研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 中見 立夫
(NAKAMI Tatsuo)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
E-mail tnakami@aa.tufs.ac.jp
取得学位 修士(法学)(一橋大学)1978年
専門分野(科研費分類) アジア史・アフリカ史
政治学
国際関係論
研究キーワード
自己紹介
所属学会 一般財団法人東方学会
国際モンゴル学連合
公益財団法人アジア研究協会
東アジア近代史学会
受賞 北極星勲章(Алтан гадас од(2006年08月)
栄誉学位(Хүндэт доктор)(2011年12月)
主要研究業績 【論文】
  • 大陸から目白へ~学習院の東アジア学資料, 東洋文化研究, 16巻, 2014年
  • “History of Mongol Studies in Japan and Collections of Mongolian Sources”, Cultural Heritage of the Mongols; Manuscript and Archival Collections in St.Petersburg and Ulaaanbaatar , 136--143, 2014年
  • History of Mongol Studies in Japan and Collections of Mongolian Sources, Cultural Heritage of the Mongols; Manuscript and Archival Collections , 136--143, 2014年
  • 构的“满蒙独立运动”及其真相, 满蒙档案与蒙古史研究, 243--265, 2014年
  • メルセ―体制変動期における“モンゴル人”インテリゲンツィヤの軌跡―, 東アジアの知識人, 3巻, 82--98, 2013年
  • 北京への途―外藩モンゴル王侯による「年班」と清朝宮廷文化の受容―, 清朝宮廷演劇文化の研究, 579--594, 2013年
  • Prof. EGAMI Namio and His Excavation at Olon Süme: The Search for Old Royal Palace-City of the Önggüt in Inner Mongolia, Christianity and Sino-Mongolian Studies, From Historical Aspects to New Perspectives, 73--82, 2013年
  • 松筠「百二老人語録」諸鈔本の系統と満洲国時代に刊行された「薩瑪論」の意味, Current Trends in Altaic Linguistics: A Festschrift for Professor Emeritus Seong Baeg-in on His 80th Birthday, 203--222, 2013年
  • 二战前日本学者对蒙古文、满文古文献的探寻―搜集史及其特点―, 西域歴史語言研究集刊, 6巻, 301--309, 2013年
  • A Forgotten Mongolian Manuscript of the Erdeni-yin tobči: Wang Guojin and Lobsangčoyidan, Unknown Treasures of the Altaic World in Libraries, Archives and Museums, 52--57, 2013年
  • Walther Heissig, Egami Namio and the Olon Süme Fragments in Japan, Walther Heissig (1913-2005), Mongolist, Zentralasienwissenschaftler, Literaturwissenschaftler und Folklorist, 194--200, 2013年
  • バボージャブの軌跡―“モンゴル独立”をめざし挫折した、ある内モンゴル人の実像―, 東洋史研究, 71巻2号, 92--125, 2012年
  • “満蒙独立運動”という虚構と、その実像, 近代日本研究, 28号, 73--106, 2012年
  • Үндэстэн улсаа байгуулахыг зорьсон нь: Монголын тусгаар тогтнолын 1911 оны тунхаглал, С.Чулуун ed. Монголын тусгаар тогтнол ба Монголчууд, 11--24, 2012年
  • The Search for Building a Nation State: The 1911 Declaration of Independence in Mongolia, Revised, Proceedings of the 10th International Congress of Mongolists, Volume 1, 318--325, 2012年
  • “The Search for Building a Nation State: The 1911 Declaration of Independence in Mongolia, Revised”, Prehistoric and Historical Periods of Mongolia’s Relations with Various Civilizations, 318---325, 2012年
  • 辛亥革命时期的内蒙古王公―以喀喇沁右翼旗贡桑诺尔布郡王为例, 明清論叢, 十一号, 121--127, 2011年
  • 近期出版的有关莫理循的文献, 中国边疆民族研究, 五号, 362--377, 2011年
  • 关于日本东洋文库与中国第一历史档案馆所藏镶红旗衙门档案, 清代满汉关系研究, 570--581, 2011年
  • 19世紀半ばから20世紀初頭における“東アジア”とロシア帝国―地域概念と国際関係, ロシア史研究, 88号, 14--21, 2011年
  • “東アジア”と“東亜”のあいだ―近現代日本における“東アジア”理解―, 研究紀要, 24号, 25--44, 2011年
  • 20世紀初頭における“モンゴル”という空間と、“独立”と“革命”の射程, 岩波講座東アジア近現代通史, 4巻, 143--161, 2011年
