研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 佐野 洋
(SANO Hiroshi)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/教授
E-mail sano@tufs.ac.jp
HP http://sano.tufs.ac.jp
取得学位 修士(工学).(豊橋技術科学大学)1985年
専門分野(科研費分類) 計算言語学
教育工学
外国語教育
研究キーワード 自然言語処理,語学教育,語学教育の情報化
Computational Linguistics, e-Learning
自己紹介 総合電機メーカーを退社後,1996年に東京外国語大学外国語学部に専任講師として赴任しました。メーカー在職中は,(財団法人)新世代コンピューター技術開発機構(ICOT)に出向し,この研究機関で,自然言語情報処理に関する研究を担当しました。具体的には,日本語形態素解析・構文解析規則と電子辞書の開発を行いました。本学に赴任してからは,本学の情報基盤の整備も担当し,現在は,総合情報コラボレーションセンターの仕事もしています。学部生向け講義では,情報科学基礎(専修基礎),自然言語処理概論(専修専門),情報リテラシー講義(必修科目)と卒論ゼミを指導しています。大学院生向け講義では,計算言語研究論(言語学研究IV)を行っています。
最終学歴 1983年03月 豊橋技術科学大学工学部情報工学科卒業
1985年03月 豊橋技術科学大学情報工学研究科情報工学専攻修了
最近5年間の研究 e-Japanologyの構築に向けた基礎的研究
所属学会 (社)情報処理学会
自然言語処理学会
日本語教育学会
英語コーパス学会
主要研究業績 【論文】
  • 日本語教育事情調査データのDB化とサイト公開, 『日本語・日本学研究』, 2016年
  • e-Japanologyの構築に向けた基礎的研究, 科学研究費補助金 研究成果報告書, 2015年
  • オープンソースCMS/NetCommonsとその活用, 東京外国語大学 総合情報コラボレーションセンター年報, 2015年
  • Cross-Linguistic Error Types of Misused Chinese Based on Learners' Corpora, Computational Linguistics and Chinese Language Processing, 20巻1号, 2015年
  • 存在と関係、目的と目論み, AAMTジャーナル, 59巻, 2015年
  • The NICT JLE Corpus in Well-Formed XML Format: From Analyses of Surface Forms to Functions in Longer Streches of Discourse, LEXICON, 44巻, 1--23, 2014年
  • Increasing the Effectiveness of Japanese as a Foreign Language Writing Instruction - Management of Text, Error, and Feedback Data, International Conference on INTERNET STUDIES, 2012年
  • SNS development for educational support in e-alumni project, 学術情報処理研究, 2010年
  • A proposal for a framework for an e-alumni program using SNS, Human-Computer Interaction, 209--216, 2009年
  • 東京外国語大学『文法項目別BNC用例集』, 小学館SCN(http://scn02.corpora.jp/~n-cube/n-cube.html), --1320, 2006年
  • "Using the BNC to create and develop educational materials and a website for learners of English", ICAME Journal (The International Computer Archive of Modern and Medieval English http://icame.uib.no/journal.html), 99--114, 2005年
  • 「全電子化検定済み教科書データの解析と大規模日本語コーパスの構築」, 平成16年度科学研究費補助基盤研究(B),課題番号14380174, --238, 2005年
  • 日本語調査用ツールCLTOOL, 東京外国語大学 語学研究所論集, 8号, 67--77, 2003年
【著書】
  • 英作文なんかこわくないIII 連用修飾編, 東京外国語大学出版会, 単行本(一般書), 共著, 2015年
  • 英作文なんかこわくないII 連体修飾編, 東京外国語大学出版会, 単行本(学術書), 共著, 2014年
  • 韓国・朝鮮の知を読む, 株式会社クオン, 単行本(学術書), 分担執筆, 2014年
  • 英作文なんかこわくない, 東京外国語大学出版会, 単行本(学術書), 共著, 2011年
【研究発表】
  • 事態把握の違いを利用した語学教材の提案(3), 教育とコンピュータ研究会, 国内会議, 情報処理学会, 口頭(一般), 長崎県立大学シーボルト校, 2016年
  • 事態把握の違いを用いた語学学習法(3), 思考と言語研究会, 国内会議, 電子通信学会, 口頭(一般), , 2016年
  • よく考えてみると、日本語が、英語が見えてくる~認知言語学を活用した英文ライティング~, TC協会シンポジウム, 国内会議, 日本テクニカルコミュニケーター協会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 京都リサーチパーク, 2016年
  • 前置詞句の表現分布 -モノの存在形状からみたin, on, atの運用実態-, 英語コーパス学会第41回大会, 国内会議, 英語コーパス学会, 口頭(一般), 成城大学, 2016年
  • 多言語動詞連語の学習サイト, 教育とコンピュータ研究会, 国内会議, 情報処理学会, 口頭(一般), , 2016年
