研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 伊藤 智ゆき
(ITO Chiyuki)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
HP http://www.chiyukit.sakura.ne.jp/
取得学位 修士(言語学)(東京大学)1999年
博士(文学)(東京大学)2002年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード 音韻論・音声学・歴史言語学
Phonology, phonetics, historical linguistics
自己紹介 東アジアの言語,特に朝鮮語に関する音韻論・音声学に興味を持っています。近年取り組んでいるテーマは以下の通りです:

1) 借用語音韻論
2) アクセント・イントネーション研究
3) 類推・バリエーション研究
4) 中期朝鮮語から現代朝鮮語への歴史変化に関する研究
5) 朝鮮語方言研究(特に延辺朝鮮語,韓国語慶尚道方言)
6) 朝鮮漢字音研究
7) 朝鮮語祖語の再建
最終学歴 1997年03月 東京大学文学部言語文科学科卒業
1999年03月 東京大学人文社会科学研究科基礎文化研究専攻言語学専門分野修了
2002年03月 東京大学人文社会科学研究科基礎文科研究専攻修了
所属学会 日本言語学会
朝鮮学会
日本音韻論学会
日本音声学会
受賞 第36回金田一京助博士記念賞(2008年12月)
主要研究業績 【論文】
  • Loanword Accentuation in Yanbian Korean: A Weighted-Constraints Analysis, Natural Language & Linguistic Theory, 32巻, 537--592, 2014年
  • The Adaptation of Contemporary Japanese Loanwords in Korean, Japanese/Korean Linguistics, 22巻, 2014年
  • Compound tensification and laryngeal co-occurrence restrictions in Yanbian Korean, Phonology, 31巻, 349--398, 2014年
  • The Base of Korean Noun Paradigms: Evidence from Tone, Korean Linguistics, 16巻2号, 111--143, 2014年
  • Accent Classes in South Kyengsang Korean: Lexical Drift, Novel Words, and Loanwords, Lingua, 148巻, 147--182, 2014年
  • The Accent of Sino-Korean Words in South Kyengsang Korean, 言語研究, 145巻, 61--96, 2014年
  • Korean Accent: Internal Reconstruction and Historical Development, Korean Linguistics, 15巻2号, 129--198, 2013年
  • Loanword Accentuation in Yanbian Korean: A Weighted-Constraints Analysis, Natural Language & Linguistic Theory, 2013年
  • Analogy and lexical restructuring in the development of nominal inflection from Middle to Contemporary Korean, Journal of East Asian Linguistics, 19巻4号, 357--383, 2010年
  • 延辺朝鮮語漢字語アクセント資料, 朝鮮語史研究, 103--159, 2009年
  • Mandarin Loanwords in Yanbian Korean II: Tones, Language Research, 45.1号, 85--109, 2009年
  • Mandarin loanwords in Yanbian Korean I: Laryngeal features, Phonological Studies, 12号, 61--72, 2009年
  • Analogical Changes in the Accent of Sino-Korean Words in Yanbian Korean, WCCFL 27 Proceedings, 27巻, 238--246, 2008年
  • Hybrid Loans: a Study of English Loanwords Transmitted to Korean via Japanese, Journal of East Asian Linguistics, 17巻4号, 299--316, 2008年
  • Historical development and analogical change in Yanbian Korean accent, Harvard Studies in Korean Linguistics, 12巻, 165--178, 2008年
  • Morpheme structure and co-occurence restrictions in Korean monosyllabic stems., Studies in Phonetics, Phonology and Morphology, 2007年
  • 朝鮮語真言・陀羅尼転写音の音韻論的研究, 朝鮮学報, 2007年
  • The adaptation of Japanese loanwords into Korean, Studies in Loanword Phonology (MITWPL 52), 2006年
  • On the Functions of the Sino-Korean Accents, "Proceedings of the symposium, Cross-Linguistic Studies of Tonal Phenomena, Historical Development, Tone-Syntax Interface, and Descriptive Studies",ILCAA, 55--71, 2005年
  • 『六祖法宝壇経諺解』『真言勧供・三壇施食文諺解』の音韻的特徴, 「朝鮮学報」、朝鮮学会, 192巻, 1--35, 2004年
  • 朝鮮漢字音研究, 東京大学大学院人文社会系研究科博士論文, 2002年
  • 『六祖法寶壇經諺解』の句音調, 「朝鮮語研究」くろしお出版, 1巻, 109--128, 2002年
【著書】
  • 朝鮮語史研究, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 編著, 2009年
  • 朝鮮漢字音研究, 汲古書院・東京, 単行本(学術書), 単著, 2008年
【総説・解説記事】
  • 朝鮮語祖語の音韻体系再建の試み, 日本語学, 明治書院, 総説・解説(商業誌), 単著, 2015年
【研究発表】
  • Dependent vs. independent accentual changes: a case study of Yanbian Korean nouns, The 10th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics (TEAL-10), 国際会議, , 口頭(一般), 東京外国語大学, 2015年
  • 韓国語名詞パラダイムにおける類推と語彙再構築, 日本言語学会 149回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(招待・特別), 愛媛大学, 2014年
  • The accent and phonological system of Proto-Korean, 「日本列島と周辺諸言語の類型論的・比較歴史的研究」研究発表会, 国内会議, 国立国語研究所, 口頭(一般), 国立国語研究所, 2014年
