研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 髙松 洋一
(TAKAMATSU Yoichi)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
取得学位 博士(文学)(東京大学)2003年
専門分野(科研費分類) 古文書学
オスマン朝史
研究キーワード
自己紹介
主要研究業績 【論文】
  • Evliya Çelebi Seyahatnâmesi'ne Göre Bitlis'te "Abdal Han'ın Kütüphanesi", Journal of Turkish Studies, 44巻, 419--436, 2015年
  • 勅令の「裏側」を読む―大宰相府伝来の勅令正文に関する一考察, 近世イスラーム国家史研究の現在, 299--328, 2015年
  • Ottoman Population Registers of Late 18th- and 19th-Century Istanbul As a Source for the Study of the Greek Orthodox (Rum) Population, Human Mobility and Multiethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies 1: Tehran, Aleppo, Istanbul, and Beirut, Studia Culturae Islamicae, No.102, 71--84, 2015年
  • 十八世紀後半オスマン朝の官僚機構における情報共有-勅令テキストの「通知(‘ilmüḫaber)」についての一考察, 東京大学東洋文化研究所 研究報告 オスマン帝国史の諸相, 201--225, 2012年
  • Seyahatnamenin Arapça tarih ve coğrafya kaynakları: onuncu ciltteki kaynaklar listesinin analizi, Evliya Çelebi Seyahatnamesi'nin Yazılı Kaynakları, 130--159, 2012年
  • オスマン朝のハットゥ・ヒュマーユーンについての一考察ー切り取られたハットゥ・ヒュマーユーンの検討を中心にー, 東洋文化, 91号, 101--145, 2011年
  • 18世紀末オスマン朝官僚機構における文書処理の一実例―BOA.HAT 5318を中心として―, 明大アジア史学, 13号, 51--76, 2009年
【著書】
  • 時空をこえる本の旅7 トルコ, 東洋文庫, 単行本(一般書), 共編著, 2014年
  • マーザンダラーニー著(14世紀) 簿記術に関するファラキーヤの論説 Risāla-yi Falakīya dar ‘Ilm-i Siyāqat, 共同利用・共同研究拠点 イスラーム地域研究 東洋文庫拠点, 単行本(学術書), 共著, 2013年
  • イラン式簿記術の発展と展開 イラン、マムルーク朝、オスマン朝下で作成された理論書と帳簿, 共同利用・共同拠点 イスラーム地域研究/財団法人 東洋文庫研究部イスラーム地域研究資料室, 単行本(学術書), 共編著, 2011年
  • 豊饒なるエジプト1841-44 フランスのエジプト学者プリス・ダヴェンヌの石版画より, 東京外国語大学出版会, 単行本(学術書), 共著, 2010年
【総説・解説記事】
  • オスマン朝のハットゥ・ヒュマーユーン(宸筆), 歴史と地理, 山川出版社, 総説・解説(商業誌), 単著, 2016年
  • <辞典案内>トルコ語, 教養学部報, , 書評,文献紹介等, 単著, 2016年
  • <辞典案内>トルコ語, 教養学部報, , 書評,文献紹介等, 単著, 2015年
  • アラビア文字に隠された年代を読み解く, フィールドプラス, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 総説・解説(商業誌), 単著, 2015年
  • <辞典案内>トルコ語, 教養学部報, 東京大学教養学部, 書評,文献紹介等, 単著, 2014年
【研究発表】
  • Greek Orthodox (Rum) population of late 18th and 19th- Centuries Istanbul: a study of the population registers(nüfūs defterleri), 共同研究「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存(第2期)」第5回研究会, 国際会議, ILCAA, TUFS, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年
  • I.Mahmûd’un İstanbul’da kurduğu Üç Kütüphane: Ayasofya, Fatih ve Galatasaray Kütüphaneleri, 国際シンポジウム「18世紀オスマン朝の蔵書家たち:情報の生産と伝播」, 国際会議, Koç Üniversitesi Anadolu Medeniyetleri Araştırma Merkezi, 口頭(一般), Koç Üniversitesi Anadolu Medeniyetleri Araştırma Merkezi, 2015年
  • オスマン朝の勅令起草過程で作成される文書類型について ―大宰相府と財務長官府の協働の観点から― , 2015年度東洋史研究会大会, 国内会議, 東洋史研究会, 口頭(一般), 京都大学文学部新館第三講義室, 2015年
  • マフムト1世によるAyasofya図書館の蔵書形成 −− 歴史書を中心として, 日本オリエント学会第57回大会, 国内会議, 日本オリエント学会, 口頭(一般), 北海道大学, 2015年
  • Turkish printed books with the Greek handwritten title in the Ayasofya Library, 共同研究「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存(第2期)」第4回研究会, 国際会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), JaCMES, Crown Plaza, 2015年
  • オスマン朝君主の呼称と称号---パーディシャー、カリフ、スルタン, 2015年度第1回「近世イスラーム国家と周辺世界」研究会, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), , 2015年
  • Ayasofya Kütüphanesi ve Koleksiyonu, LALENİN VE İSYANIN GÖLGELEDİĞİ YILLAR I.MAHMÛD DÖNEMİ.1730|1754, 国際会議, İstanbul Şehir Üniversitesi, Mimar Sinan Güzel Sanatlar Üniversitesi, Kültür Varlıklar ve Müzeler Genel Müdürlüğü, Ayasofya Müzesi Müdürlüğü, 口頭(一般), Mimar Sinan Güzel Sanatlar Üniversitesi Sedad Hakkı Eldem Oditoryumu, Fındıklı, İstanbul, 2014年
  • Ottoman Population Registers of late 18-19th Century Istanbul: as a source for the study of the Greek Orthodox (Rum) population, Human Mobiltiy and Multi-Ethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies, 国際会議, ILCAA, TUFS, 口頭(一般), JaCMES, Beirut, 2014年
【共同研究実施実績】
  • オスマン文書史料の基礎的研究, 国内共同研究, その他, 2017年-2020年
  • 近世イスラーム国家と周辺世界, 国内共同研究, 未設定, 2014年-2017年

last updated on 2017/4/21