研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 中村 彰
(NAKAMURA Akira)
所属 職名 大学院国際日本学研究院/准教授
E-mail nakamura@tufs.ac.jp
取得学位 修士(文学)(東京大学)1987年
専門分野(科研費分類) 理論言語学
英語学
日本語教育
研究キーワード 日本語教育,英語学,言語学
Japanese language education, English linguistics, linguistics
自己紹介
最終学歴 1984年03月 東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業
1987年03月 東京大学人文科学研究科英語英文学専攻修了
1992年09月 東京大学人文科学研究科英語英文学専攻単位取得満期退学
1995年03月 アメリカ合衆国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校なし言語学科単位取得満期退学
所属学会 日本英語学会
アメリカ言語学会(The Linguistic Society of America)
日本語教育学会
主要研究業績 【論文】
  • 米国日本語教育事情調査--ウェストヴァージニア及びボストンのREX派遣先校を視察して--, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 32号, 2006年
  • 日本人学校・補習授業校における日本語指導の現状と課題, 日本語教育, 128号, 80--89, 2006年
  • 外国・在外教育施設における日本語指導の現状と課題, 異文化間教育学会第26回大会発表抄録, 100--101, 2005年
  • 米国日本語教育事情調査 ―ガストニア及びアトランタのREX派遣先校を視察して―, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 31号, 175--184, 2005年
  • Parametric Analysis of Some Temporal Construction, Linguistic Research, 13巻, 77--93, 1995年
  • On the Tense System of Japanese, Japanese/Korean Linguistics, 4巻, 363--377, 1994年
  • Some Aspects of Temporal Interpretation in Japanese, Formal Approaches to Japanese Linguistics (MITWPiL), 24巻, 231--246, 1994年
【著書】
  • Expressways: English Expression I, 開隆堂出版株式会社, 教科書, 共著, 2014年
  • Sunshine Writing: Revised Edition, 開隆堂出版株式会社, 教科書, 共著, 2008年
【研究発表】
  • 全学日本語プログラム(JLPTUFS)の事例―運用能力を総合的に高める試み―, 大学におけるアカデミック・ジャパニーズの現状と課題, 国際会議, 東京外国語大学, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2010年
  • アカデミックな日本語運用能力を高めるために-中~上級クラスの実践から見えてきたこと-, ヨーロッパ日本語教育シンポジウム, 国際会議, ヨーロッパ日本語教師会, 口頭(一般), ブカレスト大学, 2008年
  • 外国・在外教育施設における日本語指導の現状と課題, 異文化間教育学会, 国内会議, 異文化間教育学会第26回大会, 口頭(一般), , 2005年

last updated on 2016/1/29