研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 楠本 徹也
(KUSUMOTO Tetsuya)
所属 職名 大学院国際日本学研究院/教授
E-mail kusumoto@tufs.ac.jp
取得学位 英米文学学士(青山学院大学)1979年
言語学修士(ミシガン大学(アメリカ合衆国))1982年
専門分野(科研費分類) 日本語学
日本語教育
研究キーワード 日本語教育学,日本語学,応用言語学
TJSL, Japanese Linguistics, Applied Linguistics
自己紹介
最終学歴 1979年03月 青山学院大学文学部英文学科卒業
1982年12月 ミシガン大学言語科学研究科言語学(Linguistics)修了
所属学会 日本語教育学会
日本語文法学会
留学生教育学会
主要研究業績 【論文】
  • 授受動詞アゲル、クレルにおける視点に関する一考察, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 42号, 49--64, 2017年
  • 過去の否定事態を表すシテイナイにおける話し手の心的態度と表現効果, 東京外国語大学論集, 92号, 117--128, 2016年
  • 初対面会話におけるノダ文の表れ, 東京外国語大学留学生日本語教育センタ-論集, 42号, 1--12, 2016年
  • 中途終了型発話文「~けど」「~ので」の要求・断り行為場面における待遇的談話機能, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 41号, 47--60, 2015年
  • 有対自動詞構文における意味的組成関係ー他動詞有標可能構文との比較においてー, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 40号, 103--111, 2014年
  • 日本語の対話テキストにおける自称詞・対称詞の主題機能―中国人学習者の日本語による初対面会話からの分析, 東京外国語大学論集, 81号, 155--166, 2010年
  • 無標可能表現に関する一考察, 東京外国語大学論集, 77号, 65--85, 2009年
  • 「ラシイ」らしさとは―「ヨウダ」との比較において, 東京外国語大学論集, 77号, 281--296, 2008年
  • 「コミュニケーションのための日本語教育文法」という幻想, 東京外国語大学論集, 74号, 1--18, 2007年
  • 中国での日本語教育実習を終えて, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 31号, 197--212, 2005年
  • 『導入』における2クラス合同授業の試み, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 30号, 237--247, 2004年
  • 良い日本語教科書の条件-『新概念日語Ⅰ』出版にあたり-, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 29号, 145--157, 2003年
  • 無助詞文における話し手の情意ネットワーク, 日本語教育, 115号, 21--30, 2002年
  • 「を」格における他動性のスキーマ, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 28号, 1--12, 2002年
  • トコロの意味と機能に関する一考察, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 26号, 77--87, 2000年
  • ノダ文におけるノの認知作用に関する一考察, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 25号, 99--109, 1999年
  • ZERO PARTICLE AND ITS THEMATIC FUNCTION, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 24号, 23--31, 1998年
  • AGE AND L2 ACQUISITION: SOME THEORETICAL CONCERNS, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 23号, 17--24, 1997年
  • 初級段階における不自然な日本語について, 中国赴日本国留学生予備学校日本語教育論集, 2号, 49--68, 1996年
  • 中国長春市における日本語教育の現状と分析, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 22号, 151--165, 1996年
  • 第二言語習得過程と教授法の整合性に関する一考察, 中国赴日本国留学生予備学校日本語教育論集, 1号, 58--76, 1995年
  • 終助詞「よ」の待遇性に関する一考察, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 21号, 1--14, 1995年
  • 否定疑問文とその応答に関する覚え書き, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 20号, 1--14, 1994年
  • 日本語教師海外派遣プログラムにおける事前研修のあり方と問題点-文部省REX計画事前研修を担当して-, 日本語教育, 82号, 59--71, 1994年
  • 文部省REX計画事前研修報告, 東京外国語大学留学生日本語教育センター, 20号, 227--244, 1994年
  • 働きかけのモダリティーによるガ格句の焦点化現象, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 19号, 1--16, 1993年
