研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 青山 亨
(AOYAMA Toru)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/教授
E-mail taoyama@tufs.ac.jp
HP http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/aoyama/
取得学位 博士(PhD)(シドニー大学(オーストラリア))1994年
専門分野(科研費分類) 東南アジア前近代史
古ジャワ語文学
東南アジア宗教史
研究キーワード 東南アジア前近代史,東南アジア宗教史,古ジャワ語文学
Pre-modern Southeast Asian History, History of Religion in Southeast Asia, Old Javanese literature
自己紹介 ジャワの影絵芝居ワヤン・クリの主題がインドの神話に起源をもつということを知 って以来、インドネシアの伝統的文化とその形成期である古代史に興味を持ち続けて きました。ヒンドゥー教や仏教の影響が強かった時代に関心がありますが、最近はイスラームにも視野を広げようとしています。地域を越えた文明の伝播と、地域の文化 との間におこるダイナミックな価値観のせめぎ合いは、いつの時代にも見られる現象 であるとの感を強くしています。
最終学歴 1983年03月 京都大学文学研究科宗教学専攻修了
1992年03月 シドニー大学文学部インドネシア-マレー学科修了
最近5年間の研究 東南アジア古代史における「インド化」プロセスの再考


東南アジア古代史における刻文の地域横断的編年研究


世界史教育における高大連携:東南アジアをいかに教えるか


ジャワ語文献コーパス:古ジャワ語文献の電子テキスト化とその応用
所属学会 日本印度学仏教学会
東南アジア学会
オランダ王立言語地理民族学学会(KITLV)
日本マレーシア学会
日本インドネシア学会
主要研究業績 【論文】
  • プルボチャロコ著『古典ジャワ文学史入門』(3), 東京外大 東南アジア学, 22巻, 48--72, 2017年
  • プルボチャロコ著『古典ジャワ文学史入門』(2), 東京外大 東南アジア学, 21巻, 72--102, 2016年
  • 東南アジアを中心とした古代仏教史(5世紀~8世紀)叙述のための覚書, 科研(基盤研究B)「東南アジア史における絶対年代と相対年代の統合に関する研究:7~10世紀を中心に」(研究代表者深見純生、課題番号25284140)研究成果報告書, 27--36, 2016年
  • プルボチャロコ著『古典ジャワ文学史入門』(1), 東京外大 東南アジア学, 20巻, 79--118, 2015年
  • サンスクリット化, 静と動の仏教(新アジア仏教史04 スリランカ・東南アジア)(佼成出版社), 260--264, 2011年
  • ベンガル湾を渡った古典インド文明―東南アジアの視点から―, 南アジア研究, 22巻, 261--276, 2010年
  • ラージャサナガラ王治世下のマジャパヒト王国(14世紀後半)―『デーシャワルナナ』(1365年), 世界史史料4 東アジア・内陸アジア・東南アジアII, 384--386, 2010年
  • アーディティヤヴァルマン王のマラユ王国―不空羂索観音像銘文(1347年), 世界史史料4 東アジア・内陸アジア・東南アジアII (岩波書店), 379--381, 2010年
  • ジャワの元寇(13世紀末)―『パララトン』(15世紀頃), 世界史史料4 東アジア・内陸アジア・東南アジアII (岩波書店), 377--379, 2010年
  • 映画『オペラ・ジャワ』に見るラーマーヤナの変容, 総合文化研究, 13巻, 37--60, 2010年
  • Mpu Tantular dan Cakrawala Harapan dalam Kakawin Sutasoma, Sadur: Sejarah Terjemahan di Indonesia dan Malaysia (Kepustakaan Populer Gramedia), 1033--1043, 2009年
  • 東南アジアのイスラーム地域における天変地異の語り―インドネシアにおける古典ジャワ文学の事例を中心にして―, 天変地異の社会学』(桃山学院大学地域社会連携研究プロジェクト共同研究活動報告書), 14--29, 2008年
  • インド化再考―東南アジアとインド文明との対話―, 総合文化研究, 10号, 122--143, 2007年
  • A New Interpretation of the "East-West Division of Java" in the Late Fourteenth Century, Acta Asiatica: Bulletin of the Institute of Eastern Cultures, 92号, 31--52, 2007年
  • 東南アジアにおけるイスラームへの視点―イスラームの普遍性と地域の多様性―, 南太平洋海域調査研究報告(鹿児島大学南太平洋海域研究センター), 43号, 3--14, 2006年
  • 南海の女王ラトゥ・キドゥル―19世紀ジャワにおけるイスラームをめぐる文化的表象のせめぎ合い―, 総合文化研究, 8号, 35--58, 2005年
  • 王(東南アジアの), 歴史学事典 第12巻 王と国家 (弘文堂), 2005年
  • インドネシアにおけるリベラル派イスラームの新思潮:ウリル・アブシャル・アブダラのコンパス紙論説をめぐって, 東南アジア学(東京外国語大学外国語学部), 9巻, 21--41, 2004年
  • Unicodeによるローマ字翻字テキストのXMLを用いた情報交換と公開, コンピュータ&エデュケーション, 15号, 101--107, 2003年
  • 東南アジア島嶼部におけるインド系文字, 上智アジア学, 20号, 11--24, 2002年
  • アーガマ, 歴史学事典 第9巻 法と秩序 (弘文堂), 2002年
  • Yap Day: Cultural Politics in the State of Yap, In The Progress Report of the 1999 Survey of the Research Project "Social Homeostasis of Small Islands in an Island-Zone". Ed. by Toru Aoyama. Kagoshima University Research Center for the South Pacific Occasional Papers No. 34., 2001年
  • 東ジャワの統一王権―アイルランガ政権からクディリ王国へ―, 東南アジア古代国家の成立と展開(岩波講座東南アジア史2)(岩波書店), 141--167, 2001年
