研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 峰岸 真琴
(MINEGISHI Makoto)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
HP http://www.aa.tufs.ac.jp/~mmine/index-j.html
取得学位 修士(文学)(東京大学)1981年
専門分野(科研費分類) 言語学
研究キーワード 東南アジア大陸部の言語学,タイ語学
Mainland Southeast Asian linguistics
自己紹介 タイ語,カンボジア語など,東南アジア大陸部の諸言語の研究を進めています。特に近年はタイ語の話しことばのコーパスについて,統語論,意味論,語用論的な研究をしています。
最近5年間の研究 形態統語論と音声学からみた東南アジア諸語における情報構造の類型論
本年度は、 以下の4点についての研究を開始する。
(1)データ収集のための基礎研究として、東南アジア諸言語における情報構造の表現方法に関する共通調査票を作成し,研究分担者それぞれの専門とする言語に関するデータを収集する。調査票作成の際は,Fery & Ishihara(2016)のような理論的な先行研究のみならず、同地域の各言語の文法的特質にも配慮した調査票を作成する。
(2)実験音声学チームはXu(2015)など情報構造とプロソディーについての専攻研究を参照しつつ,東南アジア諸語に適した実験音声学タスクを考える。
(3) 分担者の専門とする地域においてフィールド調査を行い、 それぞれの研究の進展に応じてコーパスデータを収集しつつ,試作した調査票を用いて調査項目の確認を行う。 調査地域によっては,実験音声学チームも調査に参加する。
(4) 本年度後半には,調査票によるデータ,コーパスデータ,実験音声学データ,それぞれの分析を開始する。

コーパスに基づく談話の結束性の研究
中国語,タイ語,ビルマ語,ラオス語,インドネシア語,タガログ語,マレーシア語,フランス語,ドイツ語,スペイン語,ポルトガル語について,話し言葉を中心としたコーパスを構築し,その分析を進めている。
所属学会 日本言語学会 評議員
東南アジア学会
インド言語学会
主要研究業績 【論文】
  • タイ語の動詞連続, 東南アジア大陸部諸言語の動詞連続, 72--93, 2017年
  • Description of Thai as an isolating language. , Social Science Information, 50巻1号, 62--80, 2011年
  • タイ語の動詞句, 東南アジア大陸部諸言語の動詞句, 124--183, 2013年
  • Geographic distribution of Khmer phonemic systems, Papers from the Second International Conference on Asian Geolinguistics, 191--202, 2014年
  • 言語の類型とその分布, 日本語学, 15巻23号, 56--64, 2004年
  • 言語類型論から文法論へ, 言語, 8巻34号, 42--50, 2005年
  • 言語類型論を考える, 日本エドワード・サピア協会年報, 21号, 1--14, 2007年
  • 形態論と統語論, 言語基礎論の構築へ向けて, 109--128, 2006年
  • 対照研究で読み解く日本語の世界 タイ語との対照:出来事と格関係を中心として, 日本語学, 33巻13号, 66--77, 2014年
【著書】
  • 東南アジア大陸部諸言語の動詞連続, 慶應義塾大学言語文化研究所, 単行本(学術書), 分担執筆, 2017年
  • Studies in Asian Geolinguistics III, ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(学術書), 分担執筆, 2016年
  • Non-nominative Subjects, Vol.1, John Benjamins, 単行本(学術書), 分担執筆, 2004年
  • 東南アジア大陸部諸言語の名詞句構造, 慶應義塾大学言語文化研究所, 単行本(学術書), 分担執筆, 2006年
  • 東南アジア大陸部諸言語の「行く・来る」, 慶應義塾大学言語文化研究所, 単行本(学術書), 分担執筆, 2003年
  • 言語基礎論の構築へ向けて, アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 分担執筆, 2006年
  • 東ユーラシア言語研究 第1集, 好文出版, 単行本(学術書), 分担執筆, 2006年
  • Encyclopedia of language and linguistics, Elsevier Science, 事典・辞書, 分担執筆, 2006年
【総説・解説記事】
  • 英語から見たタイ語(1), Teaching English Now, 三省堂, 総説・解説(商業誌), 単著, 2015年
【研究発表】
  • Geographic Distribution of Khmer Phonemic Systems, Second International Conference on Asian Geolinguistics, 国際会議, Department of Linguistics, Chulalongkorn University, 口頭(一般), Pathumwan Princess Hotel, Bangkok, 2014年
  • On developing Thai spoken corpus for analyzing discourse cohesion, Humanities: realities and power of dreams, 国際会議, Faculty of Humanities, Chiangmai University, 口頭(一般), Chiangmai, 2016年
  • Reexamination of coarticulative tones in Thai, 東南アジア言語学会 第23回大会, 国際会議, 東南アジア言語学会, 口頭(一般), チュラロンコン大学、バンコク、タイ, 2013年
  • タイ語の3語文の音響音声学的分析, 日本音声学会第29回全国大会, 国内会議, 日本音声学会, 口頭(一般), 神戸大学, 2015年
  • タイ語における2音節連続の形成する声調のピッチパタンについて, 第27回日本音声学会全国大会, 国内会議, 日本音声学会, 口頭(一般), 金沢大学, 2013年
  • Semantic Characteristics of Thai Basic Verbs, 東南アジア言語学会 第23回大会, 国際会議, 東南アジア言語学会, 口頭(一般), チュラロンコン大学、バンコク、タイ, 2013年
【現地の調査・研究】
  • タイ語の語彙・文法研究, タイ, カセサート大学, 2012年-継続中
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(A) コーパスに基づく談話の結束性の研究(2013年度-2015年度)

last updated on 2017/8/1