研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 大谷 直輝
(OTANI Naoki)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/講師
E-mail otani@tufs.ac.jp
HP https://sites.google.com/site/naokiotani1979/
取得学位 修士(人間・環境学)(京都大学)2006年
博士(人間・環境学)(京都大学)2012年
専門分野(科研費分類) 英語学
言語学
研究キーワード 英語学(認知言語学、意味論・構文論、コーパス言語学)
自己紹介
最終学歴 2004年03月 東京外国語大学外国語学部欧米第一課程(英語)卒業
2006年03月 京都大学人間・環境学研究科共生人間学専攻修士課程修了
2009年03月 京都大学人間・環境学研究科共生人間学専攻博士後期課程単位取得満期退学
主要研究業績 【論文】
  • コーパスと認知言語学, 『コーパスと多様な関連領域』(英語コーパス研究シリーズ), 7巻, 51--76, 2017年
  • 実用的な文法について考える:語の反義性に注目して, 英語教育, 65巻9号, 26--28, 2016年
  • コーパスからの認知言語学へのアプローチ, 英語コーパス研究, 23巻, 61--78, 2016年
  • 類義的な動詞不変化詞構文における不変化詞の指向性, 認知言語学研究, 1巻, 202--222, 2015年
  • 前置詞の補語句として用いられる前置詞句の名詞的用法について, JELS, 32号, 98--104, 2015年
  • The Grammatical Function of Under as a Head of Protasis: From Spatial Senses to Grammatical Functions, English Linguistics, 30巻1号, 169--190, 2013年
  • 語彙の多義性を再考する: 前置詞の意味と機能の連続性を中心に, 日本認知言語学会論文集, 13巻, 108--120, 2013年
  • 前置詞の文法的振舞いと身体的な基盤: 境界性と接触性に注目して, 日本認知言語学会論文集, 13巻, 649--654, 2013年
  • 不変化詞の完了用法の参与者指向性について, 言語の創発と身体性:山梨正明教授退官記念論文集, 479--492, 2013年
  • “John walked over/under the bridge”に関する一考察 ―文法の身体的な基盤と百科事典的意味―, 言語研究, 141巻, 47--58, 2012年
  • 言語理論を生かしたCALLのコンテンツ開発, 最新言語理論を英語教育に活用する, 424--439, 2012年
  • 日本語の人称詞の指示対象の拡張に関するコーパス分析, 関西言語学会プロシーディングス, 30巻, 96--107, 2011年
  • 条件節を導くunderについて: 文法化と身体性の観点から, 日本認知言語学会論文集, 11巻, 592--595, 2011年
  • コーパス分析の研究例3:BNCを利用した分析, 認知言語学研究の方法:内省・コーパス・実験, 197--211, 2011年
  • 前置詞, ことばの意味と使用:日英語のダイナミズム, 104--114, 2010年
  • Behavioral Profiles: A Corpus-based Perspective on Synonymy and Antonymy, ICAME Journal, 34号, 121--150, 2010年
  • The Discourse Function of the Aside Constructions: From a Cognitive and Discourse-functional Perspective, Meaning, Form, and Body, 223--243, 2010年
  • 不変化詞の主観的意味について:有界性と価値付与の観点から, 認知言語学論考, 8号, 191--226, 2009年
  • 認知主体の視点と価値付与の反転:英語不変化詞up-down、in-out、on-offを例にして, 日本認知言語学会論文集, 9号, 121--131, 2009年
  • 依存構造に現れる不変化詞asideの構文的意味について, JELS, 26号, 229--238, 2009年
  • A Note on the Verb Brush: A Frame-based Analysis of Verb-Particle Constructions, 言葉と認知のメカニズム:山梨正明教授還暦記念論文集, 343--352, 2008年
  • 言語表現の非対称性とその認知的基盤, 関西言語学会プロシーディングス, 28号, 380--384, 2008年
  • A Cognitive Study of Antonymy: On the Stable Sense of the Particle Down in English, English Linguistics , 24巻2号, 445--457, 2007年
  • On THEME/LACE Alternation in Verb-Particle Constructions for Cleaning: From Cognitive and Corpus-Based Perspectives, Proceedings of the 3rd Seoul International Conference on Discourse and Cognitive linguistics, 336--347, 2007年
  • 言語に現れる非対称性: upとdownを例にして, 関西言語学会プロシーディングス, 27号, 173--183, 2007年
  • V + up with構文の多義性に関する一考察, JELS, 24号, 191--200, 2007年
  • The Conceptual Basis of the Particle Up and Down in English: Asymmetries in the Vertical Axis, 言語科学論集, 12号, 95--115, 2006年
  • Semantic Accommodation Revisited -In the Case of English Phrasal Verbs-, 日本認知言語学会論文集, 6号, 95--105, 2006年
  • 名詞との共起関係に基づく構文の定義, 日本認知言語学会論文集, 6号, 160--170, 2006年
  • upの多義性に関する一考察―意味調整と主体化の観点から-, 関西言語学会プロシーディングス, 26号, 133--143, 2006年
  • 言語の主体化に関する一考察-句動詞come upを中心に-, 日本認知言語学会論文集, 5号, 430--440, 2005年
【著書】
  • スーパー・アンカー英和辞典, 学研プラス, 事典・辞書, 分担執筆, 2015年
  • A Cognitive Analysis of the Grammaticalized Functions of English Prepositions: From Spatial Senses to Grammatical and Discourse Functions, 開拓社, 単行本(学術書), 単著, 2013年
  • 認知文法論序説, 開拓社, 単行本(学術書), 共訳, 2012年
  • 道を歩けば前置詞がわかる, くろしお出版, 単行本(学術書), 共著, 2007年
【研究発表】
  • A usage-based approach to the spray/load alternation, The 9th International Conference on Construction Grammar, 国際会議, , 口頭(一般), the Federal University of Juiz de Fora, Brazil, 2016年