  • シンガサリ=マジャパヒト王国, 東南アジア古代国家の成立と展開(岩波講座東南アジア史2)(岩波書店), 197--230, 2001年
  • Prince and Priest: Mpu Tantular's Two Works in the Fourteenth Century Majapahit, Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko (The Oriental Libaray). No.56., 1999年
  • インドネシアにおけるラーマ物語の受容と伝承, ラーマーヤナの宇宙:伝承と民族造型(春秋社), 140--164, 1998年
  • 古代ジャワ社会における自己と他者―文学テクストの世界観, 地域のイメージ(地域の世界史第2巻)(山川出版社), 94--137, 1997年
  • アルジュナウィジャヤからスタソーマへ―歴史的文脈の中の二つの古ジャワ語文学作品, 東洋學報 77巻1-2号, 1995年
  • 叙事詩,年代記,予言:古典ジャワ文学にみられる伝統的歴史観, 東南アジア研究 32巻1号, 1994年
【著書】
  • State Formation and Social Integration in Pre-modern South and Southeast Asia: A Comparative Study of Asian Society, 東洋文庫, 単行本(学術書), 分担執筆, 2017年
  • 名著で読む世界史120, 山川出版社, 単行本(一般書), 分担執筆, 2016年
  • 上座仏教事典, めこん, 事典・辞書, 分担執筆, 2016年
  • 多文化社会読本:多様なる世界、多様なる日本, 東京外国語大学出版会, 単行本(一般書), 共編著, 2016年
  • 世界を食べよう!―東京外国語大学の世界料理―, 東京外国語大学出版会, 単行本(一般書), 分担執筆, 2015年
  • 画像資料論:世界史の読み方, 東京外国語大学出版会, 単行本(一般書), 単著, 2014年
  • Making a Difference: Representing/Constructing the Other in Asian/African Media, Cinema and Languages, Tokyo University of Foreign Studies, その他, 編著, 2012年
  • Migrations, Mobility and Globalization, Tokyo University of Foreign Studies, その他, 編著, 2011年
  • Katalog Naksah Dayah Tanoh Abee Aceh Besar, Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(学術書), 監修書, 2010年
  • Religion, Identity and Conflict: Proceedings of the Postgraduate Workshop, Leiden University, 28 August 2009, Tokyo University of Foreign Studies, その他, 編著, 2010年
  • 東南アジアにおけるイスラームの現在, 鹿児島大学多島圏研究センター, 調査報告書, 編著, 2006年
【総説・解説記事】
【研究発表】
  • Introducing Javanese Documents Online (JVDO), 第16回インドネシア写本学会国際シンポジウム, 国際会議, , 口頭(一般), National Library, Jakarta, Indonesia, 2016年
  • Nishimura Project: Tang Dynasty Chau Tang Shipwreck and “Maritime Ceramic Route”, The 3rd Congress of the Asian Association of World Historians, 国際会議, Asian Association of World Historians, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), Nanyang Technological University, Singapore, 2015年
  • Social Integration in Majapahit as Seen in an Old Javanese Court Narrative, The Second International Symposium of Inter-Asia Research Networks “State Formation and Social Integration in Pre-modern South and Southeast Asia: A Comparative Study of Asian Society”, 国際会議, 東洋文庫, 口頭(一般), 東洋文庫, 2014年
  • 東南アジアの「インド化」再考, 第58回国際東方学者会議, 国際会議, 東方学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本教育会館, 2013年
  • Localization of the Other in the Indonesian Film 'Opera Jawa': A Case of Telling a Ramayana Story in a Muslim Community, The 3rd Annual Conference for the Consortium for African and Asian Studies, 国際会議, SOAS, University of London, 口頭(一般), London, UK, 2012年
  • Program TUFS untuk Restorasi dan Katalogisai Naskah Aceh, アチェ写本の再活性化:文化遺産としての写本の保存と修復, 国際会議, Institut Agama Islam Negeri Ar-Raniry, 口頭(招待・特別), Banda Aceh, Indonesia, 2011年
  • Program Katalogisasi Naskah-naskah Aceh, dan Peluncuran Katalog Naskah Dayah Tanoh Abee, Simposium Internasional Pernaskahan Nusantara XIII, 国際会議, Masyarakat Pernaskahan Nusantara (Manassa), 口頭(招待・特別), Surakarta, Indonesia, 2010年
