研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 三宅 登之
(MIYAKE Takayuki)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/教授
HP https://sites.google.com/site/sanzhaidengzhiyanjiushi/
取得学位  
専門分野(科研費分類) 言語学
外国語教育
研究キーワード 中国語学,認知言語学
自己紹介 私が日頃興味関心を持っている研究分野は、次の3つに大別できると思います。
(1)現代中国語文法
これは専門分野です。教育面では中国語の教師をしていますので、研究と教育の両面で問題点や結果などを相互にフィードバックできればいいなと思っています。以前は専ら理論的なことに興味がありましたが、最近は次の(2)との関係もあり、実際の語法・語彙にも関心がシフトしてきました。
(2)中国語辞書編纂に関連する諸問題
小学館の『中日辞典』第2版の仕事にかかわったのがきっかけです。「諸問題」とは、品詞分類の問題や、形態素と語の区分の問題、語とフレーズの区分の問題などです。これらの問題は辞書だけでなく、テキスト作成時にもかかわってきます。
(3)認知言語学
たまたま興味が沸いて認知の概説書などを読んでいるうちに結構はまってしまい、学会にまで入ってしまいました。ただあくまでも一般言語学としてというよりは、このパラダイムから中国語のさまざまな現象を眺めていった場合、どのような興味深い発見があるかという点に関心があります。
所属学会 東京外国語大学中国言語文化研究会 編集委員
中国語教育学会 代表理事
日本中国語学会 編集委員会委員
日本中国学会
日本認知言語学会
外国語教育学会
世界漢語教学学会
主要研究業績 【論文】
  • 中国語教材のあゆみ―—過去から未来へ 文法, 中国語教育, 13号, 32--40, 2015年
  • 表难度形容词“简单”与“容易”的语义分析, 東京外国語大学論集, 89号, 153--165, 2014年
  • 行為連鎖モデルから見た使役を表す兼語文のバリエーション, 東京外国語大学論集, 87号, 83--100, 2013年
  • アスペクトマーカーと図地分化——“了”“着”の前景化と背景化の作用について——, 中国言語文化学研究, 2号, 30--49, 2013年
  • 试析“V了O”、“VO了”与“V了O了”在语料中的分布情况, 東京外国語大学論集, 82号, 123--140, 2011年
  • “了1”と“了2”の相違点とその認知的解釈, 中国語教育, 8号, 46--66, 2010年
  • 行為連鎖の観点から見た中国語の“被”構文, 語学研究所論集, 14号, 33--64, 2009年
  • 形容詞と名詞の兼類語の辞書における統一的扱いと適切な用例提示について, 第二言語学習の視点からの中国語辞書の検証, 80--99, 2008年
  • 辞書における動詞と名詞の区分と提示すべき用例について, 東京外国語大学論集, 74号, 39--58, 2007年
  • Corpus Research in Chinese and Its Application to Chinese Language Teaching―― A Case of Localizers in Chinese――., Corpus-Based Perspectives in Linguistics, 301--317, 2007年
  • 使役動詞と伝達動詞の接点, 日中対照言語学研究論文集―中国語からみた日本語の特徴、日本語からみた中国語の特徴―, 345--370, 2007年
  • 关于“说着+V2”结构的时体性特征, 言語情報学研究報告11 言語研究におけるコーパス分析と理論の接点, 11号, 15--30, 2006年
  • 表示动态的“V着”的实际使用情况考察, 言語情報学研究報告7 コーパス言語学における語彙と文法, 127--145, 2005年
  • 動詞と名詞の区分をめぐって――品詞表示の比較のモデルケースとして――, 辞書のチカラ 中国語紙辞書電子辞書の現在, 43--73, 2005年
  • A usage-based analysis of the causative verb shi in Mandarin Chinese., Corpus-Based Approaches to Sentence Structures, 77--94, 2005年
  • アスペクト助詞“着”の実際の使用状況と文法教材への応用, インターネット技術を活用したマルチリンガル言語運用教育システムと教育手法の研究, 2005年
  • “一边V1,一边V2”と“V1着V2”の関係について, 大東文化大学語学教育研究所創立20周年記念現代中国語文法研究論集, 121--143, 2005年
  • 使役動詞“使”がとる主語の認知論的解釈, 言語情報学研究報告3 コーパス言語学における構文分析, 11--28, 2004年
  • 副詞“都”の総括先の「複数性」について, 中国語, 521号, 26--31, 2003年
  • 代詞“毎”との組み合わせから見た副詞“都”の文法的意味, 東京外国語大学論集, 62号, 35--57, 2001年
  • 道具を表す名詞とその主語への適応性――中国語の道具主語の諸相――, 言語研究, 10号, 49--70, 2000年
  • 周縁的“过2”について, 中国語, 478号, 27--32, 1999年
  • いわゆる“过1”の統語論的性質について, 東京外国語大学論集, 58号, 1--17, 1999年
  • 結果を表す賓語の形式と意味, 中国言語文化論叢, 1号, 78--102, 1997年
  • 「受事賓語」再考―他動性の視点から―, 県立新潟女子短期大学研究紀要, 33号, 83--93, 1996年
  • 「兼語式」のプロトタイプ, 中国語学, 241号, 49--58, 1994年
  • 認知言語学的視点による中国語文法研究(1) ― 認知言語学概説―, 北東アジア地域研究中間報告書, 25--35, 1994年
  • 关于“着”表示的语法意义, 県立新潟女子短期大学研究紀要, 31号, 101--113, 1994年
  • 動補構造と“了”の省略, 中国語学, 238号, 97--105, 1991年
  • “的”字结构里头的述补结构与“了”, 汉语学习, 61号, 22--26, 1991年
  • “V的”と“了”―“的”構造における“了”の生起に関して―, 中国語学, 236号, 53--60, 1989年
【著書】