  • 清朝“边疆史地学”与日本“东洋史学”的交流―《元朝秘史》抄本的渡日―, 明清論叢, 10号, 528--540, 2010年
  • あるロシア帝国外交官の数奇な運命と遺された史料―イワン・ヤコヴレヴィチ・コロストヴェツのモンゴル「日記」―, Север(セーヴェル), 26号, 5--18, 2010年
  • Иван Яковлевич Коростовец: Оросын дипломачийн өрнүүн амьдрал, утга зохиолын өв, Иван Яковлевич Коростовец, Монголд өнгөрүүлсэн есөн сар, 29--40, 2010年
  • Иван Яковлевич Коростовец: Бурная жизнь русского дипломата и его литературное наследие, Иван Яковлевич Коростовец, Девять месяцев в Монголии: Дневник русского уполномоченного в Монголии, Август 1912-Май 1913г., 30--40, 2009年
  • 視座による「交流圏」の多様性, 大人のための近現代史/19世紀編, 16--17, 2009年
  • モンゴル, 現代東アジア―朝鮮半島・中国・台湾・モンゴル, 403--437, 2009年
  • 田川孝三の昭和十四年満洲国“史料採訪”―史料状況の記録―, 満族史研究, 7号, 95--113, 2009年
  • 「元朝秘史」渡来のころ ―日本における「東洋史学」の開始とヨーロッパ東洋学、清朝「辺疆史地学」との交差― , 東アジア文化交渉研究別冊4〔第2回国際シンポジウム:文化交渉学の構築Ⅰ―‘西学東漸’と東アジアにおける近代学術の形成―〕, 3--26, 2009年
  • On the Papers of George Ernest Morrison Kept in the Mitchell Library, Sydney, Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko, 1--30, 2009年
  • Opening Remarks: The Qing Empire and Its Neighbors-Myth and Reality, Transactions of the International Conference of Eastern Studies No.LIV 2009, 146--149, 2009年
  • 大橋忠一と須磨弥吉郎 ―異色外交官の戦前・戦中・戦後― , 東アジア近代史, 11号, 67--87, 2008年
  • プリンストン高等研究所における日々, 東方学 財団法人東方学会, 169--181, 2008年
  • Search for the Secret History of the Mongols: Qing and Japanese Scholars’ Mongol Historical Studies in the 19th-Early 20th Centuries, Монгол судлалын өгүүллүүд/ Essays on Mongol Studies Улаанбаатар: «БЕМБИ САН» хэвлэлийн газар, 128--137, 2007年
  • “内モンゴル東部”という空間 ―東アジア国際関係史の視点から―, 早稲田大学モンゴル研究所編『アジア地域文化学叢書VIII:近現代内モンゴル東部の変容』, 雄山閣, 21--46, 2007年
  • 最近のG・E・モリソン関係文献, 『東洋文庫書報』, 19--43, 2007年
  • Qing China’s Northeast Crescent: The Great Game Revised, The Russo-Japanese War in Global Perspective: World War Zero (ed. David Wolff, Steve Marks, Bruce W. Menning, David ), Brill, 513--529, 2007年
  • 普林斯頓研究剳記―プリンストン大学東アジア図書館所蔵「川嶋浪速書翰」など―, 『近現代東北アジア地域史研究会ニューズレター』, 60--67, 2006年
  • Орчин үеийн Японы“Дорно дахины түүх судлал” үүсэж хөгжсөн нь (Монгол судлалын эхлэл), Mongolica, an International Annual of Mongol Studies, 180--190, 2006年
  • 内蒙古阿倫斯木遺跡与其出土文物的研究, 郝時遠・羅賢佑編『蒙元史曁民族史論集―紀念翁独健先生誕辰一百周年』, 社会科学出版社, 436--448, 2006年
  • 《满文大藏经》的探索、考证及其复刊, 故宮博物院・国家清史編纂委員会編『故宮博物院八十華誕曁国際清史学術研討会論文集』, 紫禁城出版社, 523--530, 2006年
  • 清史満学研究剳記, 『満族史研究』, 137--147, 2006年
  • 日本人所認識的「滿洲」, 陳捷先・成崇徳・李紀祥編『清史論集』, 人民出版社, 867--874, 2006年
  • The Mongol Summer in 1911: The Qing-Manchu Amban, the Russian Consul, and the Mongol Secret Mission, Монгол судлалын өгүүллийн түүвэл, 48--54, 2006年
  • 日本的“東洋学”の形成と構図, 岸本美緒編『岩波講座「帝国」日本の学知』, 岩波書店, 13--54, 2006年
  • The Manchu Bannerman Jinliang’s Search for Manchu-Qing Historical Sources, Tumen jalafun jecen aku: Manchu Studies in Honour of Giovanni Stary[Tungso-Sibirica 20], 171--186, 2006年
  • Mongolia, Part 1: Mongolia from the Eighteenth Century to 1919, History of Civilizations of Central Asia, 6号, 253--259, 2005年
