研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 川口 裕司
(KAWAGUCHI Yuji)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/教授
HP http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/
取得学位 外国語学(東京外国語大学)1987年
新制博士(言語学)(ランス大学)2002年
専門分野(科研費分類) フランス語学・トルコ語学
フランス語教育
研究キーワード
自己紹介 ただ一つの望みは、本学が教員にとって静かに教育と研究のできる環境であって欲しいです。
最終学歴 1988年03月 パリ第5大学(Universite de Paris V)言語科学研究科言語学単位取得満期退学
最近5年間の研究 中世フランス語の文献学
中世フランス語文献のつづり字による当時の言語状況についての研究。

現代トルコ語の言語研究
現代トルコ語のオノマトペ、形態論、統語論についての研究。

日本人フランス語学習者の中間言語研究
フランスの国際プロジェクトPFCに新たに中間言語研究部門を構築し、東京外国語大学とジュネーヴ大学において、それぞれ日本人とスペイン人のフランス語学習者の中間言語分析を開始した。今後さらにこの研究を他の諸国に拡大する。

フランス語話し言葉コーパスの構築と分析
エクス・マルセイユ大学に教員と院生を派遣し、同大学構内および家庭で話し言葉の録音を行い、文字化し、デジタルデータする。
所属学会 外国語教育学会 会長
ロマンス語学会
フランス語学会
国際ロマンス語学会
国際フランス語通時言語学会(Société Internationale de Diachronie du Français)
日本フランス語教育学会
主要研究業績 【論文】
【著書】
  • 仏検3級準拠 頻度順フランス語単語集, 駿河台出版社, 事典・辞書, 共著, 2016年
  • 仏検2級準拠 頻度順フランス語単語集, 駿河台出版社, 事典・辞書, 共著, 2016年
  • 音声の科学 ―音声学入門―, 白水社, 単行本(学術書), 共訳, 2016年
  • 初級フランス語のすべて, IBCパブリッシング, 教科書, 単著, 2016年
  • 初級トルコ語のすべて, IBCパブリッシング, 教科書, 単著, 2016年
  • Corpus-based Analysis in Diachronic Linguistics, John Benjamins, 単行本(学術書), 共著, 2011年
  • 一冊目のトルコ語, 東洋書店, 教科書, 単著, 2010年
  • 仏検4級対応 会話で覚えるフランス語333 (共著), 東洋書店, 教科書, 共著, 2009年
  • Corpus Analysis and Variation in Linguistics, John Benjamins, 単行本(学術書), 共編著, 2009年
  • フランス語BOOK (共著), 成美堂出版, 教科書, 監修書, 2009年
  • 一冊目のフランス語, 東洋書店, 単行本(一般書), 単著, 2008年
  • Corpus-Based Perspectives in Linguistics, John Benjamins, 単行本(学術書), 共編著, 2007年
  • Spoken Language Corpus and Linguistic Informatics, John Benjamins, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • 言語情報学研究報告 12 コーパス言語学の諸相―話し言葉コーパスと書き言葉コーパス―, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • 言語情報学研究報告 11 言語研究におけるコーパス分析と理論の接点, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • Prosody and Syntax Cross-linguistic perspectives, John Benjamins, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • 言語情報学研究報告 9 シンポジウム・講演会・研究報告, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科, 単行本(学術書), 共編著, 2006年
  • フランス語を探る, 三修社, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • 言語情報学研究報告 8 フィールド調査による口語資料の収集及びその分析, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • Corpus-Based Approaches to Sentence Structures, John Benjamins, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • Linguistic Informatics – State of the Art and the Future The first international conference on Linguistic Informatics, John Benjamins, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • 言語情報学研究報告3 通言語音声研究 音声概説・韻律分析, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科, 単行本(学術書), 共編著, 2004年
  • ことばの表現辞典, 三省堂, 事典・辞書, 共著, 2004年
  • 言語情報学研究報告2 言語学・応用言語学・情報工学, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科, 単行本(学術書), 共編著, 2004年
  • 言語情報学研究報告1 TUFS言語モジュール, 21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科, 単行本(学術書), 共編著, 2004年
  • Recherches linguistiques sur le champenois méridional au moyen âge – Aspects phonétiques et graphiques -, ランス大学(Université de Reims)新制博士号取得論文, その他, 単著, 2002年
  • 言語関係論, 人間総合科学大学, 教科書, 単著, 2001年
  • フランス語を考える, 三修社, 単行本(学術書), 共編著, 1998年
【研究発表】
  • Ressources didactiques complémentaires de PFC-EF: les modules de TUFS, Journée PFC2010 : des normes à la périphérie, 国際会議, Phonologie du français contemporain, 口頭(一般), FMSH, Paris, 2010年
  • Les supports informatiques de IPFC: plateforme Moodle et site IPFC, Premier Colloque de Interphonologie du Français Contemporain, 国際会議, IPFC, 口頭(一般), Maison des Sciences de l'Homme, Paris, 2010年
  • Enjeux méthodologiques dans les corpus oraux en L2 : transcriptions, annotations et codages, Journée PFC2010 : des normes à la périphérie, 国際会議, PFC, 口頭(一般), Maison des Sciences de l'Homme, Paris, 2010年
  • Langue parlée dans les documents écrits – Cas du français et du japonais-, Penser les langues avec Claire Blanche-Benveniste, 国際会議, Ecole Pratique des Hautes Etudes, 口頭(一般), Ecole normal superieure, 2010年
  • Du lexique canadien à la phonologie suisse en FLE au Japon: ressources audiovisuelles pédagogiques et données sonores authentiques en milieu hétéroglotte, Colloque - VARIÉTÉS, VARIATIONS & FORMES DU FRANÇAIS Ecole Polytechnique, 国際会議, Ecole Polytechnique, 口頭(一般), Paris, 2010年
