研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 錦田 愛子
(NISHIKIDA Aiko)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
E-mail aikon@aa.tufs.ac.jp
取得学位 学士(法学)(東京大学)1999年
修士(法学)(東京大学)2001年
博士(文学)(総合研究大学院大学)2007年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介
主要研究業績 【論文】
  • 「第37章 シリア・レバノンのパレスチナ人―安全と未来を求めて」, 『パレスチナを知るための60章』, 2016年
  • 「第2章 パレスチナ・ディアスポラ―繰り返される移動」, 『パレスチナを知るための60章』, 2016年
  • 「オスロ合意と難民問題」, 『オスロ合意から20年――パレスチナ/イスラエルの変容と課題』, 39--55, 2015年
  • 「紛争とともに住むこと ―イスラエルとパレスチナの境界―」, 『<断>と<続>の中東─非境界的世界を游ぐ─』, 2015年
  • “Multidisciplinary Research on Cross-Border Arab Migration: A Comparison between Sweden and Jordan.”, Asia and Africa across Disciplinary and National Lines, Proceedings of the Papers., 65--70, 2015年
  • 「ハマースをめぐる政治とガザ戦争」, 『中東研究』, 522号, 86--95, 2015年
  • 「パレスチナ――ハマース否定が導いた政治的混乱」, 『「アラブの心臓」に何が起きているのか――現代中東の実像』, 2014年
  • 「ハマースの政権掌握と外交政策」, 『国際政治』, 177号, 98--112, 2014年
  • 「パレスチナ女性の語りに見る抵抗運動―ナショナリズム運動との関わり」, 『現代アジアの女性たち―グローバル化社会を生きる』, 2014年
  • Migration transfrontalière et citoyenneté – Migration palestinienne et formation de l’identité –, Culture(s), Création et Identités: Un Regard Anthropologique pluriel. Actes du Colloque international de La Réunion, les 21 et 22 novembre 2012., 299--323, 2014年
  • 「中東和平交渉の再開とパレスチナ難民の未来」, Synodos, 2013年
  • 「政権に翻弄されるパレスチナ人―レバノンとシリアの政情と居住環境―」, 『シリア・レバノンを知るための67章』, 206--211, 2013年
  • 「マテ茶を飲む人々―「シリアの花嫁」の舞台、ゴラン高原―」, 『シリア・レバノンを知るための67章』, 222--227, 2013年
  • 「パレスチナ問題とアラブ―「アラブの大義」と板挟みの苦しみ―」, 『現代アラブを知るための56章』, 183--186, 2013年
  • 「パレスチナ人―離散が招いたアイデンティティの多様性―」, 『現代アラブを知るための56章』, 257--260, 2013年
  • Palestinian Migration under the Occupation: Influence of Israeli democracy and Stratified citizenship, Sociology Study, 3巻4号, 247--260, 2013年
  • 【パレスチナ】終わらない現実としてのパレスチナ, 地域研究, 13巻2号, 410--415, 2013年
  • 変える中から学ぶ ~紛争地パレスチナ/イスラエルでのフィールドワーク, フィールドプラス, 9号, 14--15, 2013年
  • パレスチナ人のグローバルな移動とナショナリズム―「中心」を相対化する「周辺」の日常実践―, グローバリゼーションズ--人類学、歴史学、地域研究の現場から, 91--118, 2012年
  • Portrayed Others in Israeli and Palestinian cinemas – Metaphorical power politics of exclusion and identification, Proceedings of the Papers ‘Making a Difference: Representing/Constructing the Other in Asian /African Media, Cinema and Languages,’ Consortium for Asian and African Studies (CAAS) 3rd International Conference, 51--60, 2012年
  • パレスチナにおける抵抗運動の変容, 中東政治学, 155--169, 2012年
  • パレスチナにおける社会運動とインターネット利用 ――二〇一一年「アラブの春」とフェイスブック上での抗議運動の展開――, 地域研究, 12巻1号, 174--187, 2012年
  • 並存するナショナル・アイデンティティ ─離散パレスチナ人によるパスポート、通行証の選択的取得をめぐって─, 越境とアイデンティフィケーション―国籍・パスポート・IDカード―, 197--226, 2012年
  • パレスチナ/イスラエル 一国家案の再考~国家像をめぐる議論の展開とシティズンシップ~, 経済志林, 79巻4号, 39--64, 2012年
  • 報告 1 政変と紛争における社会的弱者と情報ネットワーク パネル3:越境する人と情報,第2セッション, 中東から変わる世界--地域研究コンソーシアム「地域の知」シンポジウム報告書, 93--97, 2011年