  • 「欧亜清史満学研究剳記」, 『満族史研究』, 4号, 253--259, 2005年
  • 故神田信夫先生寄贈満洲語関係文献・資料について, 東洋文庫書報, 36号, 79--90, 2005年
  • 稲葉岩吉の蔵書と資料の行方, 平成15~16年度科研費研究成果報告書:東アジア出版文化の研究, 57--64, 2005年
  • ロシアの「東洋学」とICANAS-37, 東方学会報, 87巻, 9--14, 2004年
  • 日本人東洋史学者と清朝内閣大庫史料との邂逅―東北大学附属図書館狩野文庫の「清査東大庫底檔」について―, ナオ・デ・ラ・チーナ, 6号, 29--32, 2004年
  • 海外清史・満学研究剳記, 満族史研究, 3号, 188--197, 2004年
  • 戦前期中国で刊行されたロシア語文献の書誌をめぐって, 『Север(セーヴェル)』[ハルビン・ウラジオストクを語る会], 19号, 3--104, 2004年
  • 【天南地北】台湾の“人民”とモンゴルの“国民”, 『中国21』 特集:内モンゴルはいま―民族区域自治の素顔―, 19号, 239--242, 2004年
  • 座談会記録:「民族自治」における内モンゴル自治区, 『中国21』特集:内モンゴルはいま―民族区域自治の素顔―, 19巻, 5--36, 2004年
  • On the daily life of the Mongol Prince Güngsüngnorbu in the Late Qing as seen in Wang Guojin's Neimenggu Jiwen (Inner Mongolia: a Memoir), Journal de la Société Finno-Ougrienne, 90号, 101--107, 2004年
  • “北東アジア”はどのように、とらえられてきたか, 『北東アジア研究』[島根県立大学北東アジア地域研究センター], 7号, 43--56, 2004年
  • “表象”から“地域”をみる:最近、開催された東北アジア地域関係展覧会から, 近現代東北アジア地域史研究会ニューズレター, 15号, 111--117, 2003年
  • 《Qara\v{c}in-u Meng g\"{u} yuan liu》kemek\"{u} te\"{u}ken surbul\v{c}is-un tuqai, 中国蒙古史学会編 『蒙古史研究/ Mongγol te\"{u}ke sudulal /』, 7号, 548--561, 2003年
  • Г.М.Семенов ба Монгол цэргvvд, Mongolica, an International Annual of Mongol Studies, 13巻34号, 122--127, 2003年
  • 清朝内閣大庫明清档案の流転と台湾・中央研究院歴史語言研究所, 東方学, 106号, 139--150, 2003年
  • 清朝内閣大庫明清档案の流転と台湾・中央研究院歴史語言研究所に所蔵される満洲語档案, 東方学, 106号, 139--150, 2003年
  • 江上波夫と内モンゴルのオロン・スム遺跡調査, オロンスム―モンゴル帝国のキリスト教遺跡―, 77--88, 2003年
  • 内外満学・清史研究剳記, 満族史研究, 2号, 156--171, 2003年
  • 第8回国際モンゴル学会大会報告―組織と運営―, 日本モンゴル学会紀要, 33号, 110--111, 2003年
  • 楊志玖教授を偲んで, 日本モンゴル学会紀要, 33号, 87--91, 2003年
  • 江川波夫元副会長のことども 追悼断片, 日本モンゴル学会紀要, 33号, 83--86, 2003年
  • Mongol Nationalism and Japan, Imperial Japan and National Identities in Asia, 1895-1945(London and New York: Routledge Curzon), 90--106, 2003年
  • Some Remarks on the Emu tanggû orin sakda i gisun sarkiyan, Tunguso-Sibirica 8 (ドイツ・Wiesbaden: Harrassowitz), 1巻8号, 77--93, 2002年
  • 様々な“満洲国”体験―満洲国の外交官と満洲国へ行った台湾人―, 近現代東北アジア地域史研究会ニューズレター, 14号, 3--25, 2002年
  • 歴史の中の”満州”【特集】満洲とは何だったのか, 環【歴史・環境・文明】 特集:万種とは何だったのか, 10号, 79--87, 2002年
  • 《盛京宮殿舊藏漢文旧档》和所謂「喀喇沁本蒙古源流」, 馮明珠主編『文獻與史學:恭賀陳捷先教授七十嵪壽論文集』(台湾・台北遠流出版事業股份有限公司), 414--432, 2002年
  • 内外満学剳記, 満族史研究, 1号, 113--123, 2002年
  • 中国第一歴史档案館所蔵八旗都統衙門档案のなかの紅旗関係案巻, 平成11~平成12年度科学研究成果報告書:中華世界の成立-18世紀における狩猟・牧畜・農耕文化圏の接触と融合, 33--38, 2002年
  • 19~20世紀初頭におけるモンゴル出版文化の社会史的考察, 平成13年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究:東アジア出版文化の研究~学問領域として書誌・出版の研究を確立するために~/研究成果年度別報告書/, 71--72, 2002年
  • 川島浪速と北京警務学堂・高等巡警学堂, 「近きに在りて」辛亥革命90周年記念特集:日本における清末・民初史の研究, 39号, 316--325, 2001年
  • 稲葉岩吉博士と《百二老人語録》, Altai Hakpo, 11号, 41--62, 2001年
  • 稲葉君山の旧蔵書を追って, 平成12年度科学研究費成果中間報告書:台湾・朝鮮・満州に設立された日本植民地期各種図書館所蔵日本古典籍の書誌的研究, 23--36, 2001年
  • 衛藤利夫と『韃靼』-戦前期中国東北地区における図書館と図書館人-, 平成12年度科学研究費成果中間報告書:台湾・朝鮮・満州に設立された日本植民地期各種図書館所蔵日本古典籍の書誌的研究, 76--93, 2001年
