研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 小倉 智史
(OGURA Satoshi)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/助教
E-mail ogura@aa.tufs.ac.jp
取得学位 修士(文学)(京都大学)2008年
博士(文学)(京都大学)2015年
専門分野(科研費分類) アジア史・アフリカ史
研究キーワード
自己紹介
最終学歴 2006年03月 明治大学文学部卒業
2008年03月 京都大学文学研究科歴史文化学専攻 西南アジア史学専修修了
2014年03月 京都大学文学研究科歴史文化学専攻 西南アジア史学専修単位取得満期退学
所属学会 西南アジア研究会
内陸アジア史学会
日本イスラム協会
インド思想史学会
駿台史学会
The Association for the Study of Persianate Societies
Deutsche Morgenländische Gesellschaft
主要研究業績 【論文】
  • Incompatible Outsiders or Believers of a Darśana?: Representations of Muslims by Three Brahmans of Šāhmīrid Kašmīr, Rivista degli Studi Orientali, 88巻1-4号, 179--214, 2016年
  • 14-16世紀カシミールにおけるスーフィーの道統と帰属意識-クブラウィーヤ、ヌールバフシーヤを中心に-, 富士ゼロックス株式会社 小林節太郎記念基金 小林フェローシップ2013年度研究助成論文, 1--23, 2015年
  • 中世後期・近世カシミールにおける  支配の正当性と宗教アイデンティティ, NIHU Research Series of South Asia and Islam vol.8 『前近代南アジアにおけるイスラームの諸相 ――在来社会との接触・交流と変容』, 73--99, 2015年
  • 15-16世紀スリナガルのハーンカーヒ・ムアッラー, 駿台史学, 154号, 51--90, 2015年
  • Transmission lines of historical information on Kašmīr: From Rājataraṅgiṇīs to the Persian chronicles in the early Muġal period, Journal of Indological Studies, 22-23巻, 23--59, 2011年
  • カシミールのペルシア語年代記におけるスーフィー伝-在地有力者との関係を中心に-, イスラム世界, 74巻, 33--65, 2010年
【著書】
  • 前近代南アジア社会におけるまとまりとつながり, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 単著, 2017年
  • History, Literature, and Scholarly Perspectives: South and West Asian Context (Festschrift presented in honor of Moinuddin Aqeel), Islamic Research Academy Karachi, その他, 分担執筆, 2016年
  • 〈驚異〉 の文化史:中東とヨーロッパを中心に, 名古屋大学出版会, 単行本(学術書), 分担執筆, 2015年
【総説・解説記事】
  • 第53回野尻湖クリルタイ彙報, 東洋学報, , 総説・解説(学術雑誌), 単著, 2016年
  • アキール文庫カシミール関連コレクション[A309], イスラーム世界研究, , 総説・解説(大学・研究所紀要), 単著, 2016年
  • 十四~十七世紀カシミールのヒンドゥーとムスリムの交流, 歴史と地理. 世界史の研究, 山川出版社, 総説・解説(商業誌), 単著, 2016年
  • 青柳かおる『ガザーリー-古典スンナ派思想の完成者』, イスラーム地域研究ジャーナル , , 書評,文献紹介等, 単著, 2015年
  • 南アジア(古代・中世) (2013年の歴史学会-回顧と展望-), 史学雑誌, , 総説・解説(学術雑誌), 単著, 2014年
  • ジャンムー・カシミール州図書館案内, イスラム世界, , その他記事, 単著, 2014年
  • 第四回イスラーム地域研究国際会議inラホール プレナリー・セッション2(報告), イスラーム地域研究ジャーナル, , 会議報告等, 単著, 2014年
  • 中世後期・近世カシミールにおける歴史叙述に関する近年の研究動向, 西南アジア研究, , 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 単著, 2014年
【研究発表】
  • Kaśmīr and the Mongols: Who invaded the valley in 1320?, 33. Deutscher Orientalistentag 2017, 国際会議, Deutsche morgenländische Gesellschaft, 口頭(一般), Friedrich-Schiller-Universität Jena, 2017年
  • 16世紀カシミールのサンスクリット文献におけるモグール/ムガル, 南アジアのフロンティアを再考する, 国内会議, AA研有志, 口頭(一般), , 2017年
  • 『ラージャタランギニー』ペルシア語訳における翻訳ストラテジー, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2017年
  • Indic Deities translated by means of the oneness of existence: in the case of a Persian translation of the Rājataraṅgiṇīs, The 1st International Symposium of Kenan Rifa'i Center for Sufi Studies: “Islamic Studies and the Study of Sufism in Academia: Rethinking Methodologies”, 国際会議, Kenan Rifa'i Center for Sufi Studies, Kyoto University, 口頭(一般), 京都大学稲盛財団記念館, 2017年
  • Some Remarks on the History of India and the Life of Buddha in Rašīd ad-Dīn Faḍl Allāh's Ǧāmi‘ at-Tawārīḫ, Collegium Turfanicum, 国際会議, Turfanforschung, 口頭(一般), Berlin-Brandenburgische Akademie der Wissenschaften, 2017年
  • Revisiting “In Search of Equivalence”: Muḥammad Šāhābādī’s Strategies in Translating the Rājataraṅgiṇīs, Iranistisches Kolloquium, 国際会議, SFB 1167 "Macht und Herrschaft" & Bonner Forum Iranistik, 口頭(一般), Institut für Orient- und Asienwissenschaften der Universität Bonn, 2017年