  • よく考えてみると、日本語が、英語が見えてくる~認知言語学を活用した英文ライティング~, TC協会シンポジウム, 国内会議, 日本テクニカルコミュニケーター協会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 工学院大学, 2016年
  • 事態把握の違いを用いた語学学習法(2), 思考と言語研究会, 国内会議, 電子通信学会, 口頭(一般), 早稲田大学, 2016年
  • 事態把握の違いを利用した語学教材の提案(2), 第135回CE研究発表会, 国内会議, 情報処理学会, 口頭(一般), 信州大学, 2016年
  • 事態把握の違いを用いた語学学習法, 思考と言語研究会, 国内会議, 電子通信学会, 口頭(一般), 明治大学(駿河台), 2016年
  • 事態把握の違いを利用した語学教材の提案, 第17回CLE・第132回CE合同研究発表会, 国内会議, 情報処理学会, 口頭(一般), 福井市地域交流プラザ AOSSA, 2015年
  • 事柄の表現方法の違い (目論みと目的視点でみた日本語と英語の対照), TC協会シンポジウム, 国内会議, テクニカルコミュニケーター協会, 口頭(一般), 工学院大学, 2015年
  • Comparative Analysis of English,Chinese and Japanese Based on Learners' Corpora, The 10th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics (TEAL-10), 国際会議, Tokyo University of Foreign Studies, 口頭(一般), Tokyo University of Foreign Studies, 2015年
  • コーパス関連専門科目の授業内容について, 平成27年度 英語コーパス学会春季シンポジウム, 国際会議, 英語コーパス学会, 口頭(一般), 関西大学, 2015年
  • 日本人のための日本語マニュアル, 第6回産業日本語研究会・シンポジウム, 国内会議, 産業日本語研究会, 口頭(一般), 東京大学, 2015年
  • Design of Web Search System for NTNU/TUFS Learners' Error Corpora, The Second International Workshop on Advanced Learning Science (IWALS 2014), 国際会議, National Taiwan Normal University, 口頭(一般), National Taiwan Normal University, 2014年
  • Error Types of Japanese Learners Corpus of English and NTNU/YUFS Online Dictionary of Misused English, 国際シンポジウム「外国語教育とコンピュータ科学:第二言語習得・eラーニング・学習者コーパス」, 国際会議, 東京外国語大学, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2014年
  • Error Types of Japanese Learners Corpus of Mandarin Chinese and NTNU/YUFS Online Dictionary of Misused Chinese, 国際シンポジウム「外国語教育とコンピュータ科学:第二言語習得・eラーニング・学習者コーパス」, 国際会議, 東京外国語大学, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2014年
  • The NICT JLE (Japanese Learner English) Corpus のXML整形式化とそれを使った習得段階別の語用論的言語特徴の分析, 英語コーパス学会38回全国大会, 国内会議, 英語コーパス学会, 口頭(一般), 東北大学, 2013年
  • 東京外国語大学オンライン上級英語学習者誤用コーパスにみられる前置詞誤用, JACET CONVENTION 2013 , 国内会議, JACET, 口頭(一般), 京都大学, 2013年
  • オンライン英語・中国語対訳日本語複合動詞辞典構築への展望, 「母語をふまえた外国語教育 日本語・英語・中国語の対照研究とe-Learning教材開発」国際ワークショップ, 国際会議, 東京外国語大学 国際日本研究センター 国際日本語教育部門, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2013年
  • オンライン"日本語・英語・中国語対訳好ましい表現"辞典の構築, 「母語をふまえた外国語教育 日本語・英語・中国語の対照研究とe-Learning教材開発」国際ワークショップ, 国際会議, 東京外国語大学 国際日本研究センター 国際日本語教育部門, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2013年
  • 日英双方向誤用コーパスからみる英語教育・日本語教育, 理解・産出における母語の影響への取り組み・国際シンポジウム, 国内会議, 東京外国語大学 国際日本研究センター 国際日本語教育部門, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2013年
  • 日本語・英語学習者コーパスにもとづく誤用辞典開発と学習者の誤用類型, 日本語教育研究・情報センター 特別セミナー, 国内会議, 国立国語研究所, 口頭(一般), 国立国語研究所, 2013年
  • 日本語枠組みから作文、英作文を学ぶ, 外国語と日本語との対照言語学的研究 第9回研究会, 国内会議, 東京外国語大学 国際日本研究センター 対照日本語部門, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2013年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(C) e-Japanologyの構築に向けた基礎的研究(2012年度-2014年度)
  • 科学研究費 基盤研究(B) コーパスをもとにした語学教育e-Learningコンテンツの開発環境の研究(2007年度-2009年度)

last updated on 2017/2/1