  • 質疑応答 パネル3:越境する人と情報,第2セッション, 中東から変わる世界--地域研究コンソーシアム「地域の知」シンポジウム報告書, 104--108, 2011年
  • ヨルダン・ハーシム王国におけるアラブ大変動の影響:内政と外交にかかわる政治・社会構造および直面する課題, <アラブ大変動>を読む:民衆革命のゆくえ, 159--182, 2011年
  • レバノン政治とパレスチナ人の就労問題 ―2010年の法規制緩和と帰化をめぐる議論, 中東研究, 510号, 91--100, 2011年
  • 「ヨルダン川流域諸国における水資源と紛争―パレスチナ自治区を中心とした水資源の共有と開発について―」, 『中東動向分析』, 10巻5号, 1--15, 2011年
  • 博士論文英文要旨 NISHIKIDA Aiko/錦田愛子 Diaspora and Watan: The Identity and Nationalism of Palestinians in Jordan (in Japanese), School of Cultural and Social Studies, the Graduate University for Advanced Studies, 2007., 日本中東学会年報『AJAMES』, 26-1号, 281--286, 2010年
  • 「パレスチナ人であるという選択 ―アイデンティティと国籍、市民権をめぐる可能性」, 〈鏡〉としてのパレスチナ ―ナクバから同時代を問う, 212--238, 2010年
【著書】
  • 『移民/難民のシティズンシップ』, 有信堂高文社, 単行本(学術書), 編著, 2016年
  • ディアスポラのパレスチナ人―「故郷(ワタン)」とナショナル・アイデンティティ, 有信堂高文社, 単行本(学術書), 単著, 2010年
【総説・解説記事】
  • 「領土/失われた領土と国民形成」, 『世界民族百科事典』, 丸善出版, 総説・解説(商業誌), 単著, 2014年
  • 「ディアスポラとパレスチナ刺繍」, 『世界民族百科事典』, 丸善出版, 総説・解説(商業誌), 単著, 2014年
  • みんぱくワールドシネマ: 少数派の苦悩, 社会科のめざすもの, 日本文教出版, 総説・解説(その他), 単著, 2011年
【研究発表】
  • 「中東世界の現状と課題―イスラム地域の実態とシリア紛争・難民危機―」, 銀青会 2015年度公開講座, 国内会議, 銀青会(亜細亜大学), 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 亜細亜大学 講義室, 2016年
  • 「パレスチナ・ガザ地区の女性が担うNGO活動」, 東京外国語大学連携講座「暮らしの空間と女性」, 国内会議, 府中市生涯学習センター, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 府中市生涯学習センター 研修室, 2016年
  • The Choice to Move: Palestinian refugees' migration to European countries., International Symposium “Middle-Eastern Migration/Refugees and European Integration from Eurasian viewpoint”, 国際会議, SRC, Hokkaido University, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 北海道大学, 2015年
  • Stability of Jordanian Monarchy – Factors for King’s Authority., International workshop, “Basis of the Survival of Arab Monarchies”, 国際会議, IDE-JETRO and CRES (Centre de recherches sur les questions ecomonomiques et sociales), 口頭(一般), the Heinrich BöllStiftung, Rabat, Morocco, 2015年
  • Japanese foreign policy to the Middle East: The current policy toward Palestinian-Israeli conflict., International Symposium “China-Japan-Korea Relations with the Middle East”, 国際会議, Shanghai International Studies University, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), SISU International Conference Center, Shanghai International Studies University, 2015年
  • 「見えない境界をめぐるパレスチナとイスラエルの攻防―国家承認、エルサレム、和平分割案―」, 地域研究コンソーシアム 年次集会一般公開シンポジウム「境界境域への挑戦と『地域』」, 国内会議, 地域研究コンソーシアム, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2015年
  • 「再難民化する難民たち―中東から北欧を目指すアラブ系住民の移動」, 日本政治学会2015年度研究大会, 国内会議, 日本政治学会, 口頭(一般), 千葉大学, 2015年
  • 「紛争下での安全保障と政治―ガザ戦争後のパレスチナ/イスラエルの攻防」, 第10回四大学連合文化講演会“環境・社会・人間における「安全・安心」を探る―安全で安心の出来る社会 ~学術研究の最前線をやさしく解説する~”, 国内会議, 四大学連合, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 東京医科歯科大学, 2015年
