研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 呉人 徳司
(KUREBITO Tokusu)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
取得学位 修士(文学)(北海道大学)1995年
博士(文学)(京都大学)2001年
専門分野(科研費分類) 言語学、チュクチ語、モンゴル諸語
研究キーワード チュクチ語、モンゴル諸語
Chukchi language,Mongolic languages
自己紹介 ロシアのシベリア地方の北東端に分布するチュクチ語のほかに、モンゴル国、中国、ロシアに分布するモンゴル諸語の研究を行っています。
最終学歴 1987年07月 内蒙古大学蒙古語言文学系卒業
1990年07月 内蒙古大学蒙古語言文学研究科(蒙古語専攻)蒙古語専攻修了
1995年03月 北海道大学文学研究科言語学専攻修了
1998年03月 京都大学文学研究科言語学その他
主要研究業績 【論文】
  • Diversity of the passive voice in the Mongolic languages, Linguistic Typology of the North, 4号, 1--11, 2017年
  • 東部ユグル人とその言語, 現代中国における言語政策と言語継承, 第三巻, 72--81, 2016年
  • Chukchi as a polysynthetic language, Linguistic Typology of the North, Vol.3 号, 59--71, 2016年
  • 作為一个跨境语言的命运和困境--卫拉特蒙古语的过去和现在--, 跨境语言与社会生活, 221--234, 2015年
  • ダグル民族における滿洲の影響及び言語使用の実態, 現代中国における言語政策と言語継承, 第二巻, 119--125, 2015年
  • 漢語対蒙古語的影響―東部地区蒙古族語言文化变迁―, 『語言、民族与国家』 , 239--248, 2013年
  • モングォル語を取り巻く状況, 現代中国における言語政策と言語継承, 第一巻, 39--46, 2013年
  • An Outline of Valency-Reducing operations in Chukchi, Senri Ethnological Studies, 77号, 177--189, 2012年
  • Transitivity in Mongolian, Linguistic Typology of the North, Volume 2巻, 105--116, 2011年
  • チュクチ語の結合価の変更について, アジア・アフリカの言語と言語学, 4号, 111--132, 2010年
  • Some note on the Chakhar dialect spoken in Xinjiang, Proceedings of the Second International Conference ‘Past and Present of the Mongolic Peoples’, 363--368, 2009年
  • Valency-changing in Chukchi, Linguistic Typology of the North, 73--86, 2008年
  • A study of vowel harmony in Mongolian and Chukchi: Directionality vs. Dominance, Altaistic Studies Ⅱ, 2巻, 61--70, 2008年
  • On the passive in Mongolian dialects, Ambiguity of Morphological and Syntactic Analyses(論文集) Research Institute for languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 103--111, 2008年
  • Language ‘Pollutionin’ in Mongolian: With a Focus on the Khorchin Dialect, Rroceeding of the International Symposium Past and Present Dynamics: the great Mongolian State(論文集) Research Institute for languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 117--125, 2008年
  • モンゴル語諸方言における受身と使役について, 「ユーラシア諸言語の研究」刊行会編『ユーラシア諸言語の研究: 庄垣内正弘先生退任記念論集』, 81--92, 2006年
  • チュクチ語における借用語について, 津曲敏郎編『環北太平洋の言語』、北海道大学大学院文学研究科, 12号, 25--34, 2005年
  • ツンドラのトナカイ遊牧民チュクチ, 北海道立北方民族博物館編『第19回特別展「北の遊牧民―モンゴルからシベリアへ―」の展示図録』、北海道立北方民族博物館、網走, 38--42, 2004年
  • Reideer Slaughter by Chukchi:Terms for the Body Parts, ed.Kazunobu Ikeya "Reindeer pastoralism among the Chukchi(Chukotka Studies No.1)" ,Chukotka Studies Committee, 57--68, 2004年
【著書】
  • Linguistic Typology of the North, ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(学術書), 編著, 2016年
  • 探検言語学― ことばの森に分け入る , 北海道大学出版会, 単行本(学術書), 共著, 2014年
  • Ныппылюк’ин Принц, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(一般書), 編著, 2014年
  • Linguistic Typology of the North, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, その他, 共編著, 2011年
  • Chukchi Folktales, Chukotka Studies Committee, 単行本(学術書), 編著, 2010年
  • Proceedings of the second International Conference ‘Past and Present of the Mongolic Peoples’, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, 単行本(学術書), 編著, 2009年
  • 事典 世界のことば141, 大修館書店, 事典・辞書, 共著, 2009年
  • モンゴル語実践会話入門, アジア・アフリカ言語文化研究所, 教科書, 共編著, 2009年
  • 世界のことば・辞書の辞典, 三省堂, 単行本(学術書), 共著, 2008年
  • Linguistic Typology of the North, アジア・アフリカ言語文化研究所, その他, 編著, 2008年
  • Чевъёргавветгавыт А4а4эты ынкъам Нэнъайвым4ылтэлтэ христосы гэинэнчичэвэтэ, PRINTED by JAPAN, Akebono Kitaku Co., Ltd, 単行本(学術書), 単著, 2008年
  • Ambiguity of Morphological and Syntactic Analyses, Research Institute for languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(学術書), 共著, 2008年
