研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 栗原 浩英
(KURIHARA Hirohide)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
E-mail hkuri@aa.tufs.ac.jp
取得学位 修士(国際学)(東京大学)1983年
博士(学術)(東京大学)2004年
専門分野(科研費分類) 地域研究
国際関係論
研究キーワード ベトナム,中国,ソ連,ロシア,国際関係,社会主義
自己紹介
最終学歴 1981年03月 東京大学教養学部教養学科卒業
1983年03月 東京大学社会学研究科国際関係論専門課程修了
1987年03月 東京大学総合文化研究科国際関係論専門課程単位取得満期退学
所属学会 歴史学研究会
アジア政経学会
東南アジア学会
日本ベトナム研究者会議
歴史科学協議会
東方学会
主要研究業績 【論文】
  • 「中国とベトナム―『兄弟』から『パートナー』へ」, 『季刊中国』, 120号, 4--17, 2015年
  • Vai tro cua chinh quyen dia phuong trong “Hai hanh lang mot vanh dai kinh te”Viet Nam-Trung Quoc, Hop tac phat trien “Hai hanh lang mot vanh dai kinh te” Viet Nam-Trung Quoc trong boi canh moi, 50--69, 2012年
  • ベトナムと旧同盟諸国, 東亜, 535号, 96--105, 2012年
  • ベトナム社会主義における「人間」の位置, 社会主義的近代化の経験, 186--206, 2011年
  • ベトナムの社会主義―制度としての社会主義から理念としての社会主義へ―, いま社会主義を考える―歴史からの眼差し―, 203--237, 2010年
  • Направление нынешних вьетнамско-китайских отношений, Дипломатическая служба, 43--47, 2009年
  • "两廊一圈":開启中越関系新篇章, 大湄公河次区域経済走廊建設研究, 260--269, 2009年
  • 変わりつづける社会主義―ベトナムにおけるふたつの近代化, 民博通信, 125号, 8--9, 2009年
  • Ve quan he kinh te thuong mai Van Nam-VietNam:Cac khu vuc bien gioi ngoai 'Vanh dai kinh te Con Minh - Ha Khau', Chinh sach doi ngoai rong mo cua Viet Nam va quan he Viet Nam - Trung Quoc(ed.Do Tien Sam・Furuta Motoo),Ha Noi: Nxb Khoa hoc xa hoi, 296--314, 2003年
  • ホー・チ・ミンとスターリン―ホー・チ・ミン訪ソ(1950年2月)の歴史的意義, アジア・アフリカ言語文化研究, 65号, 19--44, 2003年
【著書】
  • 『人はなぜフィールドに行くのか』, 東京外国語大学出版会, 単行本(学術書), 共著, 2015年
  • 現代アジアの女性たち―グローバル化社会を生きる, 新水社, 単行本(学術書), 共著, 2014年
  • Hop tac phat trien “Hai hanh lang mot vanh dai kinh te” Viet Nam-Trung Quoc trong boi canh moi, Nha xuat ban khoa hoc xa hoi, 単行本(学術書), 共編著, 2012年
  • ニクソン訪中と冷戦構造の変容, 慶応義塾大学出版会, 単行本(学術書), 共著, 2006年
  • コミンテルン・システムとインドシナ共産党, 東京大学出版会, 単行本(学術書), 単著, 2005年
  • Chinh sach doi ngoai rong mo cua Viet Nam va quan he Viet Nam -Trung Quoc Ha Noi:Nxb Khoa hoc xa hoi,2003,tr.296-314, Nha xuat ban Khoa hoc xa hoi,Ha Noi,Viet Nam, 単行本(学術書), 共著, 2003年
  • 東南アジアの歴史, 有斐閣, 単行本(学術書), 共著, 2003年
  • 『東南アジア史』7, 岩波書店, 単行本(学術書), 共著, 2002年

last updated on 2015/4/3