研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 中山 俊秀
(NAKAYAMA Toshihide)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
取得学位 修士(言語学)(カンザス大学)1990年
博士(言語学)(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)1997年
専門分野(科研費分類) 言語学
研究キーワード
自己紹介
最終学歴 1986年3月 東京外国語大学外国語学部卒業
1990年7月 カンザス大学言語学研究科修了
1997年8月 カリフォルニア大学サンタバーバラ校言語学研究科修了
所属学会 アメリカ言語学会
日本言語学会
言語類型論学会
主要研究業績 【論文】
  • Nuuchahnulth (Nootka), How Languages Work, 441--462, 2014年
  • Having a shinshii/shiishii 'master' around makes you speak Japanese!: Inadvertent contextualization in gathering Ikema data, Responses to Language Endangerment. In honor of Mickey Noonan. New Directions in Language Documentation and Language Revitalization, 141--156, 2013年
  • ヌートカ語の節連結:形式と用法, コーパスに基づく言語学教育研究報告7『フィールド調査、言語コーパス、言語情報学III』, 347--366, 2011年
  • 動的体系としての文法に迫る—文法研究のこれからの形—, 日本語学, 30巻6号, 34--44, 2011年
  • 新時代の記述言語学 <下> —ありのままの言語学, 月刊『言語』 , 38巻8号, 68--75, 2009年
  • 新時代の記述言語学 <上> —つながる言語記録にむけて, 月刊『言語』 , 38巻7号, 66--73, 2009年
  • ヌートカ語, 事典 世界のことば 141, 568--571, 2009年
  • 品詞分類の悩み, 月刊『言語』 , 37巻6号, 100--101, 2008年
  • A Survey of Polysynthetic Word Formation in Nuuchahnulth., Linguistic Typology of the North, 1巻, 59--71, 2008年
  • 記述の現場から見た形態論, 月刊『言語』 , 36巻7号, 34--41, 2007年
  • Using written records to revitalize North American languages, The Vanishing Languages of the Pacific Rim, 91--106, 2007年
  • 『地中に引っ張り込まれた女の子』-ヌートカ語アハウザット方言テキスト, 環北太平洋の言語, 13号, 1--144, 2006年
  • ヌートカ語における複統合的語形成の分布と機能, 記述研究から明らかになる文法の諸問題, 127--143, 2005年
  • Argument Structure in Discourse- Argument Choice in Possessive Constructions in Nuuchahnulth -, Corpus-Based Approaches to Sentence Structures, 15--31, 2005年
  • 犬になった酋長-ヌートカ語アハウザット方言テキスト, 環北太平洋の言語, 11号, 17--34, 2004年
  • How can we capture the internal logic of a language?, Lectures on Endangered Languages 4: From ELPR Kyoto Conference 2001, 75--81, 2004年
  • Grammatical analysis situated in the structural environment: The case of the perspective-shifting construction in Nootka, Languages of the North Pacific Rim, volume 9, 17--33, 2004年
  • ヌートカ語における複統合性について: 語彙的接尾辞の用法から, 『環北太平洋の言語』, 11号, 1--16, 2004年
  • The problem of the Lexical Category distinction in Nootka., アジア・アフリカ文法研究, 32巻, 17--32, 2004年
  • Manipulation of Argument Structure: A Case of “Possessor Raising” in Nuuchahnulth., Recent Studies in Empirical Approaches to Language (Santa Barbara Papers in Linguistics, vol.12), 12巻, 85--101, 2003年
  • Lexical suffixes in Nuu-chah-nulth: An overview, Languages of the North Pacific Rim, volume 5, 19--41, 2000年
  • Function of the Nootka(Nuu-chah-nulth) 'passive suffix', International Journal of American Linguistics, 63巻3号, 412--431, 1997年
  • Perspective-shifting suffix in Nootka, Languages of the North Pacific Rim, volume 2, 31--45, 1997年
  • Japanese kedo: discourse genre and grammaticization, Japanese/Korean Linguistics 6, 607--618, 1997年
  • Discourse perspective for the core-oblique distinction in Japanese, Santa Barbara Papers in Linguistics 5, 158--177, 1994年
  • Phrasal suffixation in Nootka, Languages of the North Pacific Rim, 263--272, 1993年
  • Grammaticization of viewpoint: a study of Japanese deictic supporting verbs, Santa Barbara Papers in Linguistics 3, 94--105, 1991年
  • On the Japanese passive construction, Proceedings of the 24th Mid-America Linguistics Conference, 1989年
【著書】
  • Grammatical Sketches from the Field 2, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 共編著, 2014年
  • The Art and Practice of Grammar Writing, University of Hawai'i Press, 単行本(学術書), 共編著, 2014年
