研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 西岡 あかね
(NISHIOKA Akane)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/准教授
E-mail a-nishioka@tufs.ac.jp
取得学位 文学士(岡山大学)1994年
文学修士(東京大学)1996年
文学博士(ヒルデスハイム大学)2004年
専門分野(科研費分類) ヨーロッパ文学
研究キーワード ドイツ文学,比較文学
Germanistik, Komparatistik
自己紹介
最終学歴 1994年03月 岡山大学文学部文学科、独語独文専攻卒業
1996年03月 東京大学人文社会系研究科独語独文専攻修了
2002年03月 東京大学人文社会系研究科ドイツ語・ドイツ文学専攻単位取得満期退学
2004年06月 ヒルデスハイム大学大学院博士課程文化科学・芸術コミュニケーション学系ドイツ語・ドイツ文学修了
最近5年間の研究 ドイツ表現主義文学におけるパフォーマンス性と行動主義の関係
2011年8月から10月まで東京外国語大学、短期派遣プログラムEUROPAの枠内で、ベルリン州立図書館と芸術アカデミーのコレクション、及びマールバッハ・ドイツ文学文書館所蔵の資料収集・調査を行った。現在、派遣中に収集した資料の分析を行っており、今後その成果を発表する予定。

1920年代から30年代の日本における表現主義受容
本研究の目的に即し、当時の新聞・雑誌等における表現主義の批評や紹介、表現主義の文学作品の翻訳、翻訳劇の上演、更に、個別の作家の「表現主義的」(と銘打った、あるいはそう目されている)作品を研究対象として、表現主義というヨーロッパの芸術潮流が、どのような経緯で同時代の日本に移入され、その後どのように日本の文化的土壌で展開して行ったかを検証する。
所属学会 日本独文学会
日本比較文学会
受賞 日本独文学会賞(2008年06月)
ドイツ語・ドイツ文学振興会奨励賞(2006年06月)
主要研究業績 【論文】
  • Kultur von und für Menschen. Sakaguchi Angos Kulturtheorie, Kultur im Spiegel der Wissenschaft, 47--54, 2014年
  • Absolute Rezitationskunst? Zur Debatte über die Rezitationskunst um 1900, Transkulturalität. Identitäten in neuem Licht, 509--512, 2012年
  • 村山知義の初期戯曲における表現主義受容, 東京外国語大学論集, 81号, 229--241, 2010年
  • Georg Heym in Selbstdarstellung und literarischer Überlieferung. Über die Künstlerinszenierung im Frühexpressionismus, Hofmannsthal-Jahrbuch, 18巻, 197--234, 2009年
  • Wirklich eine Entgrenzung zwischen Kunst und Leben? Neopathetisches Cabaret und die historischen Avantgardebewegungen, ドイツ文学, 3巻5号, 135--148, 2004年
【著書】
  • 世界を食べよう!東京外国語大学の世界料理, 東京外国語大学出版会, 単行本(一般書), 分担執筆, 2015年
  • Kulturkontakte, Transkript Verlag, 単行本(学術書), 分担執筆, 2015年
  • Flucht und Rettung, Metropol, 単行本(学術書), 分担執筆, 2011年
  • Übersetzung – Transformation. Umformungsprozesse in/von Texten, Medien, Kulturen, Königshausen & Neumann, 単行本(学術書), 分担執筆, 2010年
  • Ästhetik Religion Säkularierung II, Wilhelm Fink, 単行本(学術書), 分担執筆, 2009年
  • Die Suche nach dem wirklichen Menschen. Zur Dekonstruktion des neuzeitlichen Subjekts in der Dichtung Georg Heyms, Königshausen & Neumann, 単行本(学術書), 単著, 2006年
【研究発表】
  • シンポジウム 第一次世界大戦後と日本モダニティの変容, 日本比較文学会第52回東京大会, 国内会議, 日本比較文学会東京支部, 口頭(一般), 二松学舎大学, 2014年
  • Proletkult in Deutschland und Japan, 文化の可読性とその境界:文化接触モデル, 国際会議, 学習院大学, 口頭(一般), 学習院大学, 2013年
  • Jüdisches Exil aus der japanischen Perspektive, Exil in Ostasien, 国内会議, ドイツ文化センター、学習院大学「東アジアにおける亡命」研究グループ, 口頭(一般), ドイツ文化センター、学習院大学, 2010年
【共同研究実施実績】
  • 全体主義体制下における演劇・映像を中心としたマスカルチャーとメディアの総合的研究, 国内共同研究, 早稲田大学演劇博物館, 2010年-2011年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(C) 20世紀ドイツ文学におけるスターリニズムの伝統の研究(2014年度)
  • 科学研究費 研究活動スタート支援 1920年から30年代の日本における表現主義受容(2009年度-2010年度)

last updated on 2015/12/1