  • サンクト・ペテルブルクのモンゴル語典籍・史料-その収集の歴史と現状-, 東方学, 99号, 144--156, 2000年
  • セミョーノフとモンゴル人部隊-フーヴァー研究所所蔵篠田治策文書中の一文書の紹介-, 平成6-7年度科学研究費補助金成果報告書/黒木親慶文書の研究/, 10--24, 1999年
  • Babujab and His Uprising: Re-examing the Inner Mongol Struggle for Independence, Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko / Commemoration Volume of the 75th Anniversary of the Toyo Bunko /, 57号, 137--153, 1999年
  • Russian Diplomats and the Mongol Problem of Independence in the Early 1910s, Mongolica, an International Annual of Mongol Studies, 10号, 401--414, 1999年
  • New Trend in Study of Modern Mongolian History: What Effect Have Political and Social Changes Had on Historical Research?, Acta Asiatica, 76号, 7--39, 1999年
  • 『コミンテルンとモンゴル/文書集』について, 近現代東北アジア地域史研究会ニューズレター, 10号, 114--135, 1998年
  • シカゴ大学東アジア図書館所蔵満州語古典籍について, 満族史研究通信, 7号, 45--62, 1998年
  • I.Y.Korostovets and the Mongol Problem of Independence in the early 1910s, Essays on Mongol Studies:Commemorative Volume to the 70 Year Birthday of Academician Sh.Bira, 177--186, 1998年
【著書】
  • 「満蒙問題」の歴史的構図, 東京大学出版会, 単行本(学術書), 単著, 2013年
  • 内国史院檔 天聡五年Ⅱ, 公益財団法人東洋文庫, 単行本(学術書), 共編著, 2013年
  • 内国史院檔 天聡五年Ⅰ, 財団法人東洋文庫, 単行本(学術書), その他, 2011年
  • 内国史院檔 天聡八年, 財団法人東洋文庫, 単行本(学術書), その他, 2009年
  • 清朝史研究の新たなる地平 ―フィールドと文書を追って―, 山川出版社, 単行本(学術書), 単著, 2008年
  • Explanation of the Knowable” by ‘Phags-pa blama, Blo-gros rgyal-mtshan (1235-1280): Facsimile of the Mongolian Translation with Transliteration and Notes (ed. NAKAMI Tatsuo), Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, 単行本(学術書), 共著, 2006年
  • Tumen jalafun jecen akū: Manchu Studies in Honour of Giovanni Stary [Tungso-Sibirica 20], Harrassowitz Verlag, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • 近代中国東北地域史研究の新視角, 東京:山川出版社, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • 『近代中国東北地域史研究の新視角』, 山川出版社, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • History of Civilizations of Central Asia, Volume VI., Paris: UNESCO Publishing, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • 【編輯】神田信夫『清朝史論考』, 山川出版社, 単行本(学術書), 単著, 2005年
  • 神田信夫先生-足跡とお仕事-, 神田信夫先生清朝史論考編集事業委員会, 単行本(学術書), 単著, 2004年
  • 論集『時代の先覚者・後藤新平 1857-1929』, 藤原書店, 単行本(学術書), 共編著, 2004年
  • 近現代日本人物史料情報辞典, 吉川弘文館, 事典・辞書, 共著, 2004年
  • 満洲とは何だったのか, 藤原書店, 単行本(学術書), 共編著, 2004年
  • 山川世界史小辞典(改訂新版), 山川出版社, 事典・辞書, 共著, 2004年
  • 『蒙古史研究』/ Mongγol teüke sudulal /第七輯, 内蒙古大学出版社, 単行本(学術書), 共編著, 2003年
  • 清史論集―慶賀王鍾翰教授九十華誕, 北京:紫禁城出版社, 単行本(学術書), 共編著, 2003年
  • 日本交通史辞典, 吉川弘文館, 事典・辞書, 共著, 2003年
  • 訳注:内国史院档 天聡七年, 東洋文庫, 単行本(学術書), 共著, 2003年
  • 文獻與史學:恭賀陳捷先教授七壽論文集, 遠流出版事業股有限公司, 単行本(学術書), 単著, 2002年
  • 境界を超えて~東アジアの周縁から~(『アジア理解講座』(1)), 山川出版社, 単行本(学術書), 単著, 2002年
  • Tunguso-Sibirica 8, Harrassowitz, 単行本(学術書), 単著, 2002年
  • 日本近現代人名辞典, 吉川弘文館, 事典・辞書, 共著, 2001年
  • The bordered Red Banner Archives in the Toyo Bunko, I introduction and Catarogue(Toyo Bunko Research Library 1), the Toyo Bunko, 単行本(学術書), 共著, 2001年