  • 文法を描く-フィールドワーク基づく諸言語の文法スケッチ・2, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 共編著, 2007年
  • 文法を描く-フィールドワーク基づく諸言語の文法スケッチ・1, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • 記述的研究から明らかになる文法の諸問題, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • Recent Studies in Empirical Approaches to Language, Department of Linguistics, University of California Santa Barbara, 単行本(学術書), 共編著, 2003年
  • Caroline Little's Nuu-chah-nulth (Ahousaht) Texts with Grammatical Analysis, Faculty of Informatics, Osaka Gakuin University, 単行本(学術書), 単著, 2003年
  • George Louie's Nuu-chah-nulth (Ahousaht) Texts with Grammatical Analysis, Faculty of Informatics, Osaka Gakuin University, 単行本(学術書), 単著, 2003年
  • Nuu-chah-nulth (Nootka) Morphosyntax, University of California Press, 単行本(学術書), 単著, 2001年
【総説・解説記事】
  • 負ける体験としてのフィールドワーク, 西井凉子編『人はみなフィールドワーカーである:人文学のフィールドワークのすすめ』, 東京外国語大学出版会, 総説・解説(商業誌), 単著, 2014年
  • ヌートカ語, 梶茂樹、中島由美、林徹編 『事典 世界のことば141』, 大修館, 総説・解説(その他), 単著, 2009年
  • フィールドワークで何がみつかるか, Field+, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 総説・解説(その他), 単著, 2009年
  • 松本克己著『世界言語への視座』, 月刊言語, 大修館, 書評,文献紹介等, 単著, 2007年
  • デイビッド・クリスタル著,斉藤兆史・三谷裕美訳『消滅する言語:人類の知的遺産を以下に守るか』, 日経サイエンス, 日経サイエンス, 書評,文献紹介等, 単著, 2005年
  • 意外との出会い―ヌートカ語, 津曲敏郎編 『北のことばフィールド・ノート [18の言語と文化]』, 北海道大学図書刊行会, 総説・解説(商業誌), 単著, 2003年
  • 消滅する言語, 日経サイエンス, 日経サイエンス, 総説・解説(商業誌), 単著, 2002年
  • アメリカ原住民の絵文字, 河野六郎・千野栄一・西田龍雄編 『言語学大辞典 世界文字辞典』, 三省堂, 総説・解説(その他), 共著, 2001年
  • 意外性との出会い―ヌートカ語, Arctic Circle, 北海道立北方民族博物館, 総説・解説(大学・研究所紀要), 単著, 1999年
  • ニティナト語, 亀井孝・河野六郎・千野栄一編著 『言語学大辞典 第5巻 世界言語編補遺編』 , 三省堂, 総説・解説(その他), 単著, 1993年
【研究発表】
  • 伝え合いの英会話−文を作ることから気持ちを伝えるコミュニケーションへ, 招待講演会, 国内会議, 布池外語専門学校, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 布池外語専門学校, 2016年
  • Observations on revitalization in Nuuchahnulth and Miyako communities, Documentary Linguistics: Asian Perspectives, 国際会議, Department of Linguistics, Hong Kong University, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), Hong Kong University, 2016年
  • 話しことばが新たに拓く文法研究を考える, ことば・認知・インタラクション4, 国内会議, 科研費基盤研究「発話連鎖アノテーションに基づく対話過程のモデル化」, 口頭(招待・特別), 東京工科大学, 2016年
  • Noun Phrases in Discourse: Why and how might they be interesting, International Symposium on the Noun Phrase as Units of Linguistic Structure and Interaction, 国際会議, JSPS-Academy of Finland Bilateral Joint Research Project, 口頭(一般), Keio University, 2016年
  • Noun Phrases in Nuuchahnulth: Their place in grammar and discourse, International Symposium on the Noun Phrase as Units of Linguistic Structure and Interaction, 国際会議, JSPS-Academy of Finland Bilateral Joint Research Project, 口頭(一般), Keio University, 2016年
  • 複雑系としての言語の特性, 情報資源利用研究センターワークショップ「複雑系としての社会システム研究の可能性を考える」, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所情報資源利用研究センター, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年
  • データと理論:データあっての理論か、理論あってのデータか, フィールドサイエンスコロキアム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所フィールドサイエンス研究企画センター, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2015年
  • Fixedness and unithood in Miyako and Japanese conversation: An exploration into the emergence of structure and interaction, 第14回国際語用論学会, 国際会議, International Pragmatics Association, 口頭(一般), Antwerp, Belgium, 2015年
  • 言語構造の柔らかさはどこからくるか:「語」というドメインを中心に, 学術交流研究シンポジウム「やりとりの言語学―場から生まれることば―」, 国際会議, 日本女子大学, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本女子大学, 2015年
  • ここでも「解放」が必要―琉球宮古語動詞の基本形―, 学術交流研究シンポジウム「やりとりの言語学―場から生まれることば―」, 国際会議, 日本女子大学, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本女子大学, 2015年
