研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 芝野 耕司
(SHIBANO Kohji)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
取得学位 修士(工学)(京都大学)1979年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介
受賞 日本データベース学会功労賞(2016年03月)
主要研究業績 【論文】
  • 1. Extracting Formulaic Sequences Containing Useful Expressions for Language Learning from Closed Caption TV Corpus, World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education, E-Learn 2016, 2016年
  • 日本語話し言葉コーパス(CSJ)の学会講演データにおけるソーシャルダイクシス分析, 2010世界日語教育大会論文集, 1362-0--1362-9, 2010年
  • Indonesian Shallow Stemmer for Text Reading Support System, Proceeding of The 2011 First IRAST International Conference on Data Engineering and Internet Technology, 1102--1107, 2010年
  • 教室授業との併用におけるeラーニングの効果的な利用―学習履歴の分析より―, 2010年日本語教育学会秋季大会予稿集, 1--6, 2010年
  • Developing a Digital Archive of the Works of Tatsue Sata, a Leading Creator of Japanese Modern Ballet, Journal for the Anthropological Study of Human Movement, 16巻1&2号, 2010年
  • 共通教養日本語均衡コーパス(CCCJ)の概念, 情報処理学会人文科学とコンピュータシンポジウム2009, 123--128, 2009年
  • 語学教育用e-Learning環境JPLANGのコンテンツとLMS開発, 日本e-Learning学会, 104--109, 2009年
  • 学習者の気づきを促すeラーニングの活用, 日本語教育学会秋季大会予稿集, 279--280, 2009年
  • Large Scale e-Language Laboratory Based on Web 2.0, Large-Scale Knowledge Resources. Construction and Application, Lecture Notes in Computer Science(Springer Berlin), 241--251, 2008年
  • e-Language Laboratory 2.0, 平成19年度情報教育研究集会(大阪大学・文部科学省), 83--86, 2007年
  • 言語教育用LMS JPLANG の概念と機能, UEC  e-Learning  国際フォーラム 「世界の大学におけるe-Learning の動向と課題」, 51--55, 2007年
  • e-日本語のためのe-Learning システムJPLANG, 平成18 年度情報教育研究集会論文集, 75--78, 2006年
  • 協調的ユビキタス多言語運用e-learning環境の研究, 科研費報告書 課題番号:14208014, 1--318, 2005年
【著書】
  • ISO/IEC TS 13249-7 Information technology — Database languages — SQL multimedia and application packages — Part 7: History, ISO/IEC Geneva, 単行本(学術書), 単著, 2013年
  • 標準講座 XQuery, 翔泳社, 単行本(一般書), 監修書, 2008年
  • In Proceedings of Computer Assisted Systems for Teaching and Learning Japanese (CASTEL-J) 2007, CASTEL-J. Hawaii, 単行本(学術書), 単著, 2007年
  • In Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications 2007, Chesapeake, VA: AACE, 単行本(学術書), 単著, 2007年
  • 文型パターン解析を用いた日本語e-learning コンテンツ管理システムの構築, 情報処理学会, 単行本(学術書), 共著, 2004年
  • データベース言語SQLマルチメディア及び適用業務パッケージ第6部, 日本規格協会, 単行本(学術書), 共著, 2004年
  • データベース言語SQLマルチメディア及び適用業務パッケージ第1部, 日本規格協会, 単行本(学術書), 共著, 2004年
  • JIS X 4051:2004,日本語文書の組版方法, 日本規格協会, 単行本(学術書), 共著, 2004年
  • JIS X 0213:2004,7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化文字集合(追補1), 日本規格協会, 単行本(学術書), 単著, 2004年
  • JIS X 3005-10:2003,データベース言語SQL第10部:オブジェクト言語結合(SQL/OLB), 日本規格協会, 単行本(学術書), 共訳, 2003年
  • 1999リレーショナル言語詳解, ピアソンエデュケーション, 単行本(学術書), 単訳, 2003年
  • JIS X 3005-1:2003,データベース言語SQL第1部:枠組(SQL/Framework)(追補1), 日本規格協会, 単行本(学術書), 共訳, 2003年
  • JIS X 3005-2:2003,データベース言語SQL第2部:基本機能(SQL/Foundation)(追補1), 日本規格協会, 単行本(学術書), 共訳, 2003年
  • JIS X 3005-9:2003,データベース言語SQL第9部:外部データ管理(SQL/MED), 日本規格協会, 単行本(学術書), 共訳, 2003年
  • 監訳:SQL:1999リレーショナル言語詳解 ジム・メルトン,アラン・サイモン (著), ピアソンエデュケーション, 単行本(学術書), 単訳, 2003年
  • 増補改訂JIS漢字字典, 日本規格協会, 事典・辞書, 単著, 2002年
【研究発表】
  • 3. Developing Intimacy by Style-shifting in Japanese: A TV Subtitle Corpus-based Study, AAAL 2017, 国際会議, AAAL, 口頭(一般), Portland. OR, 2017年
  • 2. Modification of word2vec by Formulaic Sequences and Extraction of Useful Expressions for Language Learning from Closed Caption TV Corpus, The IAFOR International Conference on Language Learning, 国際会議, IICLLHawaii 2017, 口頭(一般), Honolulu, USA, 2017年
  • 言語運用に基づく日本語教育, 第4回日本語・日本語教育学会, 国際会議, Associazione Italiana Didattica Lingua Giapponese (AIDLG) イタリア日本語教育協会, 口頭(基調), Naples, Italy, 2013年
  • Corpus-based verification of a comprehensive Japanese honorific model using social deixis, politeness, and speech act, AAAL (American Association for Applied Linguistics) 2012, 国際会議, AAAL, 口頭(一般), Boston, USA, 2012年
