研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 野田 仁
(NODA Jin)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
E-mail nodajin@aa.tufs.ac.jp
取得学位 博士(文学)(東京大学)2009年
専門分野(科研費分類) 中央アジア史
研究キーワード 中央アジア史, 露清関係史
History of Central Asia, Russian-Qing Relations
自己紹介
所属学会 日本中央アジア学会 編集委員
内陸アジア史学会 編集委員
満族史研究会
Central Eurasian Studies Society
史学会
東洋史研究会
受賞 第3回内陸アジア史学会賞(2006年)
主要研究業績 【論文】
  • 露清国境地域における所属の明確化と秩序回復のプロセス, 2016年度大学研究助成 アジア歴史研究報告書, 43--52, 2017年
  • The conflicts beyond the border and their resolution between Russia and the Qing China, Crossing the Boundaries: Asians and Africans on the Move, Proceedings of the Papers (CAAS 7th International Conference), 167--172, 2017年
  • 遊牧民の移動と国際関係―中央ユーラシア環境史の一断面, 環境に挑む歴史学, 323--335, 2016年
  • 教育・言語政策の中のムスリム・マイノリティ―新疆のカザフの場合―, 『中国新疆のムスリム史―教育、民族、言語―』野田仁編(早稲田大学アジア・ムスリム研究所 リサーチペーパー・シリーズ Vol. 2), 23--50, 2014年
  • 日本から中央アジアへのまなざし―近代新疆と日露関係―, イスラーム地域研究ジャーナル, 6巻, 11--22, 2014年
  • カザフ遊牧民の「慣習法」と裁判―ロシア統治期イリ地方の事例から見る帝国の司法制度と紛争解決―, 『シャリーアとロシア帝国:近代中央ユーラシアの法と社会』(堀川徹;大江泰一郎;磯貝健一編)、臨川書店, 78--102, 2014年
  • 帝国の境界を越えて-露清間の境域としてのカザフ-, 歴史学研究, 911号, 10--18, 2013年
  • Titles of Kazakh Sultans Bestowed by the Qing Empire: The Case of Sultan Ghubaydulla in 1824, Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko, 68巻, 63--94, 2011年
  • Reconsidering the Ili Crisis: The Ili region under the Russian Rule (1871-1881), M. Watanabe and J. Kubota eds., Reconceptualizing Cultural and Environmental Change in Central Asia: An Historical Perspective on the Future, Kyoto: RIHN, 163--197, 2010年
  • イリ事件再考:ロシア統治下のイリ地方(1871-1881年), 『イリ河流域歴史地理論集―ユーラシア深奥部からの眺め―』(窪田順平・承志・井上充幸編)松香堂, 141--188, 2009年
  • 中央アジアにおける露清貿易とカザフ草原, 東洋史研究, 68-2巻, 1--31, 2009年
  • 露清関係とカザフ草原:帝国支配と外交の中の地域認識, 『講座スラブ・ユーラシア学』第2巻(講談社), 231--257, 2008年
  • 18世紀中央アジアにおける露清関係―ジューンガル政権崩壊からカザフ、アルタイ諸族の帰属問題へ―, 史学雑誌, 116巻9号, 1--37, 2007年
  • カザフ・ハン国とトルキスタン―遊牧民の君主埋葬と墓廟崇拝からの考察―, イスラム世界, 68巻, 1--24, 2007年
  • Казахская степь между Китаем и Россией (XIX века), Мировые цивилизации и Казахстан, часть 2, Алматы: Қайнар университеті, 22--31, 2007年
  • 清朝によるカザフへの爵位授与―グバイドゥッラの汗爵辞退の事例(1824年)を中心に―, 内陸アジア史研究, 21巻, 33--56, 2006年
  • The Qazaqs in the Muslim rebellion in Xinjiang of 1864-65, Central Eurasian Studies Review, 5巻1号, 28--31, 2006年
  • 露清の狭間のカザフ・ハーン国―スルタンと清朝の関係を中心に, 東洋学報, 87巻2号, 29--59, 2005年
  • Взаимосвязи Казахстана с Цинской империей со второй половины XVIII в. по середину XIX в., Казахская цивилизация, 13巻, 37--39, 2004年
  • 清朝史料上の哈薩克(カザフ)三「部」, 満族史研究, 1巻, 16--30, 2002年
【著書】
  • The Kazakh Khanates between the Russian and Qing Empires: Central Eurasian International Relations during the Eighteenth and Nineteenth Centuries, Brill, 単行本(学術書), 単著, 2016年
  • 国境の出現, 臨川書店, 単行本(学術書), 共著, 2012年
  • 露清帝国とカザフ=ハン国, 東京大学出版会, その他, その他, 2011年
  • Asiatic Russia: Imperial Power in Regional and International Contexts, Routledge, 単行本(学術書), 共著, 2011年
  • A Collection of Documents from the Kazakh Sultans to the Qing Dynasty, Tokyo: Department of Islamic Area Studies, Center for Evolving Humanities, Graduate School of Humanities and Sociology, The University of Tokyo, その他, その他, 2010年
【総説・解説記事】
  • 中央ユーラシア史研究の展開, 第4次 現代歴史学の成果と課題 第2巻 世界史像の再構成, 績文堂出版, 総説・解説(その他), 単著, 2017年
  • カザフ人:遊牧政権から中央アジア地域大国へ, テュルクを知るための61章, 明石書店, 総説・解説(その他), 単著, 2016年
  • バシキール人:南ウラルの勇者, テュルクを知るための61章, 明石書店, 総説・解説(その他), 単著, 2016年
  • 内陸アジア 二(2009年の歴史学界 回顧と展望), 史学雑誌, , 総説・解説(学術雑誌), 単著, 2010年
【研究発表】
  • The Conflicts beyond the Border and Their Resolution between Russia and the Qing China, Consortium for Asian African Studies Symposium “Crossing the Boundaries: Asians and Africans on Move”, 国際会議, Tokyo University of Foreign Studies, 口頭(一般), Tokyo University of Foreign Studies, 2016年
  • 越境問題・「国際紛争」とその解決:19世紀後半の露清国境の事例から, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年

last updated on 2017/7/1