • 「もの」の人類学, 京都大学学術出版会, 単行本(学術書), 共編著, 2011年
  • 東南アジアのイスラーム, アジア・アフリカ言語文化研究所, その他, 共編著, 2011年
  • Islam in Southeast Asia-Transnational Networks and Local Contexts.(Proceedings of the International Symposium), Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, その他, 編著, 2010年
  • スールー海域世界におけるサマ語系民族集団の移動と越境に関する人類学的研究(科学研究費補助金成果研究報告書), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, その他, 単著, 2009年
  • 社会空間の人類学―マテリアリティ・主体・モダニティ, 世界思想社, 単行本(学術書), 編著, 2006年
  • 文化人類学文献事典, 弘文堂, 単行本(学術書), 編著, 2004年
  • Globalization in Southeast Asia:Local,National, and Transnational Perspectives, Berghahn Books, 単行本(学術書), 単著, 2003年
  • 日常的実践のエスノグラフィ―語り・コミュニティ・アイデンティティ, 世界思想社, 単行本(学術書), 編著, 2002年
  • 文化人類学最新術語100, 弘文社, 単行本(学術書), 編著, 2002年
  • エスノグラフィー・ガイドブック, 嵯峨野書院, 単行本(一般書), 編著, 2002年
  • 「対テロ戦争」とイスラム世界, 岩波書店, 単行本(一般書), 単著, 2002年
  • 越境―スールー海域世界から (現代人類学の射程), 岩波書店, 単行本(学術書), 単著, 1999年
【研究発表】
  • トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築(趣旨説明とイントロダクション), シンポジウム:トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築, 国内会議, AA研基幹研究人類学班, 口頭(一般), AA研, 2016年
  • ものの人類学をめぐって―脱人間中心主義的人類学の可能性と課題「趣旨説明とイントロダクション」, シンポジウム:ものの人類学をめぐって―脱人間中心主義的人類学の可能性と課題, 国内会議, AA研基幹研究人類学班, 口頭(一般), AA研, 2016年
  • フィリピン南部におけるムスリム分離主義の現在-ドゥテルテ新政権下におけるミンダナオ紛争と和平プロセスの行方, AA研共同研究課題「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)」研究会, 国際会議, AA研共同研究課題「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期), 口頭(一般), AA研, 2016年
  • 顔と身体表現に基づく異文化理解, 顔と身体表現に基づく異文化理解-シンポジウム趣旨説明, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)基幹研究人類学班, 口頭(基調), AA研, 2015年
  • マレーシア・フィリピンから世界を見る―東南アジアの文化多様性のなかのイスラム, マレーシア・フィリピンから世界を見る―東南アジアの文化多様性のなかのイスラム, 国内会議, 長野イスラム勉強会(板垣雄三東京大学名誉教授代表), 口頭(一般), 松本商工会館, 2015年
  • 日仏会館主催講演会, 「もの」の人類学の可能性―-日本における物質文化研究の展開からの応答, 国際会議, 日仏会館, 口頭(一般), 日仏会館, 2015年
  • 地域研究コンソーシアム年次集会シンポジウム, ボーダーの形成と越境のダイナミクス―東南アジア海域世界の事例から, 国内会議, 地域研究コンソーシアム, 口頭(一般), 東京外国語大学AA研, 2015年
  • 東南アジアと中東に跨るイスラーム・ネットワークの動態:概説とイントロダクション, 科学研究費基盤(A)「東南アジアと中東に跨るイスラーム・ネットワークの動態に関する学際的研究」(代表:床呂郁哉)成果公開研究会, 国内会議, 科学研究費基盤(A)「東南アジアと中東に跨るイスラーム・ネットワークの動態に関する学際的研究」(代表:床呂郁哉), 口頭(一般), 鹿児島大学法文学部2号棟201号室., 2015年
  • 日比国際結婚移民をめぐる諸問題に関する事例報告, 名古屋多文化共生研究会(NAMS), 国内会議, 名古屋多文化共生研究会(NAMS), 口頭(一般), 名城大学名駅サテライト多目的ホール, 2015年
  • フィリピン南部のムスリム分離主義運動におけるイスラームと(エスノ)ナショナリズム―モロ・イスラーム解放戦線(MILF)の活動を中心に, 東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)研究会, 国内会議, 東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)研究会, 口頭(一般), 東京外国語大学AA研, 2015年
  • グローバル/ローカルを超えて―東南アジア海域世界から見る新たな世界のかたち, アジア・アフリカ言語文化研究所(以下AA研と記)50周年シンポジウム・パネル講演, 国内会議, AA研, 口頭(一般), 一ツ橋講堂, 2014年
  • 真珠貝に共感を覚えるとき―『もの』の人類学からの情動研究の可能性, AA研基幹研究「人類学におけるミクロ―マクロ系の連関」(以下、基幹研究人類学班と記)主催シンポジウム「情動と社会的なるもの」, 国内会議, 基幹研究人類学班, 口頭(一般), AA研, 2014年
  • 人間/非人間の人類学的研究に向けて, AA研共同利用・共同研究課題「『もの』の人類学的研究(2)」研究会, 国内会議, AA研共同利用・共同研究課題「『もの』の人類学的研究(2)」研究会, 口頭(一般), AA研, 2014年
  • The Changing Nature of Cross-Border Migration Flows in Asia, IUAES(国際人類学会)研究大会, 国際会議, IUAES(国際人類学会), 口頭(一般), Makuhari, Chiba, 2014年
  • 「非人間の<もの>が他者になるとき」, AA研共同研究課題「人類社会の進化史的基盤(3)」, 国内会議, 河合香吏, 口頭(招待・特別), AA研, 2013年
  • 「フィリピン南部ムスリム社会をめぐる移民/難民状況のダイナミクス」, AA研共同研究課題「移民/難民のシチズンシップ」研究会, 国内会議, AA研共同研究課題「移民/難民のシチズンシップ」研究会, 口頭(一般), AA研, 2013年
  • 「『スールー王国軍』サバ侵入事件―その背景と影響」, マレーシア学会関東例会, 国内会議, マレーシア学会, 口頭(招待・特別), 立教大学, 2013年
  • 「『グローバリゼーション』を人類学的に問い直す:スールー海域世界の事例から」, 山下晋司教授退職記念シンポジウム, 国内会議, 東京大学, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 東京大学, 2013年
