研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 伊東 祐郎
(ITO Sukero)
所属 職名 大学院国際日本学研究院/教授,
東京外国語大学/副学長(兼務)
取得学位 教育学修士(西イリノイ大学)1983年
専門分野(科研費分類) 日本語教育
言語学
研究キーワード 日本語教育学, 応用言語学
Japanese Language Education
自己紹介 現在、総合国際学研究科・博士前期課程において、国際日本専攻科目「日本語教育学研究」で日本語教育評価法を、また、留学生日本語教育センターでは留学生に対して日本語を教えています。
本学には多様な背景をもつ留学生と27の外国語を学ぶ学生が共存する多言語多文化キャンパスで、いつも多くの刺激を受けています。
専門は応用言語学で、特に日本語のテストを研究しています。
2017年4月より副学長(国際交流担当)・附属図書館長を仰せつかっています。
最終学歴 1983年08月 西イリノイ大学言語教育研究科修了
最近5年間の研究 JSL対話型アセスメントDLAの精緻化と外国人児童生徒のための教育的枠組みの構築
所属学会 公益社団法人 日本語教育学会
日本テスト学会
異文化間教育学会
日本言語テスト学会
日本語プロフィシェンシー研究会
主要研究業績 【論文】
  • 古典的テスト理論, 日本言語テスト学会誌20周年記念特別号, 192--195, 2016年
  • 学習者要因の分析-学習ストラテジーと学習スタイル-, 日語教学研究, 2016年
  • ことばの能力を測るということ, 日本語学 10月号, 2014年
  • 言語テストの規準設定 報告書(3), 2013年度英語教育研究センター 委託研究報告, 2014年
  • コミュニティーが育む生活者の対話能力-第二言語習得の視点から, 対話とプロフィシェンシー, 2012年
  • 項目バンクによって広がるテスト開発の可能性, 日本語教育, 148号, 2011年
  • 上田市における協働実践研究の意義・成果・課題, シリーズ多言語・多文化協働実践研究, 13号, 2011年
  • 日本語テストと言語能力記述文, 早稲田日本語教育学, 9号, 2011年
  • 言語能力-言語能力測定・評価, シリーズ朝倉<言語の可能性>8『言語と社会・教育』, 2010年
  • 試験による測定の可能性について, 日本語教育年鑑2006年度版, 2006年
  • 評価の観点から見た日本語教育スタンダード, 日本語学 11月号 vol.25, 18--25, 2006年
  • 日本語能力"Can-do"記述文作成の試み-テスト得点の妥当化をめざして-, 高見澤孟先生古希記念論文集, 2006年
  • プレースメント・テストの妥当性確認の試み, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 31号, 161--174, 2005年
  • 大規模口頭能力試験における分析的評価の試み, 日本語教育, 122号, 42--51, 2004年
  • Can-do-statements 調査報告 日本語能力試験の妥当性を検証する試み, Can-do-statements 調査報告 日本語能力試験の妥当性を検証する試み, 1--2, 1999年
  • 外国人児童生徒の日本語力測定試験開発のための基礎研究(1), 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 25号, 33--50, 1999年
  • 外国人児童生徒に対する日本語教育の現状と課題, 日本語教育, 100号, 33--44, 1999年
【著書】
  • 『外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA』 <使い方映像マニュアル>, 東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター, 映像, 監修書, 2016年
  • 『日本語教育実践』, 凡人社, 単行本(学術書), 共著, 2014年
  • 『外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメント DLA』, 文部科学省, 単行本(一般書), 共著, 2013年
  • 『対話とプロフィシェンシー ―コミュニケーション能力の広がりと高まりをめざして (プロフィシェンシーを育てる2) 』, 凡人社, 単行本(学術書), 共著, 2012年
  • 『J-CAT Japanese Computerized Adaptive Test 日本語能力をコンピュータで測る』, 山口大学留学生センター, 単行本(学術書), 共著, 2010年
  • 『日本語教育の過去・現在・未来 第1巻 社会』, 凡人社, 単行本(学術書), 共編著, 2009年
  • 『日本語教師のためのテスト作成マニュアル』, アルク, 単行本(学術書), 単著, 2008年
  • 『日本語基礎B(07)-コミュニケーションと異文化理解-』, 放送大学教育振興会, 教科書, 共編著, 2007年
