研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 太田 信宏
(OTA Nobuhiro)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
取得学位 修士(文学)(東京大学)1997年
博士(文学)(東京大学)2001年
専門分野(科研費分類) アジア史・アフリカ史
研究キーワード 南アジア史、カルナータカ研究、カンナダ文学
South Asian History, Karnataka Studies, Kannada Literature
自己紹介
最終学歴 1992年03月 東京大学文学部東洋史学科卒業
1997年03月 東京大学人文社会系研究科修了
2001年06月 東京大学人文社会系研究科修了
所属学会 カルナータカ歴史アカデミー
日本南アジア学会
インド考古研究会
史学会
日本印度学仏教学会
歴史科学協議会
主要研究業績 【論文】
  • 刻文史料に見る前近代南インドの職人カースト集団――名誉、グル、由来――, 前近代南アジア社会におけるまとまりとつながり, 217--236, 2017年
  • 前近代Ⅱ:13~18世紀(南アジア), アジア経済史研究入門, 104--113, 2015年
  • カースト制度と不可触民差別, 歴史評論, 782号, 58--72, 2015年
  • Who built ‘the city of victory’? Representation of a ‘Hindu’ capital in an ‘Islamicate’ world, Cities in South Asia, 27--44, 2015年
  • 支配と共存の論理――インドにおける国家と社会――, 現代インド1 多様性社会の挑戦, 145--167, 2015年
  • インドで多様な歴史認識に触れる, 人はみなフィールドワーカーである――人文学のフィールドワークのすすめ――, 238--243, 2014年
  • マイソール王国におけるプラブ――近世南インド国家と領主的権力――, アジア・アフリカ言語文化研究, 86号, 81--113, 2013年
  • A Reappraisal of Studies on Nayakas, Journal of Karnataka Studies, 5巻2号, 7--48, 2012年
  • 植民地期の南インド史記述とその現地的起源―『ポリガール』をめぐる 諸言説を中心に―, 生まれる歴史、創られる歴史―アジア・アフリカ史研究の最前線から―, 93--122, 2011年
  • A Study of Two Nayaka Families in the Vijayanagara Kingdom in the Sixteenth Century, Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko, 66巻, 103--129, 2008年
  • 近世南インド・マイソール王国の宮廷文学における王の表象――『チッカデーヴァラージャ・サプタパディ』の紹介と分析――, アジア・アフリカ言語文化研究, 73号, 5--23, 2007年
  • カルナータカ宮廷文学の歴史――文学記述の言語とその時代的変遷――, 『南アジア言語文化』南アジア言語文化研究会・東京外国語大学南・西アジア課程研究室, 4号, 29--57, 2006年
  • インド,イギリスにおける『マイソール大測量』関連史資料について, 『通信』アジア・ アフリカ言語文化研究所, 114号, 26--31, 2005年
  • トゥルヴァ朝ヴィジャヤナガラ王国政治体制の研究, 『東洋文化研究所紀要』東京大学東洋文化研究所, 142号, 109--149, 2003年
【著書】
  • 前近代南アジア社会におけるまとまりとつながり, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 編著, 2017年
  • A Concise History of South India: Issues and Interpretations, Oxford University Press, 単行本(学術書), 分担執筆, 2014年
  • S・スブラフマニヤム著『接続された歴史:インドとヨーロッパ』, 名古屋大学出版会, 単行本(学術書), 共訳, 2009年
  • 世界歴史体系 南アジア史3―南インド―, 山川出版社, 単行本(一般書), 共著, 2007年
【総説・解説記事】
  • 辛島先生の研究について, インド通信, インド文化交流センター, その他記事, 単著, 2016年
【研究発表】
  • 完璧な妻か、完璧な夫婦か:『ハディバデヤ・ダルマ(貞女の法)』再読, 人間文化研究機構プラグラム「南アジア地域研究」東京外国語大学拠点2016年度第1回研究会, 国内会議, 人間文化研究機構プラグラム「南アジア地域研究」東京外国語大学拠点, 口頭(一般), 東京外国語大学本郷サテライト, 2016年
  • インド史通史記述の諸問題, 第9回世界史講演会, 国内会議, 東京書籍, 口頭(一般), 東京書籍関西支社, 2015年
  • カースト制度と不可触民差別, 歴史科学協議会第48回大会, 国際会議, 歴史科学協議会, 口頭(一般), 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス, 2014年
  • 書評:Aya Ikegame, Princely India Re-imagined (Routledge. 2012), 第11回インド社会運動研究会, 国内会議, インド社会運動研究会, 口頭(一般), 東京外国語大学本郷サテライト4階セミナー室, 2014年
