研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 金指 久美子
(KANAZASHI, Kumiko)
所属 大学院総合国際学研究院・言語文化部門
職名 准教授
生年月 1964年3月
HP  
E-mail kumiko-k@
専門 スラヴ語学・文献学
自己紹介 「どうしてチェコ語を勉強しようと思ったのですか」と学生に聞かれることがよくある。答えは「おもしろそうだったから」。ロシア語専攻の学生だったころ、ロシア語と親戚関係にあるスラヴ系の言語をもう1つ学んでみようというごく軽い気持ちで、週1回のチェコ語の選択授業を取ってみた。日本語には系統を同じくする言語がないので、同系の言語に触れるとどんな感じがするのだろう、という興味が湧いたのだ。始めてみたら案外おもしろかったので、今に至っている。「おもしろい」と思えなければ、何でもすぐにやめてしまう方だが、たとえ「おもしろい」と思っても寝食を忘れて熱中するタイプではない。なんとなくやめる気がしなくてだらだらと続けてしまうのである。
 そこで、なんとなく続いているものを挙げてみる。やめてないので趣味なんだと思う。
□読書:いろいろ読む。ベッドの脇に1冊、かばんの中に1冊、机の上に1冊…という感じで、ちょっと移動したり気分を変えたりする時に読む。一気に読み切る時もあるが、炊いては平行してだらだらと読んでいる。
□散歩:自然の中ではなく、町の中を歩く。住宅地を歩くこともあるし、お店の中をいろいろとのぞいて歩くこともある。普段は見ているだけであまり買わないのだが、外国では次に来るときにはもうないかもしれないなどと考えてしまい、つい買いこんでしまうものがある。本である。特にプラハはいけない。魅力的すぎる。舌切り雀の欲張りばあさんってこんな感じかな、と思いながら百塔の町の石畳だけを見つめて歩いたことが何度かある。
□旅行:資料収集のためにほぼ毎年どこかへ出かける。でも、本当は好きではないような気がする。旅行好きな人は目的地に到着するまでも過程そのものも楽しめるのだろうが、私はそうではない。ボタン1つで瞬時に移動できればどんなによいか、と思っている。
 以上である。自己紹介になっているだろうか。でもこれ以上は続けられない。自己紹介は趣味ではないのである。
最終学歴 1986年3月   東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒
1988年3月   東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了(露語露文学専攻)
1991年3月   東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学
取得学位 文学修士(東京大学) 1988年
現在の教育活動 学部   ロシア・東欧課程 チェコ語専攻 言語・情報コース
大学院(博士前期)   言語文化専攻
最近5年間の研究 2001年にスロヴェニア語の入門書をまとめた際、方言と語史の概説をつけた。言語研究者として、言語を習得するということは空間と時間の両方を把握すべきと考えているからだ。調べてゆくうちに、スラヴ文献学、とりわけ古代スラヴ語研究に果たしたスロヴェニア人研究者たちの役割、彼らとチェコ人研究者たちとの交流がおもしろく思えた。こうして出来上ったのが、2002年の論文「古代スラヴ語の文献の発見と校訂テキスト出版をめぐって」である。今は古代スラヴ語におけるチェコ語的特徴に関する論文をスロヴァキア語から日本語へ翻訳する作業を仕上げている最中だ。これらの作業を通じてクロアチア・グラゴール文字文献に興味を持った。チェコで一度断絶したグラゴール文字がカレル4世によってクロアチアから導入されたことを、これから更に調べてみたいと思っている。
所属学会 西スラヴ学研究会
JASEES (Japanese Slavic and East European Studies)
SSS(Society for Slovene Studies)
主要研究業績 チェコのグラゴール文字文献-エマウジ修道院関連の文献を中心にして- 東京外国語大学論集70号 pp1-26 2005年
古代スラヴ語文献の発見と校訂テキスト出版をめぐって、東京外国語大学論集64、pp23-44、2002年
K zgodovini poznavanja Slovenije, slovenske kulture, in slovenskega jezika na Japonskem, Slavistična revija pp 145-148, letnik 50 2002
スロヴェニア語入門、大学書林、2001年
チェコ語会話練習帳、大学書林、2000年
戦間期プラハにおけるウクライナ人-ウクライナ自由大学を中心として-、ポストソヴィエト期の社会と文化受容について-スラヴ、とくにウクライナ、ベラルーシ地域における-、pp3-12、1999年
チェコ語基礎1500語、大学書林、1998年
前置詞*vъnの現代スラヴ語におけるヴァリアントの分類、語学研究所論集2、1997年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費  

last updated on 2009/11/19