研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 澤田 英夫
(SAWADA Hideo)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
取得学位 修士(文学)(京都大学)1988年
専門分野(科研費分類) 言語学
研究キーワード カチン州のビルマ系少数民族言語の記述、東南アジア大陸部のインド系文字
Description of Burmish minority languages in Kachin State, Study of the structure of Southeast Indian Indic scripts
自己紹介
最終学歴 1986年03月 京都大学文学部文学科言語学専攻卒業
1988年03月 京都大学文学研究科言語学専攻修了
1993年03月 京都大学文学研究科単位取得満期退学
主要研究業績 【論文】
  • ロンウォー語の複動詞構造, 東南アジア大陸部諸言語の動詞連続, 162--207, 2017年
  • ロンウォー語の文構造の概観, チベット=ビルマ系言語の文法現象2:述語と発話行為のタイプからみた文の下位分類, 1--40, 2013年
  • 付表:本論集に所収のチベット=ビルマ系言語の文に関するプロファイル, チベット=ビルマ系言語の文法現象2:述語と発話行為のタイプからみた文の下位分類, 477--481, 2013年
  • ロンウォー語の動詞句, 東南アジア大陸部諸言語の動詞句, 294--362, 2013年
  • 寺村(1982)の「コトの類型」についての覚えがき, 東南アジア大陸部諸言語の動詞句, 3--6, 2013年
  • "Optional Marking of NPs with Core Case Functions P and A in Lhaovo", Linguistics of the Tibeto-Burman Area, 35巻1号, 15--34, 2012年
  • ロンウォー語の名詞句の組成, フィールド調査、言語コーパス、言語情報学III(コーパスに基づく言語学教育研究報告7), 259--283, 2011年
  • カチン州のタイ系起源地名覚え書き, Dynamics of Eurasian Languages-II: Studies on Languages in Multilingul Areas, (Contribution to the Studies of Eurasian Languages (CSEL) series, vol.17), 127--152, 2011年
  • "‘Upward-Curling’ Realization of Tone L in Lhaovo (Maru) Language", Forty Years of Sino-Tibetan Language Studies: Proceedings of ICSTLL-40, 168--175, 2010年
  • 本論集で取り上げるチベット=ビルマ系言語の格標示の概観, チベット=ビルマ系言語の文法現象1:格とその周辺, 1--13, 2010年
  • 付表:各言語の意味・文法機能-格形式対応表, チベット=ビルマ系言語の文法現象1:格とその周辺, 311--315, 2010年
  • ロンウォー語の格標示形式の体系, チベット=ビルマ系言語の文法現象1:格とその周辺, 175--222, 2010年
  • 20世紀初頭のロンウォー語資料, Dynamics in Eurasian Languages (Contribution to the Studies of Eurasian Languages series vol.14), 177--245, 2008年
  • ロンウォー語テキスト(2), 平成17–19 年度科学研究費補助金( 基盤研究 (A) )「南アジア・東南アジア地域少数民族言語の語彙・文法調査」研究成果報告書, 45--86, 2008年
  • ロンウォー語テキスト6 編, Research on Minority Languages of South and South-East Asia, Working Papers II, 32--61, 2007年
  • ビルマ語地名照合の技法, ビルマ地誌フォーラム—企画・調査・試験的公開—』(平成15-17 年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書), 103--233, 2006年
  • ロンウォー語における動詞の文法化にかかわる現象, 『アジア・アフリカの言語と言語学』, 1巻, 1--24, 2006年
  • ロンウォー語の格標識の概観, Research on Minority Languages of South and South-East Asia, Working Papers, 35--65, 2006年
  • ロンウォー語の名詞句構造, 東南アジア諸言語研究会編『東南アジア大陸部諸言語の名詞句構造』, 慶應義塾大学言語文化研究所, 197--220, 2006年
  • ロンウォー語正書法, 『表記の習慣のない言語の表記』, 81--88, 2006年
  • 現代ビルマ文字の体系と綴字転写, 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)『東南アジア研究のための多言語文書処理システムの開発』( 研究代表者:高島淳)研究成果報告書, 43--67, 2005年
  • "A Tentative Etymological Word-list of Lhaovo (Maru) Language", Approaches to Eurasian Linguistic Areas (Contribution to the Studies of Eurasian Languages (CSEL) series), 7巻, 61--122, 2005年
  • "Tonal Notation of Indic scripts in Mainland Southeast Asia", Working Papers of International Symposium on Indic Scripts, Past and Future , 318--349, 2003年