  • 現代中国の構造変動7:中華世界-アイデンティティの再編-, 東京大学出版会, 単行本(学術書), 単著, 2001年
  • 世界各国史4:中央ユーラシア史(共著), 山川出版社, 単行本(学術書), 共著, 2000年
  • 『明清档案与歴史研究論文集-慶祝中国第一歴史档案館成立70周年』上冊, 中国友誼出版公司, 単行本(学術書), 単著, 2000年
  • Index to the Catarogue of the Mongolian Manuscripts and Xylographs in the St.Petersburg State University, Institute for the Study of Language and Cultures of Asia and Africa, 単行本(学術書), 共著, 2000年
  • 慶祝王鍾翰教授八十五曁韋慶遠教授七十華誕学術論文合集, 黄山書社, 単行本(学術書), 単著, 1999年
  • 東アジア世界の地域ネットワーク, 山川出版社, 単行本(学術書), 単著, 1999年
  • Mongolia in the Twentieth Century, Landlocked Cosmopolitan, M.E.Sharpe, 単行本(学術書), 単著, 1999年
  • アジアの歴史と文化⑦:北アジア史(共著), 同朋舎(角川書店), 単行本(学術書), 共著, 1999年
  • Catalogue of the Mongolian Manuscripts and Xylographs in the St.Petersburg State University, Institute for the Study of Languages and Culture of Asia and Africa, 単行本(学術書), 共著, 1999年
【研究発表】
  • 清朝宫廷典籍、檔案与日本人学者, 第二届宫廷典籍与东亚文化交流学术研讨会, 国際会議, 故宮博物院, 口頭(一般), 北京, 2014年
  • 近代“モンゴル”、“東三省”における戸口調査資料について―東アジア地域の戸口調査事業展開のなかで―, 2014年度内陸アジア史学会大会, 国際会議, 内陸アジア史学会, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2014年
  • “Shiratori Kurakichi’s Visits to Vladivostok in the Early 20th Century: The First Page of the History of ‘Oriental Studies’ in Japan, The 57th Annual Meeting of the Permanent International Altaistic Conference (PIAC), 国際会議, the Institute of History, Archaeology and Ethnology, the Far Eastern Branch of Russian Academy of Sciences, 口頭(一般), Vladivostok, 2014年
  • 关于近代喀喇沁研究之诸问题及史料, 中国・喀喇沁文化论坛暨纪念扎奇斯钦先生诞辰100周年学术研讨会, 国際会議, 中国蒙古史学会, 口頭(一般), 内蒙古自治区赤峰市喀喇沁旗, 2014年
  • 日本人はなぜ「実録」に注目し、いまも作り続けているのか?―日本における「実録」編纂の受容と東アジア地域の「実録」に対する関心―, 國際學術會議:「東아시아의歷史記錄과古文書」, 国際会議, 한국고문서학회(韓國古文書學會), 口頭(一般), Seoul大學校奎章閣, 2013年
  • 学習院における「東洋学」の形成と資料収集・出版をめぐって, 東洋文化講座:シリーズ「大陸から目白へ~学習院の東アジア学資料」, 国内会議, 学習院大学東洋文化研究所, 口頭(一般), 学習院大学, 2013年
  • 乾隆皇帝的“世界”、“地域”和“疆域”認識, “民族史视角下的国家、人群与地域社会”学术研讨会, 国際会議, 复旦大学历史地理研究所, 口頭(一般), 上海, 2013年
  • 關於《百二老人語錄》和《薩瑪論》, 首届国际满文文献学术研讨会, 国際会議, 中国人民大学清史研究所满文文献中心, 口頭(一般), 北京,中国, 2013年
  • 近代東アジアにおける実録の編纂と影印事業, 第18回東アジア近代史学会研究大会, 国際会議, 東アジア近代史学会, 口頭(一般), 中央大学, 2013年
  • “History of Mongol Studies in Japan and Collections of Mongolian Sources”, 国際会議「モンゴルの文化遺産」, 国際会議, Санкт-Петербург), Институт восточных рукописей РАН, 口頭(一般), St.Peterburg, Russia, 2013年
  • Несколько заметок о русском дипломате И.Я.Коростовце и Русско-Монгольском Соглашении 1912-го года., Олон улсын эрдэм шинжилгээний бага хурал: “МОНГОЛ-ОРОСЫН 1912 ОНЫ ГЭРЭЭ БА И.Я.КОРОСТОВЕЦ, 国際会議, モンゴル科学アカデミー, 口頭(招待・特別), モンゴル外務省大講堂, 2012年
  • Бабуджап и его блуждающая армия: Декларация независимости, Первая мировая война и советская гражданская война во Внутренней Монголии, 1911-1921., Международной научной конференции «Мир Центральной Азии», 国際会議, ロシア科学アカデミーシベリア支部, 口頭(招待・特別), Улан-удэ: Институт Монголоведения, Буддологии и Тибетологии СО РАН, 2012年
  • 欧洲《东方学》研究史上的《满学》与在海外满语文献 他3講演, 中央民族大学引智创新基地・中国少数民族语言信息结构系列讲座, 国際会議, 中央民族大学中国少数民族语言与古籍研究所, 口頭(招待・特別), 北京:中央民族大学中国少数民族语言文学学院, 2012年
