研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 藤村 知子
(FUJIMURA Tomoko)
所属 職名 大学院国際日本学研究院/教授
E-mail fujimura@tufs.ac.jp
取得学位  
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード 日本語教育、文章論、eラーニング
Japanese Language Learning, Discourse Analysis, e-Learning
自己紹介
主要研究業績 【論文】
  • 第11章 講義要約の理解と表現, 講義の談話の表現と理解, 206--214, 2010年
  • e-learning教材JPLANG初級・中級における口頭表現教材の開発について, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 34号, 199--209, 2008年
  • 『中級日本語』を使った読解から作文指導へ~e-learning教材JPLANG中級「表現練習」について~, 日本語学・日本語教育国際シンポジウム論文集, 71--80, 2007年
  • e-learning system JPLANGを使った音声課題配信・回答送信について, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 33巻, 139--148, 2007年
  • 講義談話の構成とノートテイキング行動との関係を探るためのパイロットスタディ, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 32巻, 177--190, 2006年
  • 日本語学習者の講義の聴解行動についての分析, 日本語教育方法研究会会誌, 12巻1号, 10--11, 2005年
  • 多言語対応・初級日本語e-Learning教材の開発, コンピュータ&エデュケーション, 17号, 119--125, 2004年
  • 要約作文における格成分の補いと原文の文章構造, 電子情報通信学会技術報告, 107号, 104, 2004年
  • 多言語対応・初級日本語e-Learning教材の開発, CIEC(コンピュータ&エデュケーション)会誌, 17巻, 119--125, 2004年
  • 要約文作成における格成分の補いについて, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 30号, 87--104, 2004年
  • 説明文における『ワケダ』の使用例とその機能, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 26号, 89--102, 2000年
【著書】
  • 直接法で教える日本語, 東京外国語大学出版会, その他, 共著, 2009年
  • 日本語表現活用辞典, 研究社, 事典・辞書, 共著, 2004年
【研究発表】
  • 日本語授業におけるeラーニングの活用―接続表現に着木した中級読解授業, 第3回中日韓朝言語与比較研究国際シンポジウム, 国際会議, 延辺大学, 口頭(一般), 延辺大学, 2013年
  • 母語話者と海外の学習者による同期型遠隔授業の活用方法―その学習効果と授業成立要件を探る試み―, 日本語教育国際研究大会, 国際会議, 日本語教育学会, ポスター(一般), 名古屋大学, 2012年
  • Web会議システムに適した日本語教育支援の検討―中級読解授業の試みを通して―, 日本教育工学会研究報告会, 国際会議, 日本教育工学会, 口頭(一般), 静岡大学, 2011年
  • 教室授業との併用におけるeラーニングの効果的な利用―学習履歴の分析より―, 2010年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 神戸大学, 2010年
  • eラーニングシステムJPLANGを取り入れた日本語コースの運営を考える, 第15回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム, 国際会議, ヨーロッパ日本語教師会, 口頭(一般), ブダペスト大学, 2010年
  • 中級段階におけるeラーニングシステムJPLANGを利用した産出系タスク―東北師範大学赴日本国留学生予備学校における試み―, 第10回世界日本語教育大会, 国際会議, 日本語教育学会, ポスター(一般), 天津外国語大学, 2010年

last updated on 2015/9/23