  • Division and Connection by Islamic Insurgent groups- from cases of Hamas and Islamic State, AA研 共同利用・共同研究課題「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)」共同研究会, 国際会議, AA研 共同利用・共同研究課題「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)」, 口頭(一般), Hotel Meridien Kota Kinabalu, Malysia, 2015年
  • Restricted Coexistence among Palestinians and Israelis of different Citizenship, AA研 共同利用・共同研究課題「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」共同研究会, 国際会議, AA研 共同利用・共同研究課題「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」, 口頭(一般), Japan Center for Middle Eastern Studies (JaCMES), Beirut, Lebanon, 2015年
  • 「スウェーデンの難民受け入れ政策とアラブ系移民/難民」, AA研 共同利用・共同研究課題「シティズンシップと政治参加」2015年度第1回研究会, 国内会議, AA研 共同利用・共同研究課題「シティズンシップと政治参加」, 口頭(一般), 名城大学名駅サテライト, 2015年
  • 「ガザ戦争1周年―その後のイスラエル」, 土井敏邦 パレスチナ・記録の会,「ガザは今、どうなっているのか―ガザ攻撃1周年・映画とシンポジウムの集い」, 国内会議, 土井敏邦 パレスチナ・記録の会, 口頭(招待・特別), 東京大学経済学研究科棟第一教室, 2015年
  • 「パレスチナ建国をめぐる闘い―今なぜ「国家」なのか」, 合同研究会「アラブ系移民/難民の越境移動に関する経験と意識の計量分析」, 国内会議, 科研費基盤B(研究代表者:錦田愛子)・科研費基盤B(研究代表者:濱中新吾), 口頭(一般), 山形大学基盤教育1号館, 2015年
  • Arab migrants-refugees from Swedish foreign policy’s perspective., A two-day symposium sponsored by the Institute of Arab and Islamic Studies, “Researching the Middle East: Fieldwork, Archives, Issues, and Ethics.” , 国際会議, the Institute of Arab and Islamic Studies, Exeter University, 口頭(一般), Exeter University, 2015年
  • 「激動する中東―パレスチナ駐在員とアラビストが語るアラブのいま」, 日本国際ボランティアセンター(JVC)・アーユス共催イベント「激動する中東~パレスチナ駐在員とアラビストが語るアラブのいま」, 国内会議, 日本国際ボランティアセンター(JVC)・アーユス, 口頭(招待・特別), 常圓寺 祖師堂地下ホール, 2015年
  • 「ガザ戦争後のパレスチナ―長びく紛争に翻弄される人々」, 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター公開講座「動乱のユーラシア:燃え上がる紛争、揺れ動く政治経済」, 国内会議, 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟, 2015年
  • 「パレスチナ人の移動とアイデンティティ―「国なき民」の抱くナショナリズム」, ワークショップ『〈間にあるもの〉の現代史―ロシア・中東・東アジアにおける仲介人と境界人』, 国内会議, 埼玉大学, 口頭(一般), 埼玉大学東京ステーションカレッジ, 2015年
  • 「ガザ情勢とパレスチナの政治変動」, 第5回情勢分析報告会, 国内会議, 一般財団法人日本エネルギー経済研究所・中東研究センター, 口頭(招待・特別), 経団連会館ダイアモンド・ルーム, 2014年
  • Multidisciplinary Research on Cross-border Arab Migration: A Comparion between Sweden and Jordan, 5th Annual Conference for the Consortium for African and Asian Studies –CAAS “Asia and Africa across Disciplinary and National Lines.”, 国際会議, Consortium for African and Asian Studies, 口頭(一般), Columbia University, New York, 2014年
  • 「ガザに暮らすパレスチナ女性の歩み」, ・ 平和・人権学習講座「パレスチナの人びとに学ぶ平和の創りかた」, 国内会議, 板橋区立大原社会教育会館, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 板橋地域センター, 2014年
  • “Coexistence and Citizenship for the Palestinians in Jerusalem” , 共同研究プロジェクト「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存(Human Mobility and Multi-ethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies)」II Project meeting, 国際会議, AA研共同研究プロジェクト「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存(Human Mobility and Multi-ethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies)」II, 口頭(一般), JaCMES, Beirut, Lebanon, 2014年
