研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 大川 正彦
(OKAWA Masahiko)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/教授
取得学位 修士(政治学)(早稲田大学)1991年
専門分野(科研費分類) 政治哲学
社会倫理学
研究キーワード いのち論,協働身体生成論,結社と技術,わざと型,動詞人間学,両棲類であること(culture of addiction and culture of recovery)
自己紹介  去る2月26日、市民聴講生の集いに呼ばれて、「うらおもて学問録――どんなことばを食べて生きてゆくのか? 伝えのこすのか?」というタイトルでお話をさせていただいた。
 いつ手にしたのかは忘れたが、内田義彦『社会認識の歩み』(岩波新書、1971年)に出会って以来、日常の言葉と学問の言葉とのかかわり、乖離といったことが気になり、授業で、ことあるごとに触れてきたし、じぶんの勉学のうえでも留意してきた。さらに、柳父章『翻訳語成立事情』(岩波新書、1982年)を介して、この国の社会科学のことば、社会を語ることばの多くが翻訳語として成立したという事情を知るにつれ、じぶんが使っていることばは、いったい何なのか、とおもいもしてきた。
 とはいえ、あの4年前の2月10日から5月9日の三か月、ARPの専門病院に入院する以前を省みると、ぼくじしんの日常のことばにしろ、学問のことばにしろ、どちらもテンでなっていなかったことに気づかされた。頭で覚えただけのエエカッコしぃのことばを口から出るに任せていただけ。書き散らかしていただけ。他人に向けては、できるだけ心臓をグサリと抉るようなことばを、ここぞとばかりに選ぶことに全力を注いだ。じぶんにたいしては未練たらたら責め続けたりするようなことばを投げつけていた。つまりは、どうしようもなく、不味いことばを食べてばかりいたのだ。
 退院してから、ふつう大人はどうやって生活するのか、どうやって仕事をつづけているのか、と藁をもすがるような気持ちでいたとき、たまたま出会ったのが、色川武大『うらおもて人生録』(新潮文庫、1987年)。背伸びして優等生ぶるのではなく、なんもかざらず、劣等生のまま生きてゆこう、勉強しなおそう、とおもったものだった。その後、この本から知った「一病息災」をモットーにして、じぶんのaddictionや、ことばの使い方を振り返り、セルフ・ケアにつとめてきた。家を出て、職場に行き、教室でともに学ぶ仁(ひと)たちに会いに行くことと、recovering addictsの集まりに通って、先行く仲間にしらふの顔を見ていただくこと、このどちらも、いまのぼくにとっては、「今日一日」(one day at a time)、一日断酒のその日暮らしを、一日いちにちとつないでゆくために欠かせない日課となっている。(2015年3月10日、記す。)
最終学歴 1991年03月 早稲田大学政治学研究科博士前期課程・政治思想史専攻修了
1994年09月 早稲田大学政治学研究科博士後期課程・政治思想史専攻単位取得満期退学
主要研究業績 【論文】
  • 文庫版解題 足・耳・口の力、約束の想い起こし――ウォルツァー『解釈としての社会批判』のもうひとつの読みかた――, マイケル・ウォルツァー『解釈としての社会批判』(大川正彦/川本隆史=訳)〈ちくま学芸文庫〉筑摩書房, 2014年
  • 憲法 小さきものの読み方――ネオリベラリズムと変容する戦争の時代のなか、日本国憲法という瓦礫から破片(かけら)を拾い集める, 『ネオリベラリズムと戦争の変容』(研究代表者・西谷修、2003-2005年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書), 92--103, 2006年
  • 分かち合い、分かり合い、その困難(上), 『未来』, 375号, 16--23, 1997年
  • 分かち合い、分かり合い、その困難(下), 『未来』, 376号, 8--15, 1998年
