研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 大石 高典
(OISHI Takanori)
所属 職名 現代アフリカ地域研究センター/講師
E-mail takanori@tufs.ac.jp
HP http://jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/cgi-bin/CameroonFS/wiki.cgi?page=%C2%E7%C0%D0%B9%E2%C5%B5
取得学位 修士(理学)(京都大学)2003年
博士(地域研究)(京都大学)2014年
専門分野(科研費分類) 文化人類学・民俗学
地域研究
研究キーワード アフリカ熱帯林の歴史生態学、現代的な課題と民族間関係(とくに狩猟採集民と農耕民の関係)、地球規模課題と地域社会(とくに地球環境問題におけるマクロ・ミクロギャップの架橋)、超学際的な手法による「アフリカ日本学」の構築、マルチスピーシーズ人類学
自己紹介 魚釣りへの熱中が高じて、人と自然の関係や環境問題に関心を持つようになりました。環境問題を考えるのに食は欠かせないと考え、大学学部では農学を、大学院では霊長類学や動物生態学の研究者に囲まれて生態人類学を、ポスドクでは心理学・宗教学、アフリカ地域研究、そして考古学の視点で地球環境問題を考えるトレーニングの機会を得てきました。このように学際的な環境を歩いてきましたが、研究のメインフィールドはカメルーンの一村落に据え、そこでの定点観測から世界を見ることを行ってきました。外大では、「アフリカを通して日本を見る」アプローチにも積極的に取り組んでいきたいと思っています。
最終学歴 2001年03月 京都大学農学部生産環境学科生物環境科学コース卒業
2003年03月 京都大学理学研究科生物科学専攻修了
2008年05月 京都大学理学研究科生物科学専攻中退
所属学会 生態人類学会
日本アフリカ学会
日本文化人類学会
生き物文化誌学会
国際民族生物学会
主要研究業績 【論文】
【著書】
  • 狩猟採集民からみた地球環境史――自然・隣人文明との共生, 東京大学出版会, 単行本(学術書), 分担執筆, 2017年
  • ナマズの博覧誌, 誠文堂新光社, 単行本(学術書), 共著, 2016年
  • 民族境界の歴史生態学―カメルーンに生きる農耕民と狩猟採集民, 京都大学学術出版会, 単行本(学術書), 単著, 2016年
  • 講座スピリチュアル学第4巻・スピリチュアリティと環境, ビイング・ネット・プレス, 単行本(学術書), 分担執筆, 2015年
  • アフリカ学事典, 昭和堂, 事典・辞書, 分担執筆, 2014年
  • To See Once More the Stars: Living After Fukushima, New Pacific Press, Santa Cruz, California, 単行本(一般書), 共著, 2014年
  • アフリカ漁民の世界(アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明研究叢書9), 名古屋大学文学研究科比較人文学研究室, 単行本(学術書), 分担執筆, 2014年
  • 全世界の河川事典, 丸善, 事典・辞書, 分担執筆, 2013年
  • 人と動物の人類学, 春風社, 単行本(学術書), 分担執筆, 2012年
  • 森棲みの社会誌―アフリカ熱帯林の人・自然・歴史Ⅱ, 京都大学学術出版会, 単行本(学術書), 分担執筆, 2010年
【研究発表】
  • Elephant hunting and YouTube: Role of new media in visualization of conflict between Conservation and Indigenous movements in Cameroonian tropical rainforest., The 6th HK (Humanities Korea) International Conference, 国際会議, The Institute of African Studies, Hankuk University of Foreign Studies (HUFS), 口頭(一般), Yongin, South Korea, 2016年
  • Symbolism in Medicinal Use of Fish among the Bakwele of Southeastern Cameroon., 第15回国際民族生物学会, 国際会議, International Society of Ethnobiology, 口頭(一般), Makerere University, Kampala, Uganda, 2016年
  • Psychological Experiment All Over the World: An Interdisciplinary Collaboration., 第23回国際通文化心理学会大会2016, 国際会議, International Association for Cross-Cultural Psychology, ポスター(一般), Nagoya, Japan, 2016年
  • Conservation and Human-animal boundaries in Southeastern Cameroon., 第15回国際民族生物学会, 国際会議, International Society of Ethnobiology, 口頭(一般), Makerere University, Kampala, Uganda, 2016年
  • Baka Hunter-gatherers in Southeast Cameroon: Hands of Poaching and Eyes for Anti-poaching Activities., Beyond Enforcement: Involving Indigenous Peoples and LocalCommunities in Combating Illegal Wildlife Trade: Regional workshop for West and Central Africa, 国際会議, IUCN, 口頭(一般), Douala, Cameroon, 2016年
  • Is (^_^) Smiling? Cross-cultural Study on Recognition of Emoticon’s Emotion, 第45回通文化比較学会年次大会, 国際会議, Society for Cross-Cultural Research, ポスター(一般), Portland, Oregon, USA, 2016年
  • Anti-poaching operations by military forces and their impacts on local people in South-Eastern Cameroon., Symposium 'Beyond Enforcement: Communities, governance, incentives and sustainable usein combating wildlife crime', 国際会議, IUCN CEESP/SSC Sustainable Use and Livelihoods Specialist Group(SULi)/International Institute of Environment and Development (IIED)/Austrian Ministry of Environment/ARC Centre of Excellence for Environmental Decisions (CEED), University of Queensland/TRAFFIC - the wildlife trade monitoring network, 口頭(招待・特別), Muldersdrift, South Africa, 2015年
  • Historical Ecology of Matsutake Mushrooms in Northeastern Japan., The 2014/2015 General Meeting of the Small-Scale Economies Project, 国際会議, Research Institute for Humanity and Nature, 口頭(一般), Kyoto, 2015年