  • 格助詞「が」の構文変換に伴う機能変化-機能交差(functional crossover)の一例として-, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 15号, 19--33, 1992年
【著書】
  • 高职高专新概念日语教程4教师用书, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2012年
  • 高职高专新概念日语教程4, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2012年
  • 高职高专新概念日语教程3教师用书, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2011年
  • 高职高专新概念日语教程3, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2011年
  • 高职高专新概念日语教程2练习册, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2009年
  • 高职高专新概念日语教程2, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2009年
  • 高职高专新概念日语教程2教师用书, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2009年
  • 高职高专新概念日语教程1练习册, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2008年
  • 高职高专新概念日语教程1, 北京出版社, 教科書, 共著, 2008年
  • 高职高专新概念日语教程1教师用书, 北京出版社, 教科書, 共編著, 2008年
  • 形式名詞がこれでわかる, ひつじ書房, 単行本(学術書), 共著, 2003年
  • JAPANESE CULRURAL ENCOUNTERS, McGraw-Hills, 単行本(一般書), 共著, 1991年
【研究発表】
  • 応答文に使われるシテイナイにおける答え手の心的態度, 2015年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 沖縄国際大学, 2015年
  • 日本人の思考・情動に対する留学生の受容性―中国人留学生を例として, 留学生教育学会(JAISE)第20回年次大会(総会・研究大会), 国内会議, 留学生教育学会, 口頭(一般), 学校法人電子学園 日本電子専門学校7号館, 2015年
  • 丁寧さからみたノダ文における表現効果, 第四回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム, 国際会議, 延辺大学, 口頭(一般), 延辺大学、中国延吉市, 2015年
  • 中・上級日本語教科書における思想的傾向, 第19回留学生教育学会(JAISE)研究大会, 国内会議, 留学生教育学会, 口頭(一般), 東北大学, 2014年
  • 中途終了型発話文におけるケド節とノデ節の待遇的相反機能, 2012年日本語教育国際研究大会, 国際会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 名古屋大学, 2012年
  • 有対自動詞可能表現における概念的特性―他動詞有標可能表現との比較において―, 「国際提携と日本学研究」中国人民大学東アジア日本言語文学文化国際シンポジウム, 国際会議, 中国人民大学外国語学院 中国人民大学日本人文社会科学研究センター, 口頭(一般), 中国人民大学、北京、中国, 2011年
  • 無標可能表現における被動性と再帰性, 2010世界日語教育大会, 国際会議, 国立政治大学, 口頭(一般), 台湾 国立政治大学, 2010年
  • 対話における自称詞・他称詞の主題性と結束機能ー中国人学習者の日本語による初対面会話よりー, 2010年度日本語教育学会春季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 早稲田大学, 2010年
  • トキ節におけるプロセス認知とそのムード要因, 日本語文法学会第3回大会, 国内会議, 日本語文法学会, 口頭(一般), 同志社女子大学, 2002年
  • 無助詞文における主題性と話し手の事態認知, 杏林大学第7回日本語文法研究会, 国内会議, 杏林大学日本語文法研究会, 口頭(一般), 八王子市, 2002年
  • ノダ文におけるノの認知作用と待遇的効果, 平成8年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 京都外国語大学, 1996年
  • A Case of Functional Crossover in Japanese, The 23rd International Systemic Functional Congress, 国際会議, 機能言語学会, 口頭(一般), University of Technology(オーストラリア), 1996年
  • Functional Changes of Japanese Case Marker GA, 第5回機能言語学会秋期研究大会, 国内会議, 日本機能言語学会, 口頭(一般), 南山大学, 1995年
  • 学習ストラテジー-そのパターン化のある一例-, 平成4年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 南山大学, 1992年
  • ゼロ格の確立, 平成4年日本語教育学会創立30周年・法人設立15周年記念大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 東京外国語大学, 1992年

last updated on 2017/7/27