  • 悪・暴力・不正義――暴力批判としてのフェミニズムの視点から眺める, 日本法哲学会編『法哲学年報2003 ジェンダー、セクシュアリティと法』有斐閣, 7--18, 2004年
  • 会話のなかの棘――J.N.シュクラールの政治哲学をめぐって, 日本法哲学会編「法哲学年報 1996 多文化時代と法秩序(有斐閣), 180--187, 1997年
  • 所有・人格・責任――「自己所有権」の再審にむけて, 佐藤康邦編「応用倫理学の新たな展開 -倫理学におけるミクロ的視点とマクロ的視点の統合をめざして-」, 186--197, 1996年
  • 人格、所有、アイデンティティ――ヘーゲル「抽象的法権利」論の一考察, 早稲田政治公法研究, 44号, 159--183, 1993年
  • 共同体主義による所有的個人主義批判――マクファーソン、テイラー、ウォルツァー, 早稲田政治公法研究, 54号, 185--214, 1997年
  • ヘーゲル市民社会論における私的所有と社会的資源(上)――「自己所有権」テーゼ批判をめぐって, 早稲田政治公法研究, 41号, 243--259, 1993年
  • ヘーゲル市民社会論における私的所有と社会的資源(下)――「自己所有権」テーゼ批判をめぐって, 早稲田政治公法研究, 42号, 159--183, 1993年
【著書】
  • 〈思考のフロンティア〉正義, 岩波書店, 単行本(学術書), 単著, 1999年
  • 〈哲学のエッセンス〉マルクス――いま、コミュニズムを生きるとは?, 日本放送出版協会, 単行本(学術書), 単著, 2004年
  • 新・哲学講義6 共に生きる, 岩波書店, 単行本(学術書), 共著, 1998年
  • 所有のエチカ, ナカニシヤ出版, 単行本(学術書), 共著, 2000年
  • 政治と倫理のあいだ――21世紀の規範理論に向けて, 新評論, 単行本(学術書), 共著, 2001年
  • 市場経済の神話とその変革――〈社会的なこと〉の復権, 法政大学出版局, 単行本(学術書), 共著, 2003年
  • 親密圏のポリティクス, ナカニシヤ出版, 単行本(学術書), 共著, 2003年
  • 歴史と責任――「慰安婦」問題と一九九〇年代, 青弓社, 単行本(学術書), 共著, 2008年
  • なぜ悪いことをしてはいけないのか, ナカニシヤ出版, 単行本(学術書), 共著, 2000年
  • 西洋政治思想史II, 新評論, 単行本(学術書), 共著, 1996年
  • テッサ・モーリス=鈴木『辺境から眺める――アイヌが経験する近代』, みすず書房, 単行本(学術書), 単訳, 2000年
  • リチャード・ローティ 『偶然性・アイロニー・連帯――リベラル・ユートピアの可能性』, 岩波書店, 単行本(一般書), 共訳, 2000年
  • マイケル・ウォルツァー 『解釈としての社会批判——暮らしに根ざした批判の流儀』, 風行社, 単行本(学術書), 共訳, 1996年
  • マイケル・ウォルツァー『寛容について』, みすず書房, 単行本(学術書), 単訳, 2003年
  • マイケル・ウォルツァー『道徳の厚みと広がり――われわれはどこまで他者の声を聴き取ることができるか』, 風行社, 単行本(学術書), 共訳, 2004年
  • マイケル・ウォルツァー『解釈としての社会批判』 〈ちくま学芸文庫〉, 筑摩書房, 単行本(学術書), 共訳, 2014年
  • 政治学事典, 弘文堂, 事典・辞書, 分担執筆, 2000年
  • 社会思想史研究, 藤原書店, 単行本(学術書), その他, 2003年
  • 現代倫理学事典, 弘文堂, 事典・辞書, 分担執筆, 2006年
  • 道の手帖 マルクス『資本論』入門――危機の資本主義を超えるために, 河出書房新社, 単行本(一般書), 共著, 2009年
  • D.トレンド編『ラディカル・デモクラシー――アイデンティティ・シチズンシップ・国家』, 三嶺書房, 単行本(学術書), 共訳, 1998年

last updated on 2016/10/4