  • 話しことばの言語学のこれまでとこれから:話しことばから文法を考える, 第10回話しことばの言語学ワークショップ, 国内会議, 第10回話しことばの言語学ワークショップ, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2015年
  • Mismatch between theory and practice: Problem of determining base forms for Miyako verb, 4th International Conference on Language Documentation and Conservation, 国際会議, University of Hawai'i, Manoa, 口頭(一般), University of Hawai'i, Manoa, 2015年
  • An exploration of grammatical tightness: some observations from Nuuchahnulth narrative data, International Workshop on Tight and Loose Grammar, 国際会議, Linguistic Dynamics Science Project, ILCAA, Tokyo U of Foreign Studies, 口頭(一般), ILCAA, Tokyo U of Foreign Studies, 2014年
  • 文法とコミュニケーションの怪しい体系性—ありのままの言語研究の挑戦, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所創立50周年記念シンポジウム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 一橋講堂, 2014年
  • Rethinking the notion of 'units' in linguistic description and theory, Workshop on Intransitivizing Morphology in Japanese Dialects, 国際会議, Language Variation and Change Network, 口頭(招待・特別), Kyushu University, 2014年
  • 言語使用の中で文法を考える—言語の構造的単位に注目して—, 九州大学言語学研究会, 国内会議, 九州大学文学部・大学院人文科学府言語学研究室, 口頭(招待・特別), 九州大学, 2014年
  • Toward an Organic View of Unit, International Workshop on Matches and Mismatches of Units in Interaction, 国際会議, University of Helsinki, 口頭(一般), University of Helsinki, 2014年
  • “Mismatches” and unithood in Japanese, International Workshop on Matches and Mismatches of Units in Interaction, 国際会議, University of Helsinki, 口頭(一般), University of Helsinki, 2014年
  • 危機言語時代の言語調査―なにをどのように記録すべきか, 国立国語研究所 時空間変異研究系 合同研究発表会, 国内会議, 国立国語研究所, 口頭(招待・特別), 国立国語研究所, 2014年
  • The role of polysynthesis in Nuuchahnulth morphosyntactic structure, International Symposium on Polysynthesis in the World’s Languages, 国際会議, National Institute for Japanese Language and Linguistics, 口頭(招待・特別), National Institute for Japanese Language and Linguistics, Tokyo, 2014年
  • Toward Understanding Grammar through Conversation, Annual Meeting of the Linguistic Society of America, Tutorial: Documenting Conversation, 国際会議, Linguistic Society of America, 口頭(一般), Minneapolis, MN, USA, 2014年
  • 北米北西海岸諸語の基礎語彙調査, フィールド言語学ワークショップ, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2013年
  • Linguistic knowledge from everyday talk , 話し言葉の言語学ワークショップ第7回研究会, 国内会議, 話しことばの言語学運営委員会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 慶應義塾大学, 2013年
  • Problems of ‘units’ in describing Nuuchahnulth syntax, International Workshop on Linguistic and Interactional Units in Everyday Speech: Cross-Linguistic Perspective, 国際会議, Department of East Asian Studies, University of Alberta, 口頭(一般), University of Alberta, 2013年
  • テキストを使った方言研究から見えてくること-危機方言の調査と記述, 日本語学会春季大会・ワークショップ「自然談話が切り拓く方言研究-自然談話を基盤とすることにより文法研究をどのように発展させられるか」, 国内会議, 日本語学会, 口頭(一般), 大阪大学, 2013年
  • Language documentation when the community is not 'in the mood', Third International Conference on Language Documentation and Conservation, 国際会議, Department of Linguistics, University of Hawai'i, Manoa, 口頭(一般), University of Hawai'i, Manoa, 2013年
  • 言語の単位について考える, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • Issues on 'units' in language communication and linguistic structure, 話し言葉の言語学ワークショップ第5回研究会, 国際会議, 話しことばの言語学運営委員会, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • Problems of units in descriptive linguistics, 話し言葉の言語学ワークショップ第5回研究会, 国際会議, 話しことばの言語学運営委員会, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • 生きている言語を捉える挑戦:言語研究のパラダイム転換に向けて, 第9回知の拠点セミナー, 国内会議, 国立大学共同利用・共同研究拠点協議会, 口頭(一般), 京都大学東京オフィス, 2012年