  • 「調査地での資料散策」, 情報検索リテラシーセミナー, 国内会議, 公益財団法人東洋文庫, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 公益財団法人東洋文庫, 2014年
  • 「ハマースをめぐる政治とガザ情勢」, 中東情勢研究会2014年度第2回会合, 国内会議, 公益財団法人 中東調査会, 口頭(招待・特別), 中東調査会, 2014年
  • 「パレスチナ難民の政治参加―周辺アラブ諸国におけるシティズンシップの問題」, 共同利用・共同研究課題「シティズンシップと政治参加」2014年度第1回研究会, 国内会議, AA研共同利用・共同研究課題「シティズンシップと政治参加」, 口頭(一般), AA研, 2014年
  • 「パレスチナ女性のあゆみ~レバノンのパレスチナ難民として生きる」, 板橋区フィルムフォーラム, 国内会議, 板橋区立大原社会教育会館, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 板橋地域センター・レクリエーションホール, 2014年
  • 「パレスチナ難民の終わらない移動」, 中東理解セミナー「中東における人口移動の政治・経済・地理」, 国内会議, 科学研究費補助金(基盤研究B,研究代表者:松尾昌樹・若手研究A,研究代表者:錦田愛子), 口頭(一般), 宇都宮大学地域連携教育研究センター A 講義室, 2014年
  • パレスチナ政治とイスラーム政党ハマース, 府中市市民講座「中東・アフリカのイスラーム ―歴史と現在」連携講座, 国内会議, 府中市生涯学習センター, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 府中市生涯学習センター, 2014年
  • The Politics of Partition in the British Mandate for Palestine., NIHU Program for Islamic Area Studies Fourth International Conference “New Horizons in Islamic Area Studies – Encounters, Reflections, and Collaborations” , 国際会議, NIHU Program for Islamic Area Studies, Lahore University of Management Sciences, 口頭(一般), Lahore University of Management Sciences, Lahore, Pakistan, 2013年
  • 「アラブ政変とヨルダンのムスリム同胞団」, 上智大学拠点研究会『「アラブの春」と政教関係』, 国内会議, イスラーム地域研究プログラム・上智大学拠点・研究グループ1, 口頭(一般), 会津若松ハイマート・ホテル, 2013年
  • 「政治に翻弄される身分証明―パレスチナ・レバノン間の国境線と人の帰属の変更―」, 国立民族学博物館共同研究会「人の移動と身分証明の人類学」研究会, 国内会議, 国立民族学博物館共同研究会「人の移動と身分証明の人類学」, 口頭(一般), 国立民族学博物館, 2013年
  • イスラエル側から見たオスロ合意, オスロ合意20周年記念・映画とシンポジウムの集い「激動する中東情勢・パレスチナはどうなっていくのか」, 国内会議, 土井敏邦 パレスチナ記録の会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 明治大学リバティタワー6階1063教室, 2013年
  • 近隣諸国に住むパレスチナ難民の実情, シンポジウム「「難民」と「入植者」―イスラエル・パレスチナのアポリア」, 国際会議, 日本・パレスチナ・イスラエル学生会議, 口頭(招待・特別), NPO推進センター・高田馬場, 2013年
  • API and Japan’s policy toward the Middle East. , International meeting on the operationalization of the Arab Peace Initiative “Time for the Operationalization of the API”, 国際会議, The Center for Democracy and Community Development and Negev Institute for Strategies of Peace and Development, 口頭(招待・特別), Days-Inn Hotel: Amman, Jordan, 2013年
  • 「パレスチナ難民の現在―終わらない紛争の構造と人々―」, 科学研究費補助金合同研究会「中東地域研究における世論調査―パレスチナ調査を中心にー」, 国際会議, 科学研究費補助金(基盤研究B,研究代表者:濱中新吾・若手研究A,研究代表者:錦田愛子), 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 山形大学小白川キャンパス, 2013年
  • 「パレスチナ/イスラエルにおける研究と政治―紛争下のフィールドワークとポジショ ナリティ―」, AA研第12回フィールドサイエンス・コロキアム「紛争状況下における/のフィールドワーク:人類学・地域研究の現場から」, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2013年
  • 「レバノン在住パレスチナ人にみられる越境移動と政治意識―2012年世論調査に基づく比較分析―」, 日本中東学会 第29回年次大会, 国内会議, 日本中東学会, 口頭(一般), 大阪大学, 2013年