  • Prepositional Phrases used as Complements of Prepositions: A Functional and Cognitive Account, the 4th conference of the International Society for the Linguistics of English, 国際会議, the International Society for the Linguistics of English, 口頭(一般), Adam Mickiewicz University, Poland, 2016年
  • A cognitive analysis of the use of prepositions and adverbial particles in English, The 46th Poznań Linguistic Meeting, 国際会議, Poznań Linguistic Meeting, 口頭(一般), Adam Mickiewicz University, Poland, 2016年
  • 前置詞か副詞辞かを動機づける認知的な要因について, 日本認知言語学会(第17回), 国内会議, 日本認知言語学会, 口頭(一般), 明治大学, 2016年
  • 英語の不変化詞の直示的機能について, 英語語法文法学会(第23回), 国内会議, 英語語法文法学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 龍谷大学, 2015年
  • コーパスを用いた構文の分析, 英語コーパス学会(第41回), 国内会議, 英語コーパス学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 愛知大学, 2015年
  • Asymmetrical characteristics of up and down within synonymous verb-particle constructions in English, 5th UK Cognitive Linguistics Conference, 国際会議, UK Cognitive Linguistics Association, 口頭(一般), Lancaster University, United Kingdom, 2014年
  • The Control Senses Revisited: The Case of the Prepositions Over and Under, 5th UK Cognitive Linguistics Conference, 国際会議, UK Cognitive Linguistics Association, 口頭(一般), Lancaster University, United Kingdom, 2014年
  • The discourse functions of dependent clauses and phrases: A usage-based analysis of synonymous constructions, CSDL/ESLP 2010, 国際会議, CSDL, ポスター(一般), University of California at San Diego, United States, 2010年
  • A Cognitive Study of the Aspectual Function of the Particles Up and Down, ELSJ International Spring Forum 3, 国際会議, English Linguistic Society in Japan, 口頭(一般), Aoyama Gakuin University, Tokyo, 2010年
  • Behavioral profiles: a corpus-based perspective on synonymy and antonymy, ICAME 30, 国際会議, ICAME, 口頭(一般), University of Lancaster, UK, 2009年
  • The discourse-organizing function of the particle aside in dependent structures, 9th Conference on Conceptual Structure, Discourse and Language, 国際会議, CSDL, 口頭(一般), Case Western Reserve University, United States, 2008年
  • Embodied Scales and Asymmetrical Distributions of Antonymy: The Stable Sense of the Particle Down and its Cognitive Basis, International Seminar on Embodied Cognition for Young Researcher, 国際会議, Kyoto University Global COE program, 口頭(一般), Kyoto University, Kyoto, 2008年
  • The Transitivity Hypothesis and Object Case-marking in Japanese: On the Transitivity of oyogu (Swim) in Japanese, Workshop on East Asian Linguistics, 国際会議, UCSB Linguistics, 口頭(一般), University of California at Santa Barbara, United States, 2008年
  • On THEME / PLACE Alternation in Verb-Particle Constructions for Cleaning: From Cognitive and Corpus-Based Perspectives, The 3rd Seoul International Conference on Discourse and Cognitive Linguistics, 国際会議, The Discourse and Cognitive Linguistics Society of Korea, 口頭(一般), Seoul, Korea, 2007年
  • A Corpus-Based Approach to the Come Out Construction, The Fourth International Conference on Construction Grammar, 国際会議, ICCG, ポスター(一般), Tokyo University, Japan, 2006年
  • Toward a Description of Grammatical Phenomena in Japanese –Based on a Cluster Analysis, International Cognitive Linguistics Conference, 国際会議, International Cognitive Linguistics Association, ポスター(一般), Seoul, Korea, 2005年
  • Cognitive and Quantitative Approaches to English Phrasal Verbs -Asymmetrical Characteristics in Composite Structure, International Cognitive Linguistics Conference, 国際会議, International Cognitive Linguistics Association, ポスター(一般), Seoul, Korea, 2005年
  • upの多義性に関する一考察 -意味調整と主体化の観点から-, 関西言語学会(KLS30), 国内会議, 関西言語学会, 口頭(一般), 関西大学, 2005年
  • 主体化に関する一考察-句動詞come upを中心に-, 日本認知言語学会(第5回), 国内会議, 日本認知言語学会, 口頭(一般), 関西大学, 2004年

last updated on 2017/12/5