  • Үндэстэн улсаа байгуулахыг зорьсон нь: Монголын тусгаар тогтнолын 1911 оны тунхаглал, МОНГОЛЫН ТУСГААР ТОГТНОЛ БА МОНГОЛЧУУД”, Олон улсын эрдэм шинжилгээний хурал, 国際会議, Шинжлэх Ухааны Академи, ШУА-ийн Түүхийн хүрээлэн, 口頭(招待・特別), Улаанбаатар: Монгол-Японы төв, 2011年
  • 清朝と民国のはざまで ―辛亥革命時期の内モンゴル王侯、グンサンノルブの場合―, 学術シンポジウム:辛亥革命と東アジア, 国内会議, 東アジア近代史学会、福岡ユネスコ協会, 口頭(招待・特別), 福岡:エルガーラホール, 2011年
  • 辛亥革命时期的内蒙古王公―以喀喇沁右翼旗贡桑诺尔布郡王为例, 中国辛亥革命百年纪念暨第十四届国际清史学术研讨会, 国際会議, 国家清史编纂委员会, 口頭(招待・特別), 北京:九华山庄, 2011年
  • The Search for Building a Nation State: The 1911 Declaration of Independence in Mongolia, Revised, The 10th International Congress of Mongolists, 国際会議, The International Association for Mongol Studies, 口頭(招待・特別), Төрийн Ордны Их Танхим., 2011年
  • f. EGAMI Namio and His Excavation at Olon Süme: The Search for Old Royal Palace-City of the Önggüt in Inner Mongolia, Roundtable Conference: “Christianity and Sino-Mongolian Studies”, 国際会議, Ferdinand Verbiest Institute (KU Leuven, Belgium) and Centre for Catholic Studies, Department of Cultural and Religious Studies, the Chinese University of Hong Kong, 口頭(招待・特別), the Chinese University of Hong Kong, 2011年
  • 北京への途―外藩モンゴル王侯による清朝宮廷文化の受容をめぐって―, 科学研究費補助金特別推進研究「清朝宮廷演劇文化の研究」第8回研究会, 国内会議, 科学研究費補助金特別推進研究「清朝宮廷演劇文化の研究」, 口頭(一般), 東京国立博物館, 2011年
  • 東アジア地域における‘実録’編修と日本の‘東洋史学者’, 국사편찬위원회(韓国国史編纂委員会)講演会, 国際会議, 韓国国史編纂委員会, 口頭(招待・特別), ソウル:韓国国史編纂委員会, 2011年
  • 近現代モンゴル・チベット・中国東北地域研究の特質, 内陸アジア史学会50周年記念公開シンポジウム:「内陸アジア史研究の課題と展望」, 国内会議, 内陸アジア史学会, 口頭(一般), 早稲田大学小野記念講堂, 2010年
  • 日本现存蒙文、满文古旧文献的收集历史及其特点, 首届中国少数民族古籍文献国际学术研讨会, 国際会議, 中国民族大学, 口頭(一般), 北京:中国社会科学院人类学与民族学研究所, 2010年
  • 19世紀半ばから20世紀初頭における“東アジア”とロシア帝国―地域概念と国際関係―, ロシア史研究会2010年度大会共通論題部会「ロシアと東アジア世界―19世紀半ばから20世紀初頭の展開」, 国内会議, ロシア史研究会, 口頭(一般), 立教大学池袋キャンパス, 2010年
  • 关于日本东洋文库与中国第一历史档案馆所藏镶红旗衙门档案, 清朝满汉关系史国际学术讨论会, 国際会議, 中国社会科学院近代史研究所, 口頭(招待・特別), 北京:中国社会科学院近代史研究所, 2010年
  • “東アジア”と“東亜”のあいだ―近現代日本における“東アジア”理解―, 《平成22年度日本大学通信教育部公開シンポジウム》東アジアと日本:歴史から見た「東アジア共同体」の可能性, 国内会議, 日本大学通信教育部, 口頭(招待・特別), 日本大学通信教育部本館, 2010年
  • A Forgotten Mongolian Manuscripts of the Erdeni-yin tobči: Wang Guojin and Lobsangčoyidan, 53rd Annual Meeting, Permanent International Altaistic Conference (PIAC): Unknown treasures of the Altaic world in libraries, archives and museums, 国際会議, Saint Petersburg: Institute of Oriental Manuscripts, Russian Academy of Sciences, 口頭(一般), Saint Petersburg: Institute of Oriental Manuscripts, Russian Academy of Sciences, 2010年
  • The Search for the Manchu Buddhist Canon: Its ‘Discovery’, Study, and Reissue, Religion and Manchu society, 1600-2009, 国際会議, School of Oriental & African Studies, University of London, 口頭(一般), School of Oriental & African Studies, University of London, 2010年
  • 纪念发言, 纪念亦邻真先生逝世十周年国际蒙古史研讨会, 国際会議, 中国人民大学国学院・中国蒙古史学会・内蒙古大学蒙古学学院, 口頭(招待・特別), 北京中国人民大学逸夫学术会议中心, 2009年