  • The Self-image of the Fourteenth Century Javanese: Reading the Structure and Meaning of the Annual Court Ritual in the Deśawarṇana Cantos 83-91, International Conference and Summer School on Indonesian Studies, 国際会議, Faculty of Humanities, University of Indonesia, 口頭(招待・特別), Depok, West Java, Indonesia, 2009年
  • 多民族国家における寛容と非寛容の境界―インドネシアの反ポルノ法をめぐって, 世界の多言語・多文化社会研究国際シンポジウム「トランスナショナル/トランスカルチュラルな比較地域研究」, 国際会議, 多言語・多文化教育研究センター, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2009年
  • ベンガル湾を渡ったインド的文明:東南アジアからの視点, 日本南アジア学会設立20周年記念連続シンポジウム第3回「『インド的』文明とは何かII, 国内会議, 日本南アジア学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 京都大学, 2008年
  • Indianization revisited: A comparative review and its contemporary significance, Seminar at Center for Religious and Cross-Cultural Studies, 国際会議, Center for Religious and Cross-Cultural Studies, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), Graduate School, Gadjah Mada University, Yogyakarta, 2007年
  • Potensi Penerapan Unicode untuk Penelitian Naskah-Naksah Berhuruf Non-Latin, Simposium Internasional Pernaskahan Nusantara X, 国際会議, MANASSA, 口頭(一般), Universitas Sriwijaya, Palembang, 2006年
  • Texts in a Codex and Its Significance, 8th International Symposium on the Manuscripts of Nusantara, 国際会議, MANASSA, 口頭(一般), Universitas Negeri Islam, Jakarta, 2004年
  • Mpu Tantular and the Sources of his Sutasoma Kakawin, International Workshop of the History of Translation in Indonesia and Malaysia, 国際会議, Centre International d'Études Pedagogiques, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), Centre International d'Études Pedagogiques, Paris, 2002年
  • Yap Day - A Holiday in a Paradise?, Islands of the World VI Conference, 国際会議, International Small Islands Studies Association, 口頭(一般), Isle of Skye, United Kingdoms, 2000年
  • Prince and Priest: Mpu Tantular's Two Works in the Fourteenth Century Majapahit, International Workshop on South-East Asian Studies: The Study of Old Javanese Texts, 国際会議, Royal Institute of Linguistics and Anthropology, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), Royal Institute of Linguistics and Anthropology, Leiden, 1998年
  • Ordering Things Chronologically: Development of the Concept of History in Javanese Classical Literature, Ordering Things Chronologically: Development of the Concept of History in Javanese Classical Literature, 国際会議, International Association of Historicans of Asia, 口頭(一般), Department of Education and Culture, Jakarta, 1998年
  • Concept of Buddha-Raja in an Old Javanese Buddhist Text, 14th Conference of the International Association of Historians of Asia, 国際会議, International Association of Historians of Asia, 口頭(一般), Chulalongkorn University, Bangkok, 1996年
  • Where was the 'Eastern Capital' of Java?: Reconsidering the Division of Majapahit 1379-1406, 13th Conference of the International Association of Historians of Asia, 国際会議, International Association of Historians of Asia, 口頭(一般), 上智大学, 1994年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

last updated on 2017/9/15