  • Rroceeding of the International Symposium Past and Present Dynamics: the great Mongolian State, Research Institute for languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(学術書), 共著, 2008年
  • A Basic Topical Dictionary of the Koryak-Chukchi laugauges, ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, 事典・辞書, 共著, 2004年
  • Chukchi Animal Folktales(Chukotka Studies No.3), Chukotka Studies Committee, Tokyo, 単行本(学術書), 共著, 2004年
  • Chukchi FolktalesⅠ(Chukotka Studies No.1), Chukotka Studies Committe, 単行本(学術書), 単著, 2004年
【総説・解説記事】
  • 極北のトナカイ遊牧民のことばを追って, フィールトプラス, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化, 総説・解説(大学・研究所紀要), 単著, 2015年
  • 第8回モンゴル学術交流会―和光大学モンゴル祭り2003の一環として―, 東西南北, 和光大学総合文化研究所年報, 総説・解説(大学・研究所紀要), 単著, 2004年
【研究発表】
  • Notes on phonological and morphological characteristics in Eastern Yugur, 共同利用・共同研究課題「公刊資料に基づく中国・河西回廊地域モンゴル諸語の研究」第5回研究会, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化所304号室, 2016年
  • Notes on Tense in the Mongolic Languages, Time and Language , 国際会議, The Linguistic Association of Finland , 口頭(一般), Turku, Finland, 2016年
  • Some questions of causative and passive of Khorchin dialect in Mongolian, the 11th International Congress of Mongolists, 国際会議, International Association for Mongol Studies, 口頭(一般), Ulaanbaatar, Mongolia, 2016年
  • Diversity of the passive voice in the Mongolic languages, Descriptive and Contrastive Analysis on Languages of Northeast Eurasia, 国際会議, 新潟大学, 口頭(一般), 新潟大学, 2016年
  • Sun: Chukchi-Kamchatkan languages , AA研共同利用・共同研究課題『アジア』地理言語学研究」, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化所, 2016年
  • フィールド言語学の楽しみと苦しみ, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化所, 2015年
  • チュクチの子どもたちのために, フィールド言語学カフェ~世界の言語で読む le petit prince~, 国内会議, 言語ダイナミクス科学研究プロジェクト, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2015年
  • On the Chulchi riddle, 4th 3E International Conference: Enjoyment, Elderly, Edutaiment , 国際会議, Dongguk University, 口頭(一般), Gyeongju, Korea, 2015年
  • 作为一个跨境语言的变异现象--以中国和蒙古国的蒙古语个案为例--, 第二届跨境语言研究论坛, 国際会議, 中国教育部语言文字应用研究所,·中国民族语言研究学会,玉溪学院, 口頭(一般), 中国・玉溪市, 2010年-2015年
  • 東郷語的语言接触与使用情况, The 13th Urban Language Seminar, 国際会議, Shaanxi Normal University, China, 口頭(一般), 中国・西安市, 2015年
  • 作为一个跨境语言的变异现象--以中国和蒙古国的蒙古语个案为例--, The 13th Urban Language Seminar, 国際会議, Shaanxi Normal University, China, 口頭(一般), 中国・西安市, 2015年
  • ʺOn the relationship between transitive verb and intransitive verb in Mongolianʺ , Международный Конференц ʺАктуальные проблемы современного монголоведения и алтаискиʺ, 国際会議, Kylmyk State University, 口頭(一般), Kalmyk State University, Elista, Russia, 2014年
  • ʺBuryat as a Cross-border Languageʺ, 2nd Conference on ʺUrban Language Surveyʺ, 国際会議, Association for Urban Language Survey, 口頭(一般), Inner Mongolia University, Hohhot, China , 2014年
  • ʺThe Importance of Native Language Education: A Case of Chukchiʺ, 3rd 3E International Conference “Enjoyment, Elderly, Edutaiment”, 国際会議, Association for “Enjoyment, Elderly, Edutaiment”, 口頭(一般), Ulaanbaatar, Mongolia, 2014年
  • A Notes on Tense in the Mongolic Language, the 2nd International Conference “ New Trends in Mongolian Studies”, 国際会議, National University of Mongolia, 口頭(一般), Ulaanbaatar, Mongolia, 2014年
  • Oirat Mongolian Past and Present: the Plight and Fate of a Cross-border Language, The 7th Chinese Sociolinguistic Conference , 国際会議, 中国社会言語学会, 口頭(一般), 百色市、中国, 2013年
  • Oirat as a Cross-border language, 2nd Open Conference on Mongolain Studies, 国際会議, Autralian National University, 口頭(一般), Canberra, Australia, 2013年