  • 20世紀前半時期の“東北アジア”情勢は、後半時期とのあいだで、連続性がみられるのか、断絶しているのか?, 科研費基盤研究(A)「北東アジアの冷戦:新しい資料と展望」研究会, 国内会議, 科研費基盤研究(A)「北東アジアの冷戦:新しい資料と展望」(北海道大学スラブ研究センター), 口頭(一般), 早稲田大学大学院アジア・太平洋研究科, 2009年
  • From ‘Tartary’ to ‘Northeast Asia’: Search for a Portion of ‘Asia’, Asia in the Changing world: Looking Back and Forward, 国際会議, Seoul National University Asia Center (SNUAC), 口頭(招待・特別), Hoam Faculty Club Convention Center, Seoul National University, 2009年
  • 清朝“边疆史地学”与日本“东洋史学”的交流―《元朝秘史》抄本的来日―, 第十三届国际淸史学术研讨会, 国際会議, 国家清史编纂委员会、故宫博物院, 口頭(招待・特別), 北京, 2009年
  • Myth and Mystery” among the Modern Mongolians: The Case of Toqtaqu (1863-1922), The 52nd Annual Meeting of the Permanent International Altaistic Conference, 国際会議, Inner Mongolia University & the Altaic Society of China, 口頭(一般), Huhhot: Shangri-La Hotel, 2009年
  • The Qing Empire and Its Neighbors―Myth and Reality, The 54th INTERNATIONAL CONFERENCE OF EASTERN STUDIES, 国際会議, 財団法人東方学会, 口頭(一般), 日本教育会館, 2009年
  • The Search for “Northeast Asia” on the World Map: Japanese Approaches, Workshop: Mapping the History of Northeast Asia,, 国際会議, The Australian National University, 口頭(招待・特別), The Australian National University, 2008年
  • 日本の東洋史学者と「実録」, 財団法人東方学会第58回全国会員総会講演会, 国内会議, 財団法人東方学会, 口頭(招待・特別), 京大会館, 2008年
  • 「元朝秘史」渡来のころ―日本における「東洋史学」の開始とヨーロッパ東洋学、清朝「辺疆史地学」との交差―, 国際シンポジウム「文化交渉学の構築Ⅰ―‘西学東漸’と東アジアにおける近代学術の形成―」, 国際会議, 文部科学省グローバルCOEプログラム関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS), 口頭(招待・特別), 関西大学, 2008年
  • The Russo-Japanese Entente and the “Man-Mō (Manchuria-Mongolia)” Question, 12th European Conference for Japanese Studies, 国際会議, The European Association for Japanese Studies (EAJS), 口頭(一般), Università del Salento, 2008年
  • 歴史資料における“公”と“私”の領域―海外での事例―, 東アジア近代史学会 第13回研究大会:歴史資料セッション「現代における歴史学研究と私文書―保存と公開の視点から―」, 国内会議, 東アジア近代史学会, 口頭(一般), 中央大学, 2008年
  • 曖昧な’帝国(Empire)’、不明瞭な’植民地(Colony)’, 政治文化研究ユニット公開研究会:「帝国・植民地の政治支配と歴史認識」 ―東アジア史の文脈から―, 国際会議, AA研政治文化研究ユニット, 口頭(一般), AA研, 2007年
  • How to narrate Mongol history: Mongol, Qing and Japanese scholars’ historiographies on the Mongols in the 19th-early 20th centuries, Workshop:“The sense of the Past among Inner Asian People”, 国際会議,  , 口頭(一般), Institute for Advanced Study(Princeton, the USA), 2007年
  • “内モンゴル東部”という空間 ―東アジア国際関係史の立場から―, 21 世紀COE 関連シンポジウム:近現代における内モンゴル東部地域の変容IV, 国内会議,  , 口頭(一般), 早稲田大学文学部(東京), 2006年
  • 我記憶中的翁独健老師, 紀念翁独健先生百年誕辰座談会, 国際会議,  , 口頭(一般), 中協賓館(中国、北京), 2006年
  • Орчин үеийн Японы“Дорно дахины түүх судлал” үүсэж хөгжсөн нь Монгол судлалын эхлэл, The 9th International Congress of Mongolists, 国際会議,  , 口頭(一般), Mongolian National University(Ulaanbaatar, Mongolia), 2006年
  • 近代時期的日本歴史学者是如何描述蒙元史和成吉思汗的, 成吉思汗与蒙古汗国建立国際研討会, 国際会議,  , 口頭(一般), 中国社会科学院(中国、北京), 2006年