  • 南アジア諸言語調査のための文法調査票, 科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))「南アジア諸言語に関する基礎語彙・文法調査」研究成果報告書, 101--188, 2003年
  • ロンウォー語の直示的移動動詞の意味的対立, 『東南アジア大陸部諸言語の「行く・来る」』, 337--364, 2003年
  • "Some properties of Indic scripts of mainland Southeast Asia — Exemplification by Burmese and Thai scripts—", The Indo-European Conference on Multilingual Technologies (IEMCT), 151--160, 2002年
【著書】
  • 『チベット=ビルマ系言語の文法現象2:述語と発話行為のタイプからみた文の下位分類』, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 編著, 2013年
  • 『ビルマ語の言語と文化に関する講読資料』, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 教科書, 共編著, 2012年
  • 『文語ビルマ語文法[改訂版]』, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 教科書, 編著, 2012年
  • 『チベット=ビルマ系言語の文法現象1:格とその周辺』, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 編著, 2010年
  • 『東南アジアのインド古典語碑文選—チャム文字・モン=ビルマ文字編』II. モン=ビルマ文字, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • 『図説 アジア文字入門』, 河出書房新書, 単行本(一般書), 共著, 2005年
  • 『文語ビルマ語文法』, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 教科書, 単著, 2004年
【総説・解説記事】
  • ビルマ文字, 田村克己、松田正彦編『ミャンマーを知るための60章』, 明石書店, 総説・解説(その他), 単著, 2013年
  • インド系文字、東南アジアへ, 町田和彦編『世界の文字を楽しむ小事典』, 大修館書店, 総説・解説(その他), 単著, 2011年
  • 2.旅に出たインド系文字, Field+, 東京外国語大学出版会, 総説・解説(その他), 共著, 2011年
  • 3.インド系文字の現地化と祖先の記憶, Field+, 東京外国語大学出版会, 総説・解説(その他), 単著, 2011年
  • 文字, 池端雪浦、桃木至朗編『新版東南アジアを知る事典』, 平凡社, 総説・解説(その他), 単著, 2008年
  • 文字の宝庫としてのアジア, 月刊『言語』 特集「デーヴァナーガリー文字入門」 , 大修館書店, 総説・解説(商業誌), 共著, 2005年
  • インド系文字の活力, 月刊『言語』 特集「デーヴァナーガリー文字入門」 , 大修館書店, 総説・解説(商業誌), 共著, 2005年
【研究発表】
  • ビルマ語群北部下位語群ギャンノッ土語についての予備的報告, 2016年度ユーラシア言語研究コンソーシアム年次総会, 国内会議, ユーラシア言語研究コンソーシアム, 口頭(一般), 京都大学文学研究科附属ユーラシア文化研究センター, 2017年
  • ロンウォー語の直示的移動動詞, 慶應義塾大学言語文化研究所公開シンポジウム「移動動詞表現の対照― 東南アジア諸言語の「行く・来る」を中心に―」, 国内会議, 慶応義塾大学言語文化研究所, 口頭(一般), 慶應義塾大学, 2017年
  • Problems on the Digitization of Inscription Texts, ミャンマー連邦共和国の文化遺産保護のための取組みと課題, 国内会議, 共催:京都大学、京都大学図書館、National Library of Myanmar, 口頭(一般), 京都大学東京オフィス, 2017年
  • Multi-verb Constructions of Standard Lhaovo, 第49回国際シナ=チベット言語学会議, 国際会議, 曁南大学, 口頭(一般), 曁南大学(中華人民共和国広州市), 2016年
  • 碑文資料の電子化(Digitization of Inscription Materials), 文化庁平成28年度文化遺産国際協力拠点交流事業 Mini Symposium on Myanmar "Palm Leaf Documents, an urgent necessity for digitization", 国内会議, 京都大学, 口頭(一般), 京都大学付属図書館, 2016年
  • ロンウォー語複動詞構造の構成素性テスト, 2015年度ユーラシア言語研究コンソーシアム年次総会, 国内会議, ユーラシア言語研究コンソーシアム, 口頭(一般), 京都大学ユーラシア文化研究センター, 2016年
  • Photography in language documentation, Documentary Linguistics Workshop 2016, 国内会議, Linguistics Dynamics Science Project 2, ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 2016年
  • A preliminary report of Lhangsu patois of Lhaovo in central Kachin State, 第48回国際シナ=チベット言語学会議, 国際会議, University of California, Santa Barbara, 口頭(一般), University of California, Santa Barbara, California, USA, 2015年