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年9月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年8月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年7月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年6月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年5月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年4月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年3月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年2月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2017年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2017年1月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • 中日辞典 第3版, 小学館, 事典・辞書, 共編著, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年12月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年11月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年10月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年8月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年7月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビで中国語壇蜜のとっさのおもてなし中国語, NHK出版, 単行本(一般書), 監修書, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年6月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年5月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビ テレビで中国語テキスト2016年4月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2016年
  • NHKテレビテレビで中国語テキスト2015年度4月号〜3月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2015年
  • 四コマ漫画で学ぶ中国語, 朝日出版社, 教科書, 監修書, 2015年
  • 中国語の基礎 発音と文法, NHK出版, 単行本(一般書), 共著, 2013年
  • NHKラジオ まいにち中国語テキスト2013年度4月号〜9月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2013年
  • 花咲く中国語, 朝日出版社, 教科書, 共著, 2013年
  • 中級中国語 読みとく文法, 白水社, 単行本(一般書), 単著, 2012年
  • NHKラジオアンコールまいにち中国語, NHK出版, 教科書, 共著, 2011年
  • 東京外国語大学中国語教材 文法, 内部発行, 教科書, 共著, 2011年
  • そのまま使える!中国語会話表現集, 東洋書店, 単行本(一般書), 共著, 2010年
  • NHKラジオまいにち中国語テキスト入門編2010年度4月号〜9月号, NHK出版, 教科書, 単著, 2010年
  • プログレッシブトライリンガル中日英・日中英辞典, 小学館, 事典・辞書, 監修書, 2010年
  • はなまる中国語, 朝日出版社, 教科書, 共著, 2009年
  • ガチャピン&ムックの中国語教室, 小学館, 単行本(一般書), 監修書, 2007年
  • 一冊目の中国語, 東洋書店, 単行本(一般書), 単著, 2007年
  • 公式でわかる初級中国語, 朝日出版社, 教科書, 共著, 2005年
  • 初級中国語花ばな―改訂版―, 朝日出版社, 教科書, 共著, 2004年
  • ツー・ウエイ中国語, 東方書店, 教科書, 共著, 1994年
【研究発表】
  • 行為の評価からモノの属性へのプロファイルシフトについて――中国語の難易度を表す形容詞の事例から――, 成蹊大学アジア太平洋研究センターCAPSプロジェクト「認知言語学の新領域開拓研究」2016年度第4回研究会, 国内会議, 成蹊大学アジア太平洋研究センター, 口頭(一般), 成蹊大学, 2017年
  • 動作を前提とする形容詞――中国語の難易度を表す形容詞をめぐって――, 「外国語と日本語との対照言語学的研究」第21回研究会, 国内会議, 東京外国語大学国際日本研究センター対照日本語部門, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2017年
  • 使役をどう教えるか, 中国語教育学会研究会夏季セミナーシンポジウム, 国内会議, 中国語教育学会, 口頭(招待・特別), 早稲田大学早稲田キャンパス, 2014年
  • 中国語教材における文法, 中国語教育学会第12回全国大会シンポジウム, 国内会議, 中国語教育学会, 口頭(招待・特別), 大東文化大学板橋キャンパス, 2014年
  • アスペクトマーカーと図地分化——“了”“着”の前景化と背景化の作用について——, 第3回国際シンポジウム「中国語文法研究の新展望」, 国際会議, 大東文化大学, 口頭(一般), 大東文化会館ホール, 2012年
  • 切れ目を入れる“了”と引き伸ばす“着” ——中国語におけるアスペクトマーカーの図地分化の働き——, 東京外国語大学国際日本研究センター主催夏季公開セミナー2012「言語・教育・文化——国際日本研究の試み——」, 国内会議, 東京外国語大学国際日本研究センター, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2012年
  • “了”の使い方――理論的側面からのアプローチ, 中国語教育学会第7回全国大会, 国内会議, 中国語教育学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 愛知大学豊橋校舎, 2009年

last updated on 2017/8/21