  • 旗人金梁与清史档案, 慶祝中国第一歴史档案館成立80周年《明清档案与歴史研究》学術討論会, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • 《满文大藏经》的发掘、考证及其复刊, 故宮博物院八十華誕曁国際清史学術研討会, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • 关于海山回归中国, 中国蒙古学国際学術討論会, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • On the materials of the Imperial Cabinet Archives (Neige daku dangan) and their Manchu and Mongolian sources in the Institute of History and Philology, Academia Sinica: Location, history of research, and our research project, Second North American International Conference on Manchu Studies, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • The Russo-Japanese War Seen from the Northeastern Crescent Zone of the Qing Empire, World War 0: Reappraising the War of 1904-5 慶応義塾大学, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • 日本的清朝外交史、国際関係史、清代蒙古史研究, 中日学者清史研究座談会, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2005年
  • The Mongol Summer in 1911:The Qing-Manchu Amban, the Russian Consul, and the Mongol Secret Mission, Всемирный конгресс востоковедов (ICANAS-XXXVII), 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2004年
  • 稲葉岩吉の蔵書と資料の行方, 文部科学省特定領域研究「東アジア出版文化の研究」研究会《アジアの特殊文庫》, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2004年
  • 「日本人所認識的“滿洲”」第一届清史学術研討会, 宜蘭県:仏光人文社会学院, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • 紀念黒龍江省満語研究所建所二十周年専家座談会, 北京:中国社会科学院民族学与人類学研究所, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • 関于《百二老人語録》的各種抄本, 清史・満族史国際学術討論会, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • パネルディスカッション:中国所在の日本関係資料について, 第4回海外所蔵日本資料データベース会議, 国内会議,  , シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),  , 2003年
  • 内モンゴルと外モンゴルのあいだ, シンポジウム:モンゴルという世界, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • 特別講演:内モンゴル史への視点, 第7回モンゴル学術交流会, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • “東部内蒙古”という空間, 第13回近現代東北アジア地域史研究会大会:シンポジウム『近代日本と“東部内蒙古”』, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • 座談会:「民族自治」における内モンゴル自治区, 愛知大学現代中国学会『中国21』編集部, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • “北東アジア”はどのように、とらえられてきたか―モンゴルとの係わりで―, モンゴル学シンポジウム―モンゴル学の再構築と北東アジア学としての位置づけをめざして―, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2003年
  • 日本清代満蒙漢文档案研究之現況, 台北:国立故宮博物院, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2002年
  • 座談会:清代満文档案之整理, 台北:国立故宮博物院, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2002年
  • 乾隆帝的“世界”認識, 十八世紀的中国与世界」学術研討会////Symposium on “China and the World in the 18th Century, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2002年
  • 第八回国際モンゴル学者大会―組織と運営―, 日本モンゴル学会2002年度秋季大会, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2002年
  • 近代モンゴルにおける“新聞”―その意味と保存状況―, シンポジウム「モンゴルの出版文化」, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2002年
  • Г.М.Семенов ба Монголын отряд, Олон улсын Монголч эрдэмтдийн VIII их хурал / The 8th International Congress of Mongolists, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2002年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(B) 近代帝王記録の叙述―東アジアにおける“実録”編纂との比較―(2010年度-2013年度)
  • 科学研究費 基盤研究(B) ロシア帝国と「東北アジア」の成立-国際関係史の視点から-(2007年度-2009年度)

last updated on 2015/5/18