  • Some lexical and morphological Characters of the Kholchin dialect in Mongolian, International Symposium on Mongolian languages and Regional Culture, 国際会議, Inner Mongolia University for the Nationalities, 口頭(一般), 阿尔山市,中国, 2013年
  • Protecting the traditional Culture of Siberias’ Older Generation, 2nd 3E (Enjoinment, Elderly, Edutainment) International Conference, 国際会議, 西南学院大学, 口頭(一般), 西南学院大学、福岡市, 2013年
  • 「シベリアのトナカイ遊牧文化の基礎語彙調査」, フィールド言語学ワークショップ:現地調査で『基礎語彙』を収集する, 国内会議, AA研「言語ダイナミクス科学研究プロジェクト」(LingDy2), 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2013年
  • Valency Change in Chukchi: Decrease Derivations and Increase Derivations, International Workshop on Verb Valency Change, 国際会議, Department of Linguistics, University of Sonora, Mexico, 口頭(一般), University of Sonora, Hermosillo, Mexico, 2013年
  • Chukchi as a Polysynthetic language, International Workshop on Linguistic Documentation and Description of the North, 国際会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • Remarks on Tense in Mongolic Languages, 4th International Conference on Past and Present of the Mongolic Peoples, 国際会議, Institute of Humanities, Buryat State University, 口頭(一般), Buryat State University, Ulan-Ude, Russia, 2012年
  • A Comparative Study of Vowel Harmony: Directionality vs. Dominance, 55th Permanent International Altaistic Conference, 国際会議, The Altaic Society, 口頭(一般), Cluj-Napoca, Rumania, 2012年
  • チュクチ語の複文に関する一考察, AA研共同利用・共同研究課題「節連結に関する通言語的研究」, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • Voice and valency change in ergative and accusative languages: Focusing on Chukchi and Mongolian, International Workshop “Transitivity and its Related Phenomena”, 国際会議, Research Institute for languages and Culture of Asia and Africa, 口頭(一般), Research Institute for languages and Culture of Asia and Africa, 2011年
  • On Tense in the Mongolic Languages, International Workshop on Reconstruction of Time in Asian Languages, 国際会議, Institute of Linguistics, Academia Sinica, 口頭(招待・特別), Teipei (Taiwan), 2011年
  • Mostaert and His ’Le Dialecte Mongour: Grammaire, International Conference on A. Mostaert and his Mongolian Studies, 国際会議, Mostaert Research Center, 口頭(一般), Ulaanbaatar (Mongolia), 2011年
  • Anticausative in Mongolian: From a typological point of view, 10th International Conference of Mongolian Studies, 国際会議, International Association for the Mongol Studies, 口頭(招待・特別), Ulaanbaatar (Mongolia), 2011年
  • Voice in the Mongolic Languages, International Workshop on Typological Studies of China, 国際会議, Association for Linguistic Typology, 口頭(一般), 香港大学, 2011年
  • チュクチ語の他動性とヴォイス, AA研共同研究プロジェクト「北方諸言語の類型論的比較研究」第5回研究会, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学本郷サテライト, 2011年
  • 汉语对蒙古语的影响―东部地区蒙古族语言文化变迁―, 第六回中国社会言語学会, 国際会議, 中国教育部語言文字応用研究所, 口頭(一般), 中国・金州大学, 2011年
  • 探寻西伯利亚东北部的驯鹿游牧文化, 内蒙古大学蒙古学研究中心研究会, 国際会議, 内蒙古大学蒙古学研究中心, 口頭(招待・特別), 中国・内蒙古大学, 2011年
  • Valency change in Chikchi, The Second Conference in Linguistics within the Birgit Rausing Language Program, Humanities of the Lesser-known, 国際会議, Centre for Languages and Literature, Lund University, 口頭(一般), Lund City, Sweden, 2010年
  • The Importance of Native Language Education: A Lesson from Chukchi Experience, The 16th World Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, 国際会議, the China Union of Anthropological and Ethnological Sciences, 口頭(一般), 雲南大学, 2009年
  • Comparative Study of the Voice in Mongolian Dialects, 52nd Annual meeting of the PIAC ‘Myth and Mystery in the Altaic World’, 国際会議, Permanent International Altaistic Conference, 口頭(一般), 内モンゴル大学, 2009年
  • チュクチ語の態について, 国立民民族学博物館の共同研究プロジェクト「世界の諸言語における態(voice)の類型論的研究」の平成20年第二回研究会, 国内会議, 国立民族学博物館, 口頭(一般), 国立民族学博物館, 2009年