  • 『日本語基礎A(06)-文法指導法と学習-』, 放送大学教育振興会, 教科書, 共編著, 2006年
  • 『やってみよう「参加型学習」!日本語教室のための4つの手法~理念と実践~』 第1部3章, スリーエーネットワーク, 単行本(学術書), 共著, 2005年
  • 『言語テスティング概論』, スリーエーネットワーク, 単行本(学術書), 共訳, 2004年
  • 『日本語Ⅱ―外国語としての―』, 放送大学教育振興会, 教科書, 共著, 2003年
  • 『日本語Ⅰ―外国語としての―』, 放送大学教育振興会, 教科書, 共著, 2002年
  • 『日本語教育と日本語学習 ―学習ストラテジー論にむけて』「学習スタイルと学習ストラテジー」, くろしお出版, 単行本(学術書), 共著, 1999年
【研究発表】
  • 新しい日本語会話テスト「JOPT」, 2016年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 愛媛、松山, 2016年
  • 日本語教育のグローバル化-教授・教材・評価からの考察-, 中・日・韓日本言語文化研究国際フォーラム, 国際会議, , 口頭(基調), 大連、中国, 2016年
  • 日本語口頭能力試験 “JOPT” の開発とその意義:アカデミック、ビジネス、そしてコミュニティー部門における共生に基づく言語使用能力の測定, 2016年日本語教育シンポジウム, 国際会議, , 口頭(一般), カフォスカリ大学、ヴェネツィア、イタリア, 2016年
  • BJ-CAT ビジネス日本語テスト-問題項目分析データに基づいたテスト構築-, 2016年日本語教育シンポジウム, 国際会議, , ポスター(一般), カフォスカリ大学、ヴェネツィア、イタリア, 2016年
  • 英語と日本語における口頭能力テスト, 科研公開発表会:JOPT2016公開シンポジウム, 国内会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 京都:京都市大学のまち交流センター, 2016年
  • これからの日本語教育と日本語力評価, ベオグラード大学日本語教育40周年記念プログラム, 国際会議, , 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, ベオグラード, 2016年
  • 評価する:コースデザインは評価にどんな影響を与えるか, NINJAL(国立国語研究所)国際シンポジウム 第3分科会, 国内会議, , 口頭(招待・特別), , 2016年
  • 特別の教育課程の中でのDLAの生かし方, 2015年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 沖縄国際大学, 2015年
  • 会話テストJOPT抽出データに与えるインタビュアーの影響, 第19回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム, 国際会議, , ポスター(一般), フランス・ボルドーモンテーニュ大学, 2015年
  • BJ-CATビジネス日本語テスト―タスク遂行型の問題項目の作成―, 第19回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム, 国際会議, , ポスター(一般), フランス・ボルドーモンテーニュ大学, 2015年
  • 日本語教育における評価, インドネシア日本語教育学会国際セミナー, 国際会議, , 口頭(招待・特別), インドネシア・バリ:ウダヤナ大学, 2015年
  • 新しい日本語会話能力テストの研究と開発, インドネシア日本語教育学会国際セミナー, 国際会議, , 口頭(一般), インドネシア・バリ:ウダヤナ大学, 2015年
  • JOPTテスト実施支援システムについて, 第10回OPI国際シンポジウム, 国内会議, , ポスター(一般), 函館, 2015年
  • 授業計画と学習評価, 第9回全国大学日本語教師研修会, 国際会議, , 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 大連, 2014年
  • 外国人児童生徒のためのDLA―JSL評価参照枠の課題と展望―対話型アプローチの利点と年齢ブロック別対応の必要性に焦点を当てて―, 2014年度日本語教育国際研究大会, 国際会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), , 2014年
  • 評価とコースデザイン, 第13回トルコ日本語教師会, 国際会議, , 口頭(基調), , 2014年
  • グローバル化時代の日本語教師, 韓国日語教育学会 第25回国際学術大会, 国際会議, 韓国日語教育学会, 口頭(招待・特別), 建国大学校, 2014年
  • 外国にルーツがある児童生徒の日本語力を考える―JSL対話型アセスメント(DLA)を使って―, 奈良教育大学 持続発展・文化遺産(文化多様性教育研究部門)教育研究センター主催講演会, 国内会議, , 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 奈良教育大学, 2014年