  • 植民地期南インドにおける歴史記述をめぐる諸問題, 人間文化研究機構プラグラム「現代インド地域研究」東京外国語大学拠点2013年度第3回研究会「歴史から紐解く現代インド――象徴とテクスト」, 国内会議, 人間文化研究機構プラグラム「現代インド地域研究」東京外国語大学拠点, 口頭(一般), 東京外国語大学本郷サテライト4階セミナー室, 2013年
  • 近世南インド論, 2012年度現代インド・南アジアセミナー, 国内会議, NIHUプログラム「現代インド地域研究」, 口頭(一般), 国立民族学博物館, 2012年
  • 前近代南アジアの社会集団――研究の成果と課題, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究課題「前近代南アジアにおける中間的諸集団の再検討」2012年度第1回研究, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学本郷サテライト, 2012年
  • 前近代ヒンドゥー教の寺院とマタ――カルナータカ地方におけるシヴァ 神信仰の事例から――, 2011年度第1回東洋文庫インド班研究会, 国内会議, 東洋文庫インド班, 口頭(一般), 東洋文庫, 2011年
  • 現地語媒体による人文系研究の行方――インド・カンナダ語圏における 「文化研究」を題材に――, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • インド前近代史研究は自立できるか, 東京大学東洋史学研究室100周年シンポジウム「東洋史学100年からの展望」, 国内会議, 東京大学東洋史学研究室, 口頭(一般), 東京大学, 2010年
  • コメント, 第43回南アジア研究集会セッション「南アジア歴史/地域研究におけ る新しい文化資源の探求」, 国内会議, 南アジア研究集会, 口頭(一般), 旅館伯梁, 2010年
  • 「伝統的」インド社会研究の現在―支配と共同性をめぐる議論を中心に―, 「前近代社会へのまなざし研究会」研究会, 国内会議, 前近代社会へのまなざし研究会, 口頭(一般), 愛知大学, 2010年
  • Who Built 'the City of Victory'? representation of a 'Hindu' capital in a 'Islamicate' world, International Conference: The City in South Asia, 国際会議, 現代インド地域研究国立民族学博物館拠点, 口頭(一般), 国立民族学博物館, 2010年
  • 歴史的観点から見た国家と社会, 人間文化研究機構プログラム「現代インド地域研究」2009年度全体集会, 国内会議, 人間文化研究機構プログラム「現代インド地域研究」, 口頭(一般), 京都大学東南アジア研究所, 2009年
  • コメント:カンナダ文学の『転換期』, 日本南アジア学会第22回全国大会・テーマ別発表5「歴史における文学 , 国内会議, 日本南アジア学会, 口頭(一般), 北九州市立大学, 2009年
  • 19世紀初頭マイソール藩王国の地方統治体制とその歴史的起源, 日本南アジア学会第22回全国大会, 国内会議, 日本南アジア学会, 口頭(一般), 北九州市立大学, 2009年
  • 近世南インドにおける権力者の生き残り戦略, 京都大学東南アジア研究所「次世代の地域研究」研究会, 国内会議, 京都大学東南アジア研究所「次世代の地域研究」, 口頭(一般), 京都大学東南アジア研究所, 2009年
  • テキストの中のヴィジャヤナガラ、テキストとしてのヴィジャヤナガラ――中近世南インドにおける王都とその象徴性――, 国立民族学博物館共同研究「南アジアにおける都市の人類学的研究」研究会, 国際会議, 国立民族学博物館共同研究「南アジアにおける都市の人類学的研究」, 口頭(一般), 国立民族学博物館第6セミナー室, 2008年
  • 植民地化前後南インドの『ポリガール』の再考, 政治文化研究ユニット公開研究会「帝国・植民地の政治支配と歴史認識」, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所政治文化研究, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所セミナー室, 2007年
  • 『サンスクリット世界』の形成と解体をめぐる諸問題, 『平成18 年度科学研究費補助金基盤研究(B)「近代世界システム以前の諸地域システムと広域ネットワーク」(研究代表者:桃木至朗、大阪大学大学院)研究会』, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2007年
  • 中・近世カンナダ地方宮廷文学におけるサンスクリット語と地域語, 平成17年度科学研究費補助金基盤研究(A)「多言語社会における文学の歴史的展開と現在:インド文学を事例として」第2回研究会, 国内会議, 平成17年度科学研究費補助金基盤研究(A)「多言語社会における文学の歴史的展開と現在:インド文学を事例として」(研究代表者:水野善文、東京外国語大学), 口頭(一般), 大阪外国語大学総合研究棟, 2005年
  • 近世南インド史研究と文芸, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2005年
  • 近世南カルナータカ地方における地域単位の変遷, 日本南アジア学会第15回全国大会, 国内会議, 日本南アジア学会, 口頭(一般), 東京外国語大学府中キャンパス, 2002年
【現地の調査・研究】
  • 植民地インドのマイスール藩王国における文芸と王権, インド, インド歴史研究評議会、カンナダ文芸協会, 2017年

last updated on 2017/4/20