研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 苅谷 康太
(KARIYA Kota)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
取得学位 博士(学術)(東京大学)2010年
専門分野(科研費分類) 地域研究
研究キーワード (未設定)
(blank)
自己紹介
所属学会  
主要研究業績 【論文】
  • The “Ignorant People” in Hausaland: ‘Uthmān bn Fūdī’s Ḥukm juhhāl balad Ḥawsa, アジア・アフリカ言語文化研究, 92号, 207--220, 2016年
  • 19世紀初頭の西アフリカにおける不信仰者の分類と奴隷化:ウスマーン・ブン・フーディーの著作の分析から, アフリカ研究, 89号, 1--13, 2016年
  • セネガルにおけるアラビア語資料調査, 人はみなフィールドワーカーである:人文学のフィールドワークのすすめ, 204--219, 2014年
  • 14世紀のスーダーン西部の金産地を巡る情報操作:マンサー・ムーサーの語りの分析を中心に, 『アジア・アフリカ言語文化研究』, 86号, 55--80, 2013年
  • セネガルのスーフィー教団図書館に関する覚書―トゥーバ、ジュールベル、カオラク, アフリカ研究, 82号, 25--29, 2013年
  • 西アフリカに関する史的研究とアラビア語資料, 歴史と地理 世界史の研究, 235号, 50--53, 2013年
  • 集団礼拝を聴く, GLOBE Voice, 7号, 23--23, 2013年
  • 19世紀後半における西アフリカのイスラームと王権:アフマド・バンバの政治権力観とその思想的連関網, アジア・アフリカ言語文化研究, 83号, 59--88, 2012年
  • 2つの声を聞く旅:西アフリカにおけるアラビア語資料調査, Field+, 8号, 20--21, 2012年
  • The Murid Order and Its 'Doctrine of Work', Journal of Religion in Africa, 42巻1号, 54--75, 2012年
【著書】
  • al-A‘māl al-kāmila, Dār al-Takwīn, 単行本(一般書), 共訳, 2015年
  • Ḥikāyāt Yābānīya Qadīma, Dār al-Takwīn, その他, 共訳, 2013年
  • 世界宗教百科事典, 丸善, 事典・辞書, 共著, 2012年
  • 世界地名大事典 3 中東・アフリカ, 朝倉書店, 事典・辞書, 共著, 2012年
  • イスラームの宗教的・知的連関網:アラビア語著作から読み解く西アフリカ, 東京大学出版会, 単行本(学術書), 単著, 2012年
  • Kitāb al-Hāykū: Alf Hāykū wa Hāykū, Dār al-Takwīn, その他, 共訳, 2010年
【研究発表】
  • 初期ソコト・カリフ国における背教規定の確立, 日本アフリカ学会第53回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 日本大学生物資源科学部, 2016年
  • 19世紀初頭のハウサランドにおける不信仰者の分類, AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2015年
  • 「背教者」の奴隷化を巡るウスマン・ダン・フォディオの思想, 日本アフリカ学会第52回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 犬山国際観光センター・フロイデ, 2015年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 研究活動スタート支援 アラビア語資料と欧語資料の分析に基づく西アフリカの諸信仰体系に関する研究(2012年度-2013年度)

last updated on 2017/8/1