  • The making of Persian Sufi-Rishi narratives: the cases of ‘Alī Hamadānī and Nūr al-Dīn Rīshī, Seminaire ‘Societes, Politiques et Cultures du Monde Iranien,’, 国際会議, Seminaire ‘Societes, Politiques et Cultures du Monde Iranien,’, 口頭(一般), Sorbonne Nouvelle Paris 3, 2016年
  • From Brutal Invaders to Brave Warriors: Mughals as seen by Kashmiri Pandits in the Sixteenth Century, Perso-Indica Seminar, 国際会議, , 口頭(一般), Sorbonne Nouvelle Paris 3, 2016年
  • 『集史』インド史・釈迦牟尼伝の情報源に関する一考察, 第53回野尻湖クリルタイ[日本アルタイ学会], 国際会議, , 口頭(一般), 藤屋旅館, 2016年
  • Lakṣmī Becomes Dawla: Remarks on the Translation Strategies of Notions of Kingship in a Persian Translation of the Rājataraṅgiṇīs and the Following Chronicles, International Workshop "Islam, Kingship, and Legitimacy in South Asia", 国際会議, イスラーム国家の王権と正統性--近世帝国を視座として, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年
  • From Allāh to Īśvara: a Preliminary Study in Śrīvara’s Kathākautuka, International Workshop on Pre-modern Kashmir 2015, 国際会議, , 口頭(一般), 京都大学ユーラシア文化センター羽田記念館, 2015年
  • Muġals as Seen by Kashmiri Pandits in the Sixteenth Century, International Workshop on Pre-modern Kashmir 2015, 国際会議, , 口頭(一般), 京都大学ユーラシア文化センター羽田記念館, 2015年
  • Linguistic Cosmopolitanism, Political Legitimacies, and Religious Identities in Šāhmīrid Kashmir (1339-1561), The Third Perso-Indica Conference, 国際会議, , 口頭(一般), The University of Delhi, 2015年
  • Turning Taraṅgiṇī into Tārīkh: A Comparative Study on Jonarāja’s Rājataraṅgiṇī and its Persian Translation Composed at the Court of Akbar, 16th World Sanskrit Conference, 国際会議, International Association of Sanskrit Studies, 口頭(一般), Renaissance Hotel, Bangkok, 2015年
  • Translating Waḥda al-wujūd into Śaiva Theology: A Reading of the First Chapter of Śrīvara’s Kathākautuka, a Sanskrit Translation of Jāmī’s Yūsuf u Zulayḫā, SIAS-KIAS Joint Workshop "Piety, Politics and People in the Modern Islamic World", 国際会議, , 口頭(一般), 京都大学, 2015年
  • 16世紀カシミールのサンスクリット文献におけるmuggulaについて, 九州史学会 イスラム文明部会, 国内会議, , 口頭(一般), 九州大学, 2014年
  • 15~17世紀カシミールにおける歴史叙述、支配の正統性、宗教アイデンティティの諸相, 第12回古文書研究会, 国内会議, , 口頭(一般), 追手門学院大学, 2014年
  • ムスリム社会形成期カシミールにおけるイスラームと在来宗教, KIAS-INDAS連携事業「南アジアとイスラーム」シンポジウム「前近代南アジアにおけるイスラームの諸相—在来社会との接触・交流・変容—」, 国内会議, 京都大学イスラーム地域研究センター/京都大学現代インド研究センター, 口頭(一般), , 2014年
  • 十五-十六世紀スリナガルのハーンカーヒ・ムアッラー, 第51回野尻湖クリルタイ[日本アルタイ学会], 国内会議, , 口頭(一般), , 2014年
  • A Preliminary Study in the Unity and Diversity of the Naqshbandiyya-Mujaddidiyya: the Cases of Central Asia and South Asia, NIHU Program for Islamic Area Studies, 4th International Conference 2013, 国際会議, , ポスター(一般), LUMS, Lahore, 2013年
  • 2012年5-6月カシミール盆地調査報告, 第50回野尻湖クリルタイ[日本アルタイ学会], 国内会議, , 口頭(一般), , 2013年
  • 共存しえぬ他者か,ダルシャナの信徒か-シャーミール朝カシミールの三人のバラモンが描くムスリム-, AA研共同利用・共同研究課題「前近代南アジアにおける中間的諸集団の再検討」研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所本郷サテライト, 2013年
  • Brahman's Outlook on Muslims: in the case of Medieval Kashmir, The 15th World Sanskrit Conference, 国際会議, International Association of Sanskrit Studies, 口頭(一般), Vigyan Bhavan, New Delhi, 2012年
  • ペルシア語によるサンスクリット翻訳文献−−歴史叙事詩『Rājataraṅginī』を中心に, アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト「ペルシア語文化圏の歴史と社会」研究会「南アジアから見たペルシア語文化圏」, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • Rājataraṅginīからムガル朝期のペルシア年代記への歴史情報の伝承をめぐって, 第16回インド思想史学会学術大会, 国内会議, インド思想史学会, 口頭(一般), 京都大学, 2008年
  • カシミールの都スリナガルと王朝支配の正統性―その変遷を巡って―, 上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科 大学院生・次世代研究者ワークショップ第3回 歴史的都市空間の復原―アジア大陸部における王権思想の検討―, 国内会議, 上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科, 口頭(一般), 上智大学, 2008年
  • 14-16世紀カシミールの『スーフィー』たちを巡って, 第45回野尻湖クリルタイ[日本アルタイ学会], 国内会議, , 口頭(一般), , 2008年

last updated on 2017/10/2