  • Anthropological Study on Piracy in Southeast Asia: A Case study from Sulu, 基幹研究人類学班主催による国際討論集会, 国際会議, AA研基幹研究人類学班, 口頭(一般), フランス、レユニオン高等芸術学校, 2012年
  • グローバル/ローカル』を問い直す:スールー海域世界から見る 複数のグローバリゼーション, 地域研究コンソーシアム・シンポジウム「地域研究のだまし絵」, 国内会議, 地域研究コンソーシアム, 口頭(一般), 大阪大学, 2011年
  • 野生の平和構築:スールーにおける紛争と平和の事例から制度を考える, AA研共同研究課題「人類社会の進化史的基盤」研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • 東南アジアのイスラームを知る, 日本学術振興会シンポジウム「日本とアジアの新たな関係構築を目指して」, 国内会議, 日本学術振興会, 口頭(一般), 時事通信ホール, 2011年
  • ミンダナオの忘れられた戦争ーフィリピン南部のムスリム分離主義運動をめぐって, 「民族紛争の背景に関する地政学的研究」プロジェクト研究会, 国内会議, 大阪大学世界言語研究センター, 口頭(一般), 千里ライフサイエンスセンター, 2010年
  • 総括コメント Otherness and Beyond, MEISシンポジウム, 国内会議, MEIS, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • イントロダクション:複数のグローバリゼーションに関する人類学的試論, AA研第六回フィールドサイエンス・コロキアム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • グローバルな不安の時代の「安全・安心」-伝統と生活文化からの視点, 四大学連合記念講演会, 国内会議, 四大学連合, 口頭(一般), 一ツ橋記念講堂, 2009年
  • 『辺境』ムスリム社会のフィールドワークから-紛争下のフィリピン・ムスリム社会に関する人類学的メモワール, 中東教育セミナー, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • 東南アジアのイスラーム入門(趣旨説明とイントロダクション), ISEA公開セミナー, 国内会議, ISEA, 口頭(一般), 岩手県立大学, 2009年
  • 複数のグローバリゼーションに関する人類学的考察, 日本文化人類学会第43回研究大会 分科会「人類学はグローバル化を穿ちうるか?」, 国内会議, 日本文化人類学会, 口頭(一般), 大阪国際交流センター, 2009年
  • 養殖真珠の人類学的考察-もの、身体、環境の相互作用, AA研共同研究プロジェクト「「もの」の人類学的研究」, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • フィリピンのイスラーム概説:歴史と現状, ニーズ対応型地域研究推進事業「東南アジアのイスラーム」(ISEA)主催講演会, 国内会議, ISEAプロジェクト, 口頭(一般), 鹿児島大学, 2008年
  • 集団形成と暴力:スールー海域世界の事例から, AA研共同研究プロジェクト「人類社会の進化史的基盤」研究会, 国内会議, 河合香吏, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2008年
  • グローバル化の人類学についての概念整理と問題提起, AA研共同研究プロジェクト「グローバル化の人類学」研究会, 国内会議, 三尾裕子, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2008年
  • 共同研究プロジェクト研究会(床呂主査「もの研」), 共同研究プロジェクト研究会(床呂主査「もの研」), 国内会議, 床呂主査「もの研」, 口頭(一般), AA研, 2007年
  • 移動、場所、アイデンティティ:スールー・ボルネオ周辺地域におけるサマ(バジャウ)人の事例から, 国立民族学博物館・共同研究会「ユビキタス社会の物と家庭に関する研究」, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2006年
  • 東南アジアのイスラーム, ニーズ対応型地域研究推進事業枠研究課題「東南アジアのイスラーム: トランスナショナルな連関と地域固有性の連関」第一回総合ワークショップ, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2006年
  • 沖縄における生活文化を通じた安全保障—エスノ・セキュリティ試論, 日本学術振興会人文社会科学プロジェクト「人間の安全保障学の構築」研究会, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2006年
  • 真珠の資源人類学・序説, 特定領域研究「資源人類学」小生産物班研究会, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • Piracy in Contemporary Sulu-An Anthropological Case Study, PORTS, PIRATES AND HINTERLANDS IN EAST AND SOUTHEAST ASIA: HISTORICAL AND CONTEMPORARY PERSPECTIVES 上海社会科学院, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • <海賊>のエスノヒストリー スールー・ボルネオ周辺海域における<帝国>と<海賊>, AAフォーラムでの報告, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • 「社会空間と変容する宗教」AA研共同研究プロジェクト研究会(西井涼子主査), 変容する空間、再浮上する場所:人類学の空間論的転回のためのノート, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2004年
  • Malayness in the Philippines:A View from the Margin of the Malay World, Thinking Malayness ILCAA, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2004年
  • 土佐弘之著『安全保障という逆説』コメントおよび「人間の安全保証」プロジェクトへの問題提起, 人社プロジェクト「人間の安全保障」, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2004年
  • 境界の設定とその越境をめぐって「社会空間」研究のための問題提起, AA研共同プロジェクト「社会空間と宗教」, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(A) 東南アジア・中東に跨るイスラーム・ネットワークの動態に関する学際的研究(2013年度-2014年度)

last updated on 2017/4/7