  • 大学間アーティキュレーションの構築に向けて―『JF日本語教育スタンダード』の活用―, 香港日本語教育研究会主催:J-GAPシンポジウム2014(香港-日本プロジェクト), 国内会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 国際交流基金日本語国際センター, 2014年
  • 日本語教育とボランティア―日本語学習者と共に活動を行うために―, 2013年度 日本語教育学会 第9回研究集会(四国地区), 国内会議, , 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 愛媛大学, 2013年
  • コンピュータ適応型ビジネス日本語テストの研究開発―ビジネス場面におけるコミュニケーション能力を測る問題項目の作成―, 2013年度 日本語教育学会 第7回研究集会(中国地区), 国内会議, , 口頭(一般), 島根大学, 2013年
  • 日本語スピーキング能力の機械自動判定における採点方法について―S-CATの文の読み上げ問題と自由回答問題の比較―, 第9回OPI国際シンポジウム, 国際会議, , 口頭(一般), 香港中文大学, 2013年
  • インターネット受験によるBJ-CATビジネス日本語テストの開発―事前テスト実施に向けて―, 第9回OPI国際シンポジウム, 国際会議, , ポスター(一般), 香港中文大学, 2013年
  • <音声認識技術を応用したコンピュータ自動採点日本語スピーキングテストの開発>「日本語スピーキングテストの紹介と実際―OPIテストの現状と課題―」, 日本行動計量学会第41回大会, 国内会議, , 口頭(招待・特別), 東邦大学, 2013年
  • 外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメント(DLA), 2013年度母語・継承語・バイリンガル(MHB)研究会10周年記念大会, 国内会議, , その他, 大阪大学, 2013年
  • J-CAT (Japanese Computerized Adaptive Test)の運用, 第40回 日本語教育方法研究会, 国内会議, , ポスター(一般), , 2013年
  • 中等・高等教育における日本語教育(J-GAP:Project to Establish Articulation in Japanese Language Education, 2012年世界日本語教育大会 日本語教育グローバルネットワーク代表者シンポジウム, 国内会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 名古屋, 2012年
  • パネルディスカッション Ⅲ:『「多様性」への対応~「協働」を創り出す人材の必要性とそのあり方』, 多文化社会実践研究・全国フォーラム(第5回), 国内会議, 東京外国語大学, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), , 2011年
  • 評価とコースデザイン, 第16回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム2011, 国際会議, ヨーロッパ日本語教師会, 口頭(基調), タリン(エストニア), 2011年
  • 中等・高等教育における日本語教育(J-GAP:Project to Establish Articulation in Japanese Language Education), 2011年世界日本語教育大会 日本語教育グローバルネットワーク代表者シンポジウム, 国際会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), , 2011年
  • 生活日本語とプロフィシェンシー, 日本語プロフィシェンシー研究会国際シンポジウム, 国内会議, 財団法人北海道国際交流センター・日本語プロフィシェンシー研究会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 函館, 2010年
  • ”Can-Do Statements”とテスティング―パフォーマンス・テストを再考する―, 2010年度日本語教育学会研究集会(第5回)北海道地区, 国内会議, , シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), , 2010年
  • 日本語 ”Can-Do Statements”と測定・評価, 第11回フランス日本語教育シンポジウム, 国際会議, フランス日本語教師会, 口頭(基調), リヨン, 2010年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(B) JSL対話型アセスメントDLAの精緻化と外国人児童生徒のための教育的枠組みの構築(2016年度)

last updated on 2017/4/20