  • The Desire of the Refugees and the future state of Palestine, IALIIS conference “Between dependence and independence: What future for Palestine?”, 国際会議, The Ibrahim Abu-Lughod Institute of International Studies, Birzeit University, 口頭(招待・特別), he Ibrahim Abu-Lughod Institute of International Studies, Birzeit University, 2013年
  • パレスチナにおける抵抗運動の変容 ―第一次および第二次インティファーダにおける政治指導部と動員形態, 京都大学地域研究統合情報センター(CIAS)「地域研究における情報資源の共有化とネットワーク形成による異分野融合型方法論の構築」研究会, 国内会議, NIHUプログラム・イスラーム地域研究・東京大学拠点パレスチナ研究班, 口頭(一般), 東京大学東洋文化研究所大会議室, 2013年
  • Regional Stability and Palestinian state, International Symposium “The Crisis of Stability in the Middle East”, 国際会議, 東京外国語大学MEIS, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2013年
  • イスラエル調査報告―不可視な境界とそれを超えようとする人々―, 国立民族学博物館共同研究会「非境界型世界の研究―中東的な人間関係のしくみ」, 国内会議, 国立民族学博物館, 口頭(一般), 国立民族学博物館, 2013年
  • 難民:離散65年後のパレスチナ, 公開ワークショップ「難民ってなんだろう─アジア・アフリカの国からはみだした人々」, 国内会議, TUFS, 静岡県立大学, 口頭(一般), 静岡県コンベンションアーツセンター, 2013年
  • パレスチナをめぐる国家形成の諸相 ―比較の視点から国家論―, AA研特別フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • Transborder Migration and Citizenship: Palestinian migration and their Identity formation, Colloque international «Explorations anthropologiques sous les perspectives micro/macro», 国際会議, TUFS & Université Réunion, 口頭(一般), l'Ecole Supérieure d'Art de la Réunion., 2012年
  • 地域研究における総合的アプローチの可能性―パレスチナ人越境移動をめぐる質的調査と量的調査の相互補完―, 科学研究費補助金(基盤B,研究代表者:青山弘之)「東アラブ地域の非公的政治主体に関する総合的研究:「アラブの春」をめぐる政治変動を中心に」研究会, 国内会議, 科学研究費補助金(基盤B,研究代表者:青山弘之), 口頭(一般), 東京外国語大学青山弘之研究室, 2012年
  • イスラエル/パレスチナで相互理解を問う ―紛争地における研究とコミットメント, 2012年度中東☆イスラーム教育セミナー, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • 越境とシティズンシップ:パレスチナ人の移動とアイデンティティ形成, 基幹人類学班第15回公開セミナー, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,基幹研究「人類学におけるミクロ-マクロ系の連関」, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • Palestinian Migration under the occupation: Comparative study about the residents of the West Bank, Gaza Strip and East Jerusalem., 12th International Conference: “Migration and Democracy”, 国際会議, Centre de Documentation sur les Migrations Humaines,, 口頭(一般), Rathaus der Stadt Düdelingen, Salle Nicolas Birtz. Dudelange/Luxembourg, , 2012年
  • 『和平』をどう捉えるか-イスラエル/パレスチナ紛争における言説の錯綜, パレスチナ/イスラエルに関する基本的な視点について議論するための研究会, 国内会議, イスラーム地域研究東京大学拠点主催・京都大学地域研究統合情報センター地域研究方法論プロジェクト共催, 口頭(一般), 東洋文化研究所, 2012年
  • Palestinians in Diaspora: Their Identity and Nationalism in Jordan., Brain Storming session, 国際会議, The Ibrahim Abu-Lughod Institute of International Studies (IALIIS) , Birzeit University, 口頭(招待・特別), The Ibrahim Abu-Lughod Institute of International Studies (IALIIS) , Birzeit University, 2012年
  • Portrayed Others in Israeli and Palestinian Cinemas – Metaphorical Power Politics of exclusion and identification, Annual Conference for the Consortium for African and Asian Studies, 国際会議, the Consortium for African and Asian Studies, 口頭(一般), University of London, School of Oriental and African Studies., 2012年