  • Inadvertent contextualization: Japanese speaking space in gathering Ikema data, 26th UWM Linguistics Symposium: Language Death, Endangerment, Documentation and Revitalization., 国際会議, University of Wisconsin, 口頭(一般), University of Wisconsin, 2011年
  • Language Documentation in Japan and the Role of Linguistic Dynamics Research Project, 17th Himalayan Languages Symposium, 国際会議, 神戸市立大学, 口頭(一般), 神戸市立大学, 2011年
  • Role of Pragmatic Factors in Shaping Clause Combining in Nuuchahnulth, International Workshop on Cross-linguistic Studies on Clause Combining, 国際会議, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 口頭(一般), Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 2010年
  • コンテクストを意識した記述研究, 第4回琉球語ワークショップ, 国内会議, 琉球諸語記述研究会, 口頭(一般), 琉球大学, 2010年
  • 共同研究でつながり、共同研究をつなげる, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
  • 項構造の悩ましさ, 第2回動詞項構造研究会, 国内会議, 名古屋大学, 口頭(一般), 名古屋大学, 2010年
  • つながる言語記録研究へ, 第2回琉球継承言語研究に関するワークショップ, 国内会議, 下地理則 & P. ハインリッヒ, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
  • Fieldling: An intiative toward the brighter future of field linguistics in Japan., 3rd International Conference on Field Linguistics, 国際会議, Institute of Linguistics, Russian Academic of Science, 口頭(一般), Institute of Linguistics, Russian Academic of Science, 2009年
  • Grammaticization and pragmatic motivations in clause combining: a case study in Nuuchahnulth., 11th International Pragmatics Conference, 国際会議, International Pragmatics Association, 口頭(一般), University of Melbourne, 2009年
  • Initiative for building an infrastructure in support of language documentation, First International Conference on Language Documentation and Conservation., 国際会議, Department of Linguistics, University of Hawai'i, Manoa, 口頭(一般), University of Hawai'i, Manoa, 2009年
  • 言語ダイナミクス科学のめざすもの, 重点共同研究プロジェクト『言語の多様性と言語理論-「語」の内部構造と統語機能を中心に』平成20年度第1回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • 今どきの品詞分類-議論の出発点として, 日本言語学会第136回大会ワークショップ『言語の構造的多様性のなかでの品詞分類』, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 学習院大学, 2008年
  • Anatomy of Polysynthetic Word Formation in Nuuchahnulth, Linguistics Department, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, 国際会議, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, Leipzig, Germany, 口頭(一般), Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, Leipzig, Germany, 2007年
  • ELPR and other Initiatives in Japan, National Science Foundation's Workshop on Documenting Endangered Languages, 国際会議, National Science Foundation, 口頭(一般), National Science Foundation, 2007年
  • ヌートカ語における『所有者上昇構文』, 世界の諸言語における態(voice )の類型論的研究2006 年度第2 回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2007年
  • Characteristics of Nuuchahnulth polysynthesis, Annual Meeting of the Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 国際会議, Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 口頭(一般), Anaheim, CA, 2007年
  • 言語学でのフィールドワーク, フィールドサイエンス・コロキアム第1 回『フィールドサイエンスの手法構築に向かって—臨地研究の実践と理論, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2006年
  • ヌートカ語における名詞化, 重点共同研究プロジェクト『言語の多様性と言語理論: 記述的研究コミュニティー構築部会』平成18 年度第1 回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2006年
  • ヌートカ語の語形成の特徴, 重点共同研究プロジェクト『言語の多様性と言語理論—「語」の内部構造と統語機能を中心に』平成18 年度第1 回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2006年
  • ヌートカ語の語彙的接尾辞と複統合性, 日本言語学会第130回大会, 国内会議, 日本語言語学会, 口頭(一般), 東京:国際基督教大学, 2005年
  • 言語の多様性と言語理論, 第1回四大学連合附置研究所シンポジウム, 国内会議, 四大学連合附置研究所長懇談会, 口頭(一般), 東京:東京工業大学田町キャンパス・イノベーションセンター, 2005年
  • Role of lexical suffixes in Nuuchahnulth polysynthesis, Annual Meeting of the Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 国際会議, Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 口頭(一般), Boston, MA., USA, 2004年
