研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 武内 進一
(TAKEUCHI Shinichi)
所属 職名 現代アフリカ地域研究センター・センター長 /
教授
HP http://www.ide.go.jp/Japanese/
Researchers/takeuchi_shinichi.html
取得学位 博士(学術)(東京大学)2008年
専門分野(科研費分類) アフリカ研究(中部アフリカ仏語圏諸国)、国際関係論
研究キーワード アフリカ、紛争、政治、土地
自己紹介 大学卒業後、アジア経済研究所で30年以上にわたってアフリカ研究を続けてきましたが、現代アフリカ地域研究センターの設置に伴い、本学に異動しました。同センターで、アフリカ研究の推進とネットワーク構築に尽力する所存です。
最終学歴 1986年3月 東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業
2005年3月 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程単位取得退学
所属学会 日本アフリカ学会、日本国際政治学会、日本比較政治学会、日本平和学会、African Studies Association
主要研究業績 【単著】
『現代アフリカの紛争と国家—ポストコロニアル家産制国家とルワンダ・ジェノサイド』明石書店、2009年. (第31回サントリー学芸賞受賞、第13回国際開発研究大来賞受賞)

【編著】
西崎文子・武内進一編『紛争・対立・暴力——世界の地域から考える』岩波ジュニア新書、2016年.
武内進一編『アフリカ土地政策史』アジア経済研究所、2015年.
Shinichi Takeuchi ed. Confronting Land and Property Problems for Peace, Oxon: Routledge, 2014, pp.xvii+287.
(責任編集)日本国際政治学会編『国際政治』第174号(特集:「紛争後の国家建設」)
石田勇治・武内進一編『ジェノサイドと現代社会』勉誠出版、2011年.
川端正久、武内進一、落合雄彦編『紛争解決 アフリカの経験と展望』ミネルヴァ書房、2010年.
峯陽一、武内進一、笹岡雄一編『アフリカから学ぶ』有斐閣、2010年.
武内進一編『戦争と平和の間—紛争勃発後のアフリカと国際社会』アジア経済研究所、2008年.
池谷和信・武内進一・佐藤廉也編『朝倉世界地理講座 アフリカII』朝倉書店、2008年.
池谷和信・佐藤廉也・武内進一編『朝倉世界地理講座 アフリカI』朝倉書店、2007年.
武内進一編『国家・暴力・政治——アジア・アフリカの紛争をめぐって』アジア経済研究所、2003年.
武内進一編『現代アフリカの紛争——歴史と主体』アジア経済研究所、2000年.

【論文】
「冷戦後アフリカの紛争と紛争後——その概観」遠藤貢編(シリーズ総編者太田至)『アフリカ潜在力2 武力紛争を越える——せめぎあう制度と戦略のなかで』京都大学学術出版会、2016年、pp.23-49.
「アフリカの紛争に見る変化と継続——マリ、中央アフリカの事例から考える」大串和雄編『21世紀の政治と暴力——グローバル化、民主主義、アイデンティティ』晃洋書房、2015年、pp.73-99.
「アフリカにおける土地と国家——その歴史的概観」武内進一編『アフリカ土地政策史』アジア経済研究所、2015年、pp.3-29.
「中央アフリカにおける国家の崩壊」『アフリカレポート』No.52, pp.24-33. pdf
「地域研究とディシプリン—アフリカ研究の立場から」『アジア経済』53(4): 6-22, 2012年.
「個人支配の形成と瓦解—モブツ・セセ・セコが安全な悪役になるまで」真島一郎編『二〇世紀<アフリカ>の個体形成—南北アメリカ・カリブ・アフリカからの問い』平凡社、pp.526-548、2011年.
「紛争の理論と現実—地域から見た武力紛争」国分良成・酒井啓子・遠藤貢編『日本の国際政治学3 地域から見た国際政治』有斐閣、pp.41-58、2009年.
“’Twin Countries’ with Contrasting Institutions: Post-Conflict State-Building in Rwanda and Burundi.” In Preventing Violent Conflict in Africa: Inequalities,
Perceptions and Institutions, eds. Yoichi Mine, Frances Stewart, Sakiko Fukuda-Parr and Thandika Mkandawire, London: Palgrave-Macmillan, 2013, pp. 40-65.
“Gacaca and DDR: The Disputable Record of State-Building in Rwanda.” Working Paper No.32, JICA Research Institute, 2011.
“Conflict and Land Tenure in Rwanda.” Working Paper No.1, JICA Research Institute, 2009. (Co-author; Jean Marara)
"Political Liberalization or Armed Conflicts? Political Changes in Post-Cold War Africa." The Developing Economies, 45(2): 172-193, 2007.

last updated on 2017/4/13