  • On the simplex-causative verb pairs in Lhaovo, 第25回東南アジア言語学会, 国際会議, Payap University, 口頭(一般), Payap University, Chiang Mai, Thailand, 2015年
  • ビルマ語群の非使役-使役動詞対, 2014年度ユーラシア言語研究コンソーシアム年次総会, 国内会議, ユーラシア言語研究コンソーシアム, 口頭(一般), 京都大学ユーラシア文化研究センター, 2015年
  • ロンウォー語の非使役-使役動詞対, 2014年度第3回TB+OC研究集会, 国内会議, TB+OC研究会, 口頭(一般), 立教大学, 2015年
  • Photography in language documentation, Documentary Linguistics Workshop 2015, 国内会議, Linguistics Dynamics Science Project 2, ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 2015年
  • Phenomena Related to Grammaticalization of Verbs in Lhaovo, 20th Himalayan Languages Symposium, 国際会議, School of Humanities and Social Sciences, Nanyang Technological University, 口頭(一般), Nanyang Technological University, Singapore, 2014年
  • The Semantics of Deictic Movement Verbs in Lhaovo, 24th meeting of Southeast Asian Linguistic Society, 国際会議, University of Yangon/SOAS, University of London, 口頭(一般), University of Yangon, Myanmar, 2014年
  • Adapting an Existing Script to Strange Languages: Cases of Indic Scripts in Mainland Southeast Asia, International Workshop on Endangered Scripts of Island Southeast Asia, 国際会議, Linguistics Dynamics Science Project 2, ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 2014年
  • Photography in language documentation, Documentary Linguistics Workshop 2014, 国内会議, Linguistics Dynamics Science Project 2, ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 2014年
  • Burmese Script—System and Diachronic Background—, Seminar in School of Humanities and Social Sciences, 国際会議, School of Humanities and Social Sciences, Nanyang Technological University, 口頭(一般), Nanyang Technological University, Singapore, 2013年
  • Non-canonical Rhyme Notations found in Burmese Inscriptions of Bagan Period, 46th International Conference of Sino-Tibetan Languages and Linguistics, 国際会議, Dartmouth College, 口頭(一般), Dartmouth College, Hanover, New Hampshire, USA, 2013年
  • Some Properties of Burmese Script, 23rd Annual Meeting of the Southeast Asian Linguistics Society, 国際会議, Chulalongkorn University, 口頭(一般), Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand, 2013年
  • ビルマ文字概観—インド系文字の視点から—, ビルマ研究会2013年度研究大会, 国内会議, ビルマ研究会, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2013年
  • Photography in Language Documentation, Documentary Linguistics Workshop 2013, 国内会議, Linguistics Dynamics Science Project (LingDy), ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 2013年
  • On the composition of Noun Phrases in Lhaovo, 45th International Conference of Sino-Tibetan Languages and Linguistics, 国際会議, Nanyang Technological University, 口頭(一般), Nanyang Technological University, Singapore, 2012年