  • Contention over Public use of Space in the Central Jerusalem – The Mamilla cemetery and construction of the “Museum of Tolerance, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,共同研究プロジェクト「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」共同研究会, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • パレスチナ・イスラエルの現状と今後の展望, 中東情勢研究会, 国内会議, 国際情勢研究所, 口頭(招待・特別), 国際情勢研究所, 2011年
  • つながる難民・移民と国際移動―パレスチナ人における対面的ネットワークの働き, 国立民族学博物館共同研究会「非境界型世界の研究―中東的な人間関係のしくみ」, 国内会議, 国立民族学博物館, 口頭(一般), 国立民族学博物館, 2011年
  • アラブ民主化の波へのパレスチナ側とイスラエル側の反応, シンポジウム「アラブ民主化の波でパレスチナはどう変わるのか」, 国内会議, 土井敏邦 パレスチナ記録の会, 口頭(招待・特別), 明治大学, 2011年
  • 政変と紛争における社会的弱者と情報ネットワーク, 地域研究コンソーシアム「地域の知」シンポジウム『中東から変わる世界』, 国内会議, 地域研究コンソーシアム(JCAS),京都大学地域研究統合情報センター, 口頭(招待・特別), 京都大学, 2011年
  • 無国籍のパレスチナ人 ―難民・避難民をめぐる法的地位の不安定, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,共同研究プロジェクト「移民/難民のシティズンシップ―国家からの包摂と排除をめぐる制度と実践―」共同研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • Civil Rights and Naturalization for Palestinians in Lebanon – From Amendments of Labour Law in 2010, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,共同研究プロジェクト「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」共同研究会, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • 第一次インティファーダにおけるパレスチナ指導部の動態とエリート・大衆関係, 日本国際政治学会 2010年度研究大会「分科会D-2,中東I「中東和平とパレスチナ政治の動態」」, 国際会議, 日本国際政治学会, 口頭(一般), 札幌コンベンションセンター, 2010年
  • パレスチナ研究をめぐる可能性 ―研究の帯びる政治性と意義の位置付け, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,2010年度教育セミナー, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
  • Possibility of Coexistence for Palestinians in the Sectarian Society - the cases from Lebanon and Israel, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,共同研究プロジェクト「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」共同研究会, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」, 口頭(一般), JaCMES, 2010年
  • Abnā’ Ghazza” and the Jordanian policy on citizenship, WOCMES (World Congress for Middle Eastern Studies), The most important world event on Middle Eastern Studies, Scientific Program: Nationality / Identities and Ethnicity, Panel ‘Citizenship in the Arab World: A Rooting and Evolving Concept? – II’, 国際会議, WOCMES (World Congress for Middle Eastern Studies), 口頭(一般), Universitat Autònoma de Barcelona, Spain, 2010年
  • 人の国際移動とアイデンティティ、文化表象―ヨルダン、レバノンにおける離散パレスチナ人の事例より―, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
  • パレスチナ・ディアスポラ ―移動のグローバル化とナショナル・アイデンティティ―, 共同研究プロジェクト「アジア・アフリカ地域におけるグローバル化の多元性に関する人類学的研究」共同研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(B) アラブ系移民/難民の越境移動をめぐる動態と意識:中東と欧州における比較研究(2014年度)
  • 科学研究費 若手研究(A) パレスチナ人の越境移動をめぐる意識と動態の総合的アプローチによる研究(2011年度-2013年度)
  • 科学研究費 若手研究(B) 中東諸国におけるパレスチナ難民の帰化に関する研究(2008年度-2010年度)
  • 科学研究費 研究成果公開促進費・学術図書 ディアスポラのパレスチナ人(2009年度)

last updated on 2016/4/7