研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 John Patrick Porter
(John Patrick Porter)
所属 職名 大学院国際日本学研究院/講師
E-mail jporter@tufs.ac.jp
取得学位 M.A.(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)2005年
Ph.D.(ハワイ大学マノア校)2012年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介 所属学部・職名:国際社会学部・講師
学位:博士(歴史学)
学位論文名:近代大阪における貧民救済=統制(Poverty Management in Modern Osaka, 1871-1944)
主要担当科目:地域基礎2A、日本地域研究、日本地域研究(専門演習)、日本社会研究
主要担当科目概要:日本の巨大都市の社会構造に関する基礎的な知識を身につけるとともに、候文を読む力や、前近代・近代史料の読解力を養う。
専門分野:日本近代史・都市社会史・地域史・貧困史
所属学会:大阪歴史学会、Association for Asian Studies (AAS)
研究キーワード:幕末維新期都市社会史、貧困史、地域社会論
研究題目:幕末維新期の都市社会を、人々の生存様式、居住形態、結合様式のあり方、地域支配などの面から多面的に解析する。
主要研究業績:
・ ポーター・ジョン「明治初期大阪における貧民の救済と統制」、塚田孝編、『近世身分社会の比較史』、清文堂、2013
・ ポーター・ジョン「明治初期東京における貧民の救済と統制」(『部落問題研究』211号、2015
・ ポーター・ジョン「東京の非人集団の解体過程と解体後における乞食統制」、部落問題研究所編、『身分的周縁と部落問題の地域史的研究』、2015
・ ポーター・ジョン「「賤称廃止令」発布後における浅草新町の再編過程に関する一考察」(『部落問題研究所』219号、2016
・ ポーター・ジョン「明治初期東京における町会所の解体と貧民救済=統制」(『ヒストリア』263号、2017
主要研究業績 【論文】
  • 明治初期東京における町会所の解体と貧民救済=統制, ヒストリア, 2017年
  • 「賤称廃止令」発布後における浅草新町の再編過程に関する一考察, 部落問題研究, 2016年
  • 東京の非人集団の解体過程と解体後における乞食統制, 論集 身分的周縁と部落問題の地域史的研究, 2016年
  • 明治初期東京における貧民の救済と統制, 部落問題研究, 211号, 2015年

last updated on 2017/10/2