  • Diachronic Consideration of Burmese“saÑ'”, 45th International Conference of Sino-Tibetan Languages and Linguistics, 国際会議, Nanyang Technological University, 口頭(一般), Nanyang Technological University, Singapore, 2012年
  • Phonogramics of the Marker {-su} in Early Burmese Inscriptions: from the Viewpoint of Indic Scripts, 44th International Conference of Sino-Tibetan Languages and Linguistics, 国際会議, Central Institute of Indic Languages, 口頭(一般), Central Institute of Indic Languages, Mysore, Karnataka State, India, 2011年
  • Issues on the Creation of Literacy in Languages of Kachin State, Workshop on Linguistic Documentation, the 17th Himalayan Languages Symposium, 国際会議, Kobe City University of Foreign Studies & Linguistic Dynamics Science Project (LingDy), ILCAA, TUFS, 口頭(一般), UNITY (Inter-university researh facility), Kobe, Japan, 2011年
  • Photography, Documentary Linguistics Workshop 2011, 国内会議, Linguistics Dynamics Science Project (LingDy), ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 2011年
  • Case-marking of P and A in Lhaovo, Workshop on Optional Case Marking, 16th Himalayan Languages Symposium, 国際会議, SOAS, University of London, 口頭(一般), SOAS, University of London, 2010年
  • Grammatically Conditioned Vowel Alternation of Lacid (Lashi) in Kachin State, 41th International Conference of Sino-Tibetan Languages and Linguisitics, 国際会議, SOAS, University of London, 口頭(一般), SOAS, University of London, 2008年
  • `Upward-Curling' Realization of Tone L in Lhaovo (Maru) Language, 40th International Conference of Sino-Tibetan Languages, 国際会議, Heilongjiang University, 口頭(一般), Heilongjiang University, Harbin, China, 2007年
  • ʔă-prefixation on Verbs and Auxiliaries in Lhaovo (Maru) Language: Non-derivational Use, 39th International Conference of Sino-Tibetan Languages and Linguisitics, 国際会議, Washington University, 口頭(一般), Washington University, Seattle, USA, 2006年
  • 東南アジアのインド系文字, 中東・イスラーム研究教育プロジェクト:インドネシア文献学セミナー, 国際会議, 東京外国語大学中東・イスラーム研究教育プロジェクト, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2006年
  • Lhaovo (Maru) Tonal Alternations as Grammatical Markers, 38th International Conference of Sino-Tibetan Languages and Linguisitics, 国際会議, Xiamen University, 口頭(一般), Xiamen University, China, 2005年
  • ビルマ(ミャンマー)の言葉-多様な言語と文字-, 東南アジアの言葉と人々, 国内会議, 府中市・東京外国語大学連携講座, 口頭(一般), スクエア21・女性センター, 2004年
  • バガン期ビルマ文字の「組成」, 京都大学言語学懇話会第64回例会, 国内会議, 京都大学言語学研究室, 口頭(一般), 京大会館, 2004年
【現地の調査・研究】
  • カチン州のビルマ系危機言語の調査, ミャンマー連邦ヤンゴン市、ミッチーナー市, ロンウォー言語文化協会、ラチッ言語文化協会、ヤンゴン市内の書店ほか, 2016年-2017年
  • カチン州のビルマ系危機言語の調査, ミャンマー連邦ヤンゴン市、ミッチーナー市, ロンウォー言語文化協会、カチン=バプティスト=コンベンション, 2015年-2016年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(B) 碑文コーパスによるビルマ語および周辺少数民族言語の通時的研究(2010年度-2013年度)

last updated on 2017/4/19