  • 日本語教科書コーパス,Google N-gram,そして日本語均衡コーパス, 13th international conference of the EAJS (European Association for Japanese Studies), 国際会議, EAJS, 口頭(一般), Tallinn, Estonia, 2011年
  • How to make claims persuasively --- corpus-based analysis of Japanese academic presentations, 12th International Pragmatics Conference, 国際会議, The International Pragmatics Association (IPrA), 口頭(一般), Machester, UK, 2011年
  • Usage-based analysis of situational functional Japanese honorifics based on large Japanese corpora, American Association for Applied Linguistics 2011 Conference in Chicago, Illinois, 国際会議, American Association for Applied Linguistics, 口頭(一般), Chicago, USA, 2011年
  • Capturing Requirements -toward an application of an e-learning system to Japanese language educations, EuroCall2010 , 国際会議, EuroCall, 口頭(一般), Bordeaux/University of Bordeaux, France, 2010年
  • eラーニングシステムJPLANGを採り入れた日本語コースの運営を考える―授業時間の不足を補い、日本語運用能力を伸ばすためのeラーニングの活用―, 第15回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム(, 国際会議, ヨーロッパ日本語教師会, 口頭(一般), ブカレスト,ルーマニア, 2010年
  • 日本語教育基盤としての教科書及び均衡コーパスの開発, 第15回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム, 国際会議, ヨーロッパ日本語教師会, 口頭(一般), ブカレスト,ルーマニア, 2010年
  • Indexed gender difference: the use of Japanese social deixis, The 18th International Conference on Pragmatics and Language Learning (PLL18), 国際会議, PLL, 口頭(一般), 神戸, 2010年
  • The Japan That Does Say No  -FTAs in Japanese Parliamentary Debate, The 18th International Conference on Pragmatics and Language Learning (PLL18), 国際会議, PLL, 口頭(一般), 神戸, 2010年
  • Disagreement Pattern in Japanese and Chinese ― A contrastive Discourse Politeness Approach, AAAL2010, 国際会議, AAAL, 口頭(一般), Atlanta, 2010年
  • JPLANGのLMSの評価と活用のための教師向けマニュアルの作成, ヨーロッパ日本語教師会シンポジウム, 国際会議, ヨーロッパ日本語教師会, 口頭(一般), Belrin, 2009年
  • Language Biased Memory Hypothesis in Intrasentential Code-Switching, 11th International Pragmatics Conference, 国際会議, International Pragmatics Association, 口頭(一般), Melbourune, Australia, 2009年
  • Japanese learner contacts with Japanese: Teaching speech style shifts for advanced learners, 11th International Pragmatics Conference, 国際会議, International Pragmatics Association, 口頭(一般), Melbourune, Australia, 2009年
  • How gender and topic relate to speech-style choice in Japanese conversation between friends, 11th International Pragmatics Conference, 国際会議, International Pragmatics Association, 口頭(一般), Melbourune, Australia, 2009年
  • 日本語教科書コーパスの構築, 2009日本語教育国際研究大会, 国際会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), Sydney, 2009年
  • 議論における意見の展開パターンー日本人女子大学生の友人同士の会話データをもとにー, 2009日本語教育国際研究大会, 国際会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), Sydney, 2009年
  • Evaluating CEFR Vocabulary against BNC and Google Web 1T, AAAL (American Association for Applied Linguistics) 2009, 国際会議, AAAL, 口頭(一般), Denver Marriott Tech Center, USA, 2009年
  • A New Language e-Learning System Based on CEFR and Web 2.0, EuroCall 2008, 国際会議, EuroCall, 口頭(一般), Székesfehérvár, Kodolányi János University College, 2008年
  • Developing a Digital Archive of the Works of Ms. Tastue Sata, a Leading Japanese Modern Ballet Creator, Body, Movement and Dance in Global Perspective An International Conference, 国際会議, Hong Kong Baptist University, 口頭(一般), Hong Kong, 2008年
  • INFLUENCES OF FAMILY CONVERSATION PATTERNS ON LANGUAGE COMPETENCE OF THE MINORITY-LANGUAGE-SPEAKING CHILDREN, AAAL (American Association for Applied Linguistics) 2008, 国際会議, AAAL, 口頭(一般), Washington D.C., USA, 2008年
  • Web 2.0 Based e-Learning System for CEFR, ECML (European Center for Modern Languages) 2007, 国際会議, Council of Europe, 口頭(一般), Graz, Austria, 2007年
  • e-日本語―インターネットで拡げる日本語の世界, e-Learning World 2006, 国内会議,  , 口頭(一般), 東京ビックサイト, 2006年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(A) 大規模会話コーパスに基づくラーニングマイニングの深化とテーラーメイド日本語教育(2014年度)
  • 科学研究費 基盤研究(A) Ajaxログのラーニングマイニングによる評価とWeb会話ラボの研究開発(2010年度-2012年度)
  • 科学研究費 基盤研究(A) AJAXを用いた直接操作・多言語・語学教育e-Learning OSSの開発(2007年度-2009年度)

last updated on 2017/4/21