  • Language Revitalization in Nootka, International Conference on the Role of Intercommunication in Athabascan Revitalization, 国際会議, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 口頭(一般), Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 2004年
  • 品詞について―あるから見えるのか、見ようとするから見えるのか, 共同研究プロジェクト『言語基礎論の構築』平成15年度第2回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト『言語基礎論の構築』, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2003年
  • 品詞とはなにか ─ 『品詞のない』言語から見た品詞分類, 第38回フランス語談話会, 国内会議, フランス語談話会, 口頭(招待・特別), 慶應義塾大学, 2003年
  • Linguistic Diversity and Its Implications for Grammatical Analysis, 第4回国際学術講演会「消滅に瀕した言語」, 国際会議, 「環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究」プロジェクト, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 京都国際会館, 2002年
  • Let the language be the guide: How can we capture the internal logic of a language, 第2回国際学術講演会「消滅に瀕した言語」, 国際会議, 「環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究」プロジェクト, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 京都国際会館, 2001年
  • Discussion on the paper “Language attitudes: the key factor in language maintenance” by David Bradley, 第1回国際学術講演会「消滅に瀕した言語」, 国際会議, 「環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究」プロジェクト, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 京都国際会館, 2000年
  • What about wa?: Japanese wa in child-adult interaction, Second International Conference on Practical Linguistics of Japanese, 国際会議, International Conference on Practical Linguistics of Japanese, 口頭(一般), San Francisco State University, 2000年
  • Argument choice in Nuu-chah-nulth possessive expressions, Annual Meeting of the Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 国際会議, Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 口頭(一般), New York, 1998年
  • An argument against the Nootka “passive” as a voice alternation, American Anthropological Association 95th annual meeting, 国際会議, American Anthropological Association, 口頭(一般), San Francisco State University, 1996年
  • Functional characteristics of object in Nootka, Summer Meeting of the Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 国際会議, Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 口頭(一般), University of New Mexico, 1995年
  • Implications of typological characteristics for the nature of argument structure: the case of a polysynthetic language, International Conference on Functional Approaches to Grammar, 国際会議, Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 口頭(一般), University of New Mexico, 1995年
  • On the behavior of suffixes in Nuu-chah-nulth, 28th International Conference on Salish and Neighboring Languages, 国際会議, International Conference on Salish and Neighboring Languages, 口頭(一般), University of Washington, 1993年
  • On the clitic-like behavior of the lexical suffixes in Nuu-chah-nulth, Annual Meeting of the Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 国際会議, Society of the Study of the Indigenous Languages of the Americas, 口頭(一般), Washington, D.C., 1993年
  • On the position of the nominalizer in Squamish, 26th International Conference on Salish and Neighboring Languages, 国際会議, University of British Columbia, 口頭(一般), University of British Columbia, 1991年
  • On the position of the nominalizer in Squamish, 26th International Conference on Salish and Neighboring Languages, 国際会議, International Conference on Salish and Neighboring Languages, 口頭(一般), University of British Columbia, 1991年

last updated on 2016/4/28