研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 塩原 朝子
(SHIOHARA Asako)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
取得学位 博士(言語学)(東京大学)2006年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介 インドネシアで話されている言語を調査・研究しています。
主要研究業績 【論文】
【研究発表】
  • Constituent order in Sumbawa, 第三回オーストロネシアの言語の情報構造に関するワークショップ, 国際会議, , 口頭(一般), ILCAA, TUFS, 2016年
  • Constructing a Network for Documenting Minority Languages in Indonesia, International Conference on Language, Culture and Society, 国際会議, Lembaga Ilmu Pengetahuan Indonesia, 口頭(基調), Indonesian Institute of Sciences, 2015年
  • Voice in “eventive” coordinate clauses in Standard Indonesian, 国際ワークショップ:ボルネオの言語研究とマレー語研究の過去と現在, 国際会議, UMS, ILCAA TUFS, 口頭(一般), UMS UMS (Faculty of Humanities, Arts and Heritage Unibersiti Malaysia Sabah), 2015年
  • The spread of Bugis script in the Lesser Sunda Islands: Traditions in Sumbawa and Sapekan, ICAL13: 第13回国際オーストロネシア言語学会, 国際会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), Academia Sinica, Taipei, 2015年
  • Coding of "Active" Entities in Standard Indonesian, ISMIL19:第19回国際インドネシア語・マレー語学会, 国際会議, , 口頭(一般), Jambi, Indonesia, 2015年
  • Information structure of Sumbawa, Information structure and information status of Sumbawa, Indonesia, 国際会議, ILCAA, TUFS, 口頭(一般), ILCAA, TUFS, 2013年
  • A Challenge to the promote Basa Samawa, a “middle-size” minority language in Indonesia, the 8th European Association for Southeast Asian Studies, 国際会議, European Association for Southeast Asian Studies, 口頭(一般), School of Social and Political Sciences, Technical University of Lisbon, 2013年
  • Indication of plurality in Indonesian as observed in Indonesian school textbooks, 12th International Conference on Austronesian Linguistics, 国際会議, ICAL開催委員会, 口頭(一般), Udayana University, Bali, Indonesia, 2012年
  • Indication of plurality in Indonesian as observed in Indonesian school textbooks, 16th International symposium of Malay and Indonesian Languages, 国際会議, ISMIL開催委員会, 口頭(一般), Kelaniya, Sri Lanka, 2012年
  • インドネシア周辺の言語における知覚・感覚・感情表現, 日本言語学会144回大会, 国内会議, ICAL開催委員会, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2012年
  • Reduplication and indication of plurality in Indonesian, ISMIL 15 (The 15th International Symposium on Malay/ Indonesian Linguistics), 国際会議, State Islamic University of Malang/ The ISMIL Standing Committee, 口頭(一般), State Islamic University of Malang, 2011年
  • The semantic function of the suffix -kan with “three-place” bases, The Fourteenth International Symposium On Malay/Indonesian Linguistics (ISMIL 14), 国際会議, University of Minnesota, 口頭(一般), University of Minnesota, 2010年
  • Verb Types and Semantic Roles of Person Markers of Kui, Alor, Workshop on the Languages of Papua 2, 国際会議, Workshop on the Languages of Papua 2 organizing comittee, 口頭(一般), Universitas Negeri Papua, 2010年
  • Verb Types and Semantic Roles of Person Markers of Kui, Alor, The 3rd Seminar of Descriptive Studies of Indonesian Languages, 国際会議, 言語ダイナミクスプロジェクト「インドネシア諸語の研究会」, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年

last updated on 2017/4/21