  • Land conflict in multi-ethnic context: trans-ethnic negotiation and cultural transmissions in the expansion process ofcocoa farming in southeastern Cameroon., The Forth Forum on “Comprehensive Area Studies on Coexistence and Conflict Resolution Realizing ‘African Potentials’", 国際会議, Kyoto University , 口頭(招待・特別), Yaounde, Cameroon, 2014年
  • Food diversity, interethnic relationships, and long-term sustainability of forest use in central African tropical rainforests., JSPS Symposium 2014: Long-term Sustainability through Place-based, Small-scale economies , 国際会議, JSPS San Francisco, 口頭(一般), University of California Berkeley, CA, USA, 2014年
  • Psychosocial importance of forest life for the Bakwele farmers of southeastern Cameroon., 第14回国際民族生物学会, 国際会議, International Society of Ethnobiology, 口頭(一般), Bumthang, Bhutan, 2014年
  • Wild mushroom uses by the Baka and the Bakwele of southern Cameroon., 第14回国際民族生物学会, 国際会議, International Society of Ethnobiology, ポスター(一般), Bumthang, Bhutan, 2014年
  • Quest for an "egalitalian capitalism": Cash crop and Baka hunter-gatherers of Congo/ southeastern Cameroon border., 第17回国際民族学人類学連合世界大会, 国際会議, IUAES, 口頭(一般), University of Manchester, Manchester, UK., 2013年
  • Practical uses of international borders by local peoples in central Africa., Hokkaido University SRC-GCOE Summer Symposium: 'Border Studies: Challenges and Perspectives in the Twenty-first Century', 国際会議, 北海道大学スラヴ研究センター, 口頭(招待・特別), Sapporo, Japan, 2013年
  • Various aspects of interactions between Baka hunter-gatherers and migrant merchants in southeastern Cameroon., 第10回狩猟採集民会議, 国際会議, University of Liverpool, 口頭(一般), Liverpool, UK., 2013年
  • Breakdown of Japanese Satoyama ecosystem and contemporary change of Matsutake mushroom (Tricholoma matsutake (S.Ito & S.Imai) Sing.) food culture., 第13回国際民族生物学会大会, 国際会議, The 13th Congress of the International Society for Ethnobiology, ポスター(一般), Montpellier, France, 2012年
  • Microhabitats in tropical mixed evergreen forest recognized by Baka hunter-gatherers of southeastern Cameroon: Folk concepts of vegetation change in comparison to modern ecological term of 'succession'., 第13回国際民族生物学会大会, 国際会議, International Society for Ethnobiology, 口頭(一般), Montpellier, France, 2012年
  • Can microcredit be a mediator between cash income and welfare?: From the experience of cacao production by the Baka., FOSAS project in wider perspective: Suggestions and future collaboration, 国際会議, FOSAS (JICA-JST joint program), 口頭(招待・特別), Nkolbisson, Yaounde, 2012年
  • 日本における松茸食文化の展開, 2011国際松茸研究ワークショップ, 国際会議, 云南省国際商会松茸分会, 口頭(招待・特別), Kunming, Yunnan, People's Republic of China, 2011年
  • Coexistence and conflicts between egalitarianism and individualism among the Baka hunter-gatherers and the Bakwele farmers in South East Cameroon., IUAES/ AAS/ ASAANZ Congress: Knowledge and Value in a Globalising World: Disentangling Dichotomies, Querying Unities, 国際会議, IUAES/ AAS/ ASAANZ, 口頭(一般), Perth, Australia, 2011年
  • Partager la Faim et Partager les Aliments : Comment traiter la 'faim d'hydrates de carbone' chez les pecheurs/agriculteurs Bakwele du sud-est du Cameroun., 国際民族学人類学連合食の人類学分科会第31回シンポジウム:食物分配, 国際会議, IUAES International Commission of Anthropology of Food, 口頭(一般), Lasseube, Pyrenees Atlantiques, France, 2011年
  • Cacao Beans, Land, and Forest: How Baka Hunter-Gatherers are adapting egalitarianism to market economics in the multi-ethnic context of South East Cameroon., UCL西アフリカ研究セミナー, 国際会議, Department of Anthropology, University College of London, 口頭(一般), London, UK., 2010年

last updated on 2017/4/11