  • Analogical Change of Verbal Stem Accent in Yanbian Korean, The 15th [2013] Harvard-ISOKL, 国際会議, Harvard (Biennial) International Symposium on Korean Linguistics, 口頭(一般), Harvard University, 2013年
  • Analogical change in progress: accent shift in Yanbian Korean, nternational Conference on Phonetics and Phonology 2013 (ICPP 2013), 国際会議, 国立国語研究所, 口頭(一般), 国立国語研究所, 2013年
  • The Adaptation of Contemporary Japanese Loanwords into Korean, The 22nd Japanese/Korean Linguistics Conference, 国際会議, 国立国語研究所, 口頭(一般), 国立国語研究所, 2012年
  • Accentual system of Middle Korean and contemporary Korean dialects, 「日本列島と周辺諸言語の類型論的・比較歴史的研究」プロジェクト (John Whitman)「音韻再建班」第1回研究発表会, 国内会議, 国立国語研究所, 口頭(一般), 国立国語研究所, 2012年
  • Syllable contact phenomena in Yanbian Korean, 日本音韻論学会2012年度春期研究発表会, 国際会議, 日本音韻論学会, 口頭(一般), 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス, 2012年
  • A Sociophonetic Study of the Ternary Laryngeal Contrast in Yanbian Korean, 日本音声学会第324回研究例会, 国際会議, 日本音声学会, 口頭(一般), 愛知淑徳大学, 2012年
  • Emergence of the OCP: A case study of compound tensification in Yanbian Korean, 筑波音声学・音韻論セミナー, 国内会議, 筑波大学人文社会学系, 口頭(一般), 筑波大学筑波キャンパス, 2012年
  • Emergence of the OCP: A case study of compound tensification in Yanbian Korean, the 7th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics (TEAL-7), 国際会議, The Project Center for Language and Cognition and the Department of Teaching Japanese as a Second Language at Hiroshima University, 口頭(一般), 広島大学, 2012年
  • Mandarin Loanwords in Yanbian Korean: Tones, 日本音韻論学会2009年度春期研究発表会, 国際会議, Phonological Society of Japan, 口頭(一般), 大東文化大学, 2009年
  • Analogy and Lexical Restructuring in the Development of Nominal Inflection from Middle to Contemporary Korean, 東京音韻論研究会5月例会, 国際会議, 東京音韻論研究会, 口頭(一般), 東京大学駒場キャンパス, 2009年
  • 朝鮮漢字音アクセントの歴史的発展と類推変化, 日本言語学会第137回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(招待・特別), 金沢大学, 2008年
  • Analogical Changes in the Accent of Sino-Korean Words in Yanbian Korean, WCCFL 27, 国際会議, UCLA, 口頭(一般), UCLA, 2008年
  • Loanword Accentuation in Yanbian Korean., MIT Phonology Circle., 国際会議, MIT, 口頭(一般), MIT, 2007年
  • Loanword Accentuation in Yanbian Korean., Phonology Forum 2007, 国際会議, 日本音韻論学会, 口頭(一般), Sapporo Gakuin University, 2007年
  • Historical Development and Analogical Changes in Korean Accent, Harvard International Symposium of Korean Linguistics (ISOKL) 2007, 国際会議, Harvard University, 口頭(一般), Harvard University, 2007年
  • Gradient Morpheme Structure and Co-occurrence Restrictions in Korean Monosyllabic Stems., Manchester Phonology Meeting, 国際会議, Manchester University, 口頭(一般), Manchester University, 2007年
  • Sino-Korean Accent in Pusan., 情報資源戦略ユニット研究発表 2007, 国際会議, 東京外国語大学AA研, 口頭(一般), 東京外国語大学AA研, 2007年
  • Hybrid Loans:a Study of English Loanwords Transmitted to Korean via Japanese., Manchester Phonology Meeting, 国際会議, Manchester University, 口頭(一般), Manchester University, 2007年
  • Gradient Morpheme Structure and Co-occurrence Restrictions, Phonology Circle, 国際会議,  , 口頭(一般),  , 2007年
  • 韓国語の音節構造と共起制限, AA 研フォーラム, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2006年
  • Coronal Coda Distribution in Korean Nouns, 音韻に関する通言語的研究, 平成18 年度第2 回研究会, 国内会議,  , 口頭(一般),  , 2006年
  • On the functions of the Sino-Korean accents, Cross-linguistic Studies of Tonal Phenomena: Historical Development, Tone-syntax interface, and Descriptive Studies, 国際会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2004年
  • 真言・陀羅尼のハングル転写について, 中国語東アジア諸言語研究会第8回例会, 国内会議, 青山学院大学中国語東アジア諸言語研究会, 口頭(一般), 青山学院大学, 2004年
  • 韓國漢字音 韻母e 對hayeo, 第30回國語學會, 国際会議, 國語學會, 口頭(一般), ソウル, 2003年
  • 蟹摂の朝鮮漢字音, アジア・アフリカ言語文化研究所内研究会, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2003年
  • 朝鮮漢字音とアクセント,声調, 共同研究プロジェクト「音韻に関する通言語的研究」第3回プロジェクト研究会, 国際会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2002年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 若手研究(B) 延辺朝鮮語の用言に関する音韻論的研究(2012年度-2013年度)

last updated on 2016/4/22