  • The Vowel Harmony of Mongolian and Chukchi, The Vowel Harmony of Mongolian and Chukchi, 国際会議, モンゴル国立ホブト大学, 口頭(一般), モンゴル国立ホブト大学, 2008年
  • On the voice in Mongolian dialects, The 23th International Conference on Mongolian Studies, 国際会議, the Korean Association of Mongol Studies, 口頭(一般), 韓国、Sangji University, 2008年
  • Some Notes on the Chakhar Dialect Spoken in Xinjinag, China, Second International Conference “Past and present for Mongolic Peoples”, 国際会議, 東京外国語大学、モンゴル国立大学、モンゴル国文化教育大学, 口頭(一般), モンゴル国ウランバータル市, 2007年
  • 北東ユーラシア言語資料のデータベース化とその公開について, AA 研フォーラム, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般),  , 2007年
  • Language Pollution in Mongolian: With a Primary Focus on Khorchin Dialect, International Symposium "Past and present dynamics: The Great Mongolian State", 国際会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般),  , 2006年
  • チュクチ語の逆受動構文について, 「北方諸言語の類型的比較研究」科学研究補助金(基盤研究B)研究会, 国内会議, 北海道大学・津曲敏郎(研究代表者), 口頭(一般), 北海道大学, 2005年
  • The polysynthetic language: Evidence from Chukchi, International conference: Comparative, historical and typological study of languages and cultures, 国際会議, Tomsk State Pedagogical University, 口頭(一般), Tomsk city, Russia, 2005年
  • チュクチ語の抱合と複統合性, 日本言語学会130回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 国際基督大学, 2005年
  • モンゴル語諸方言の使役と受身, 共同研究プロジェクト「形態・統語分析におけるAmbiguity (あいまい性)―通言語的アプローチ―」研究会, 国内会議, 呉人徳司, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2005年
  • Language endangerment of Chukchi, International Conference "Language Promotion and Planning in Europe and Russia″, 国際会議,  , 口頭(一般), Elista, Republic of Kalmykia, Russia,Kalmyk State University, 2004年
  • ツンドラの遊牧民と草原の遊牧民(公開講座), 北方民族博物館第19回特別展, 国内会議, 北海道立北方民族博物館, 口頭(一般), 北海道立北方民族博物館、網走, 2004年
  • トナカイ遊牧民チュクチの伝統文化, 草原とツンドラの遊牧民, 国内会議,  , 口頭(一般), 網走市,北海道立北方民族博物館, 2004年
  • チュクチ語の動詞文における項の増減について, AA研フォーラム, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2004年
  • Language revitalization in Chukchi, Internationnal conference “The Role of intercommunication in Athabascan Revitalization”, 国際会議, ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, 2004年
  • チュクチの人々の伝統文化の現状, 国立民族学博物館共同研究プロジェクト「ジェサップ北太平洋調査を追試する―極東シベリア・北米大陸先住諸民族の文化の変容」, 国内会議,  , 口頭(一般), 国立民族学博物館, 2004年
  • モンゴル語の配慮表現―日本語と比較して―, 桜美林大学公開講座, 国内会議,  , 口頭(一般), 桜美林大学, 2004年
  • On the so called causative suffix -uul/-üül in Mongolian, International conference “Mongol studies in new millennium”, 国際会議, Kalmyk State University, Elista, Russia, 口頭(一般), Kalmyk State University, Elista, Russia, 2003年
  • Topics in Chukchi morphology, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa Linguistic Seminar Series, 国際会議, ILCAA, 口頭(一般), ILCAA, 2003年
  • The present situation of Chukchi traditional culture, INALCO, 国際会議, INALCO, 口頭(一般), L’Institut national des Langues et Civilisations Oreintales de Paris (INALCO), 2003年
  • The present situation of Chukchi traditional culture and language maintenance, Department of Anthropology, University of Aberdeen, 国際会議, Department of Anthropology, University of Aberdeen, 口頭(一般), Department of Anthropology, University of Aberdeen, 2003年
  • Vowel harmony in Mongolian and Chukchi: Directionality vs. Dominance, The 8th International Congress of Mongolists, 国際会議,  , 口頭(一般), Ulaanbaatar, Mongolia, 2002年
  • Some topics in Chukchi phonology and morphology, Alaska Native language Center, 国際会議, Alaska Native language Center, 口頭(一般), University of Alaska Fairbanks, 2002年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(B) 北東アジア諸言語の統合性をめぐる類型的・史的比較研究(2009年度-2012年度)

last updated on 2017/4/21