研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 岡 葉子
(OKA Yoko)
所属 職名 世界言語社会教育センター/特任助教
E-mail oka@tufs.ac.jp
取得学位 修士(学術)(東京外国語大学)2000年
修士(言語学)(東京外国語大学)2011年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介
主要研究業績 【論文】
  • 日本語教育学における「学習動機」の概念について―motivationの訳語をめぐる問題―, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 43号, 19--32, 2017年
  • 日本語学校生の学習動機に関する研究―期待、価値、学習困難意識の関係, 日本語/日本語教育研究, 7号, 229--244, 2016年
  • 全学日本語プログラム夏期自律型学習コースの試み, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 42号, 161--172, 2016年
  • 日本語学習者の意識における日本語能力の変遷およびその要因―長期日本定住者(ミャンマー人、ドイツ人)へのインタビュー調査から, 言語・地域文化研究 , 19号, 205--223, 2013年
【著書】
  • できる日本語 わたしのことばノート 初中級, 凡人社, 教科書, 共著, 2013年
  • できる日本語 わたしのことばノート 初級, 凡人社, 教科書, 共著, 2012年
【研究発表】
  • 『げんき』提出漢字の「理工学系話し言葉コーパス」における使用状況調査―初級漢字を専門語彙学習につなげる漢字語彙資料の作成へ向けて―, カナダ日本語教育振興会年次大会, 国際会議, CAJLE, 口頭(一般), モントリオール, 2014年
  • 日本語学校生の日本語学習動機に関する意識調査―期待価値尺度の作成と在籍期間との関係-, シドニー日本語教育国際研究大会, 国際会議, ICJLE, 口頭(一般), シドニー, 2014年
  • 日系ブラジル人男性の語りから見る自己形成と家族の関係―『重要な他者』との決別に関する事例報告, 多文化関係学会第11回年次大会, 国内会議, 多文化関係学会, 口頭(一般), 関西学院大学, 2012年
  • 学習者はどのような学習環境のもとで日本語能力の向上を実感するのか―非漢字圏出身の長期日本定住者へのインタビュー調査から, 日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 米子コンベンションセンター, 2011年

last updated on 2017/7/2