  • Transcription de corpus d’apprenants multilingues de FLE et analyse interphonologique : enjeux méthodologiques, 24ème colloque international du CerLiCO, 国際会議, CerLiCO, 口頭(一般), Université de Tours, 2010年
  • The production of French nasal vowels by advanced Japanese and Spanish learners of French: a corpus-based evaluation study, the Sixth International Symposium on the Acquisition of Second Language Speech, 国際会議, New Sounds 2010, 口頭(一般), Adam Mickiewicz University, Poznań, Poland, 2010年
  • Liaison in the 18th Century -A case study of Gile Vaudelin’s texts-, Corpus Analysis and Diachronic Linguistics, 国際会議, Global COE Program, 口頭(一般), Tokyo University of Foreign Studies, 2010年
  • Liaison au XVIIIe siècle – Analyse préliminaire des textes de Gile Vaudelin -, Phonologie du francais contemporain: 10 ans de PFC Bilan et perspectives, 国際会議, Phonologie du francais contemporain (PFC), 口頭(招待・特別), Maison de Sciences de l'Homme, 2009年
  • Les voyelles nasales du français en L2 : le cas des japonophones et des hispanophones dans le cadre d’IPFC, Phonologie du francais contemporain:10 ans de PFC Bilan et perspectives, 国際会議, Phonologie du francais contemporain (PFC), 口頭(一般), Maison de Sciences de l'Homme, Paris, 2009年
  • Usage Based Analysis and Linguistic Variation, Boğaziçi University Linguistics Program, 国際会議, Boğaziçi University, 口頭(招待・特別), Boğaziçi Üniversitesi, Istanbul, 2009年
  • Development and Utilization of TUFS Language Modules, 国際シンポジウム, 国際会議, 日本 e-Learning学会, 口頭(一般), 法政大学, 2009年
  • Le projet « Interphonologie du français contemporain » : réflexions méthodologiques et premières données d’apprenants hispanophones et japonophones, Langue française en contexte, 国際会議, Colloque AFLS 2009, 口頭(一般), Université de Neuchâtel, 2009年
  • Interphonologie du français contemporain (IPFC) : récolte automatisée des données et apprenants japonais, Colloque Phonologie du Français Contemporain : variation, interfaces, cognition, 国際会議, Phonologie du Français Contemporain (PFC), 口頭(一般), Maison de Sciences de l'Homme, Paris, 2008年
  • Sur les fonctions indicatrices chronologique et géolinguistique des scriptas médiévales : le cas des actes champenois méridionaux (1230-1300), Le Premier Congrès Mondial de la Linguistique française (CMLF), 国際会議, CMLF 2008, 口頭(一般), Cite Uninersitaire, Paris, 2008年
  • A Corpus-Driven Analysis of –r Dropping in Spoken Turkish, Corpus and Variation in Linguistic Description and Language Education, 国際会議, Global COE Program, 口頭(一般), Tokyo University of Foreign Studies, 2008年
  • コンピュータ技術に基づく言語学と言語教育学の連携の可能性―21世紀COEの試み―, 提升外語學習成效暨e-learning網路教學工作坊, 国際会議, 淡江大学, 口頭(一般), 淡江大学, 2007年
  • Projet de UBLI et la phonologie du francais chez les apprenants japonais, Phonologie du français: du social au cognitif, 国際会議, Phonologie du français contemporain (PFC), 口頭(招待・特別), Maison de Sciences de l'Homme, Paris, 2006年
  • Development of the TUFS Language Modules and Design of the COE-Learning System, Workshop on Corpus Linguistics - Research Domain -, 国際会議, 21st Century COE Program, 口頭(一般), Tokyo University of Foreign Studies, 2006年
  • Commentaires sur les caractéristiques dialectales des textes médiévaux, Nouveau Corpus d'Amsterdam, 国際会議, University of Stuttgart, 口頭(招待・特別), Lauterbad, Germany, 2006年
  • Usage-Based Linguistic Analysis- Problems of Linguistic Variation -, Spoken Language Corpora - its significance and application, 国際会議, 21st Century COE Program, 口頭(一般), Tokyo University of Foreign Studies, 2005年
  • Is it possible to measure the distance between near languages? –A case study of French and Japanese-, Near Language Conference: Collateral Languages 2, 国際会議, University of Limerick, 口頭(一般), University of Limerick, 2005年
  • Multivariate Analysis in Dialectology A Case Study of the Standardization in the Environs of Paris, The First International Conference on Linguistic Informatics, 国際会議, 21st Century COE Program, 口頭(一般), Tokyo University of Foreign Studies, 2003年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

last updated on 2017/8/3