研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 森田 耕司
(MORITA Koji)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/准教授
取得学位 文学博士(Doktor nauk humanistycznych)(ポーランド科学アカデミー・スラヴ学研究所(Polska Akademia Nauk, Instytut Slawistyki ポーランド共和国))2005年
専門分野(科研費分類) ポーランド語学
研究キーワード ポーランド語学, スラヴ言語学, 社会言語学, 民族言語学, ロシア語・ポーランド語対照文法, 外国語としてのポーランド語教育
Polish Linguistics, Slavic Linguistics, Sociolinguistics, Ethnolinguistics, Russian-Polish Contrastive Grammar, Teaching Polish as a Foreign Language
自己紹介 ポーランド語と出会うことができたのは、もしかするとロシア語のおかげだったのかもしれません。学生時代はロシア語を専攻していたのですが、当時(今も?)他のスラヴ語はほとんど注目されていなかったことを不満に思い、ロシア語以外のスラヴ語を学びたくなったのです。そこで、どのスラヴ語にしようかと思いを巡らせたところ、ロシアがギリシャ・東方正教文化圏の代表だとすると、それに対するラテン・カトリック文化圏の代表はポーランドだと思い、それならポーランド語も勉強し、ロシア語と比べると何か面白いことがわかるかもしれないと思い至ったのが、ポーランド語を学び始めたそもそものきっかけでした。そして、ポーランド語の魅力にどんどんはまっていきました。ポーランドで博士号を取得し、さらに教員として勤務するほどポーランド語にどっぷり浸かった経験がありますので、その経験も大いに生かして、ポーランド語の魅力を思う存分みなさんに伝えていきたいと思います。
(「GLOBE Voice」第8号より)
最終学歴 2005年03月 京都大学文学研究科文献文化学専攻(スラブ語学スラブ文学専修)単位取得満期退学
受賞 ヤギェロン大学学長表彰(2007年10月)
主要研究業績 【論文】
  • Język Katechizmu Szymona Budnego z 1562 roku (uwagi wstępne), Językowe i kulturowe dziedzictwo Wielkiego Księstwa Litewskiego, 132--137, 2011年
  • Symbolika sakury w Genji monogatari i jej reinterpretacja, Dziesięć wieków Genji monogatari w kulturze Japonii, 159--168, 2010年
  • Co to jest akanie w polszczyźnie północnokresowej?, Studia Kresowe: Język – Literatura – Historia, 1巻, 49--59, 2010年
  • Nazwy barw w języku japońskim i polskim, Relatywizm w języku i kulturze, 157--164, 2010年
  • Wokół imiesłowu przysłówkowego uprzedniego na -(w)szy w polszczyźnie północnokresowej, LingVaria, IV(2009)巻2(8)号, 123--131, 2009年
  • ヤギェロン大学日本学科の教育・研究動向に関する若干の覚書-過去20年間に提出された学位論文を振り返って-, Civilisation of Evolution, Civilisation of Revolution, Metamorphoses in Japan 1900-2000, 141--152, 2009年
  • Różnorodność językowa gwar polskich na Litwie i Białorusi z perspektywy socjolingwistyki: na przykładzie regionów trockiego na Litwie i iwienieckiego na Białorusi, Comparative and Contrastive Studies in Slavic Languages and Literatures 2008: Japanese Contributions to the Fourteenth International Congress of Slavists (Ohrid, September 10-16, 2008), 132--142, 2008年
  • Standardowe formuły w japońskich listach urzędowych, Język w urzędach i w sądach II, 127--137, 2008年
【著書】
  • Spotkania Polonistyk Trzech Krajów - Chiny, Korea, Japonia - Rocznik 2014/2015, 東京外国語大学ポーランド語専攻, 単行本(学術書), 編著, 2015年
  • Civilisation of Evolution Civilisation of Revolution Metamorphoses in Japan 1900-2000, Museum of Japanese Art & Technology Manggha, 単行本(学術書), 共編著, 2009年
  • 「シモン・ブドニ『教理問答』(1562年) 第二部、第三部、第四部 (テキストおよび解説)」, 神戸市外国語大学外国学研究所, 単行本(学術書), 共編著, 2008年
  • Przemiany socjolingwistyczne w polskich społecznościach na Litwie (region trocki) i Białorusi (region iwieniecki). Studium porównawcze, Instytut Slawistyki PAN Slawistyczny Ośrodek Wydawniczy, 単行本(学術書), 単著, 2006年
【総説・解説記事】
  • ポーランド語, 『事典 世界のことば 141』(梶茂樹, 中島由美, 林徹 編), 大修館書店, 総説・解説(その他), 単著, 2009年

last updated on 2016/11/11