研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 青木 雅浩
(AOKI Masahiro)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/講師
E-mail masamon@tufs.ac.jp
取得学位 修士(文学)(早稲田大学)2002年
博士(文学)(早稲田大学)2010年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード モンゴル・中央ユーラシア近現代史,モンゴル・ソ連関係史
自己紹介  20世紀のモンゴル史を、モンゴルとソ連の関係から研究しています。モンゴルを理解するためには、ただモンゴルそのものを見つめるだけでなく、モンゴルを取り巻く周辺との関係を考慮することが重要だと考えています。中央ユーラシア、東アジア、といったより大きな地域的枠組を前提として、モンゴルを捉えることが必要です。授業、ゼミでも、このような「中央ユーラシア、東アジアの中のモンゴル」という視点を重視しています。
最終学歴 2000年03月 早稲田大学第一文学部史学科東洋史学専修卒業
2002年03月 早稲田大学文学研究科史学(東洋史)専攻修了
2010年03月 早稲田大学文学研究科史学(東洋史)専攻単位取得満期退学
所属学会 日本モンゴル学会 編集委員
日本モンゴル学会 事務局長
内陸アジア史学会 編集委員
早稲田大学東洋史懇話会
近現代東北アジア地域史研究会
国際モンゴル学者会議(IAMS)
日本モンゴル協会
史学会
日本国際政治学会
東アジア近代史学会
受賞 第6回樫山純三賞(学術書部門)(2011年11月)
主要研究業績 【論文】
  • 今日のモンゴル抑留研究について, 記録・引揚70周年記念の集い―満洲、樺太、朝鮮、台湾から, 47--58, 2017年
  • 1920年代前半のモンゴル・ソヴィエト関係と内防局, クァドランテ[四分儀]地域・文化・位置のための総合雑誌, 19号, 117--133, 2017年
  • モンゴル人民共和国の対内モンゴル軍事指令とその政治的影響(1924―1925), 東京外国語大学論集, 93号, 1--19, 2016年
  • Хаалганы хэрэг явдал ба Ринчино, Рыскуловын тэмцэл(1924-1925)., Олон улсын монголч эрдэмтний XI их хурал. Илтгэлүүдийн товчлол., 86--87, 2016年
  • 一九二〇年代前半の外モンゴルの政治情勢に対する清朝のモンゴル支配の影響, 東アジア近代史, 20号, 65--80, 2016年
  • 外モンゴルからみた満洲-一九二〇年代, 挑戦する満洲研究-地域・民族・時間-, 207--221, 2015年
  • 第24回近現代東北アジア地域史研究会大会報告:1920年代の外モンゴルにおけるソヴィエト、コミンテルンの代表達, 近現代東北アジア地域史研究会ニューズレター, 27号, 107--109, 2015年
  • 1925年の満鉄外モンゴル調査隊拘束事件とモンゴル人民共和国, 日本・モンゴル関係の近現代を探る 国際関係・文化交流・教育問題を中心に, 55--72, 2015年
  • 外モンゴルにおけるソヴィエト、コミンテルンの活動指導者の牧畜政策(1920年代初-中期), 史滴, 36号, 231--213, 2014年
  • 『新しい世代が見た満洲』研究シリーズ第2集第4回:外モンゴルから見た満洲, 善隣, 442(通巻709)号, 2014年
  • 1920-иод оны Монгол дахь «Японы тагнуул»-ын асуудал-Мантэцү-гийн экспедицийн ангийн хэрэг явдал-., Зүүн Азийн шинэ дэг журам ба Монгол, Япон. Монгол, Японы залуу судлаачдын II форумын эмхэтгэл., 19--42, 2014年
  • 日本人のモンゴル抑留に関するモンゴルの公文書史料について, 近現代東北アジア地域史研究会ニューズレター, 25号, 2013年
  • Бодоо, Данзангийн хэрэг ба Зөвлөлт Орос, Коминтерн., Олон улсын Монголч эрдэмтдийн Х их хурлын илтгэлүүд. 5. Монголын тусгаар тогтнол, хувьсгал., 8--16, 2013年
  • モンゴル人民革命党第4回大会とソ連,コミンテルン, 内陸アジア史研究, 28号, 127--148, 2013年
  • Монгол дах Коминтерний төлөөлөгч Т. Рыскуловын үйл ажиллагааны тухай., 20世紀におけるモンゴル諸族の歴史と文化-2011年ウランバートル国際シンポジウム報告論文集, 202--212, 2012年
  • モンゴル駐在コミンテルン代表T.ルィスクロフの活動について, 20世紀におけるモンゴル諸族の歴史と文化-2011年ウランバートル国際シンポジウム報告論文集, 195--201, 2012年
  • 外モンゴルにおけるT.ルィスクロフの活動, 史滴, 33号, 294--276, 2011年
  • Т. Рыскуловын бичсэн БНМАУ-ын Анхдугаар Их Хурлын тайлан илтгэлийн тухай., Монголын түүх судлал ба сурвалж... Улаанбаатар, 2009 оны 9 сарын 20-21., 277--285, 2011年
  • Бодоо, Данзангийн хэрэг ба Зөвлөлт Орос, Коминтерн., Монгол улсын ерөнхийлөгч Ц. Элбэгдоржийн ивээлд хийж буй олон улсын монголч эрдэмтний Х их хурал (Улаанбаатар хот 2011. 8. 9-13). Илтгэлүүдийн товчлол., 8--9, 2011年
  • ボドー事件と外モンゴルの政治情勢, 史学雑誌, 119巻3号, 1--32, 2010年
  • 外モンゴルにおける1924年夏の政変について, 内陸アジア史研究, 25号, 97--119, 2010年
  • モンゴル人民政府と新疆(1921-1924), 早稲田大学文学研究科紀要, 55巻4号, 5--18, 2010年
  • Бодоогийн хэрэг явдал ба Монголын улс төрийн байдал., Түүхийн судлал., 40巻27号, 233--252, 2010年
  • 1923年のモンゴル人民政府とソ連の交渉-中ソ交渉におけるソ連の譲歩と外モンゴル-, 東洋学報, 91巻3号, 029--053, 2009年
  • モンゴル人民党第2回大会とソ連・コミンテルン, 早稲田大学モンゴル研究所紀要, 5号, 19--38, 2009年
  • 東洋文庫所蔵鈴江萬太郎寄贈図書について, 東洋文庫書報, 40号, 77--132, 2009年
  • モンゴル、ロシアの公文書史料とモンゴル近現代史研究-フルンボイルに対するモンゴル人民政府の姿勢(1921-1924)を一例に-, 史滴, 30号, 181--196, 2008年
  • 極東諸民族大会とモンゴル, 史観, 158号, 2008年
  • ロシア・モンゴル友好条約締結交渉におけるウリヤンハイ問題, 東洋学報, 89巻4号, 01--024, 2008年
  • Переговоры по российско-монгольскому соглашению 1921 г. и «Урянхайский вопрос»., Россия и Китай:Взаимное восприятие. Прошлое, настоящее, будущее. Тезисы докладов 16 международной научной конференции «Китай, китайская цивилизация и мир. История, современность, перспективы» Москва. 25-27 октября 2006 г., 229--231, 2006年
  • ロシア・モンゴル友好条約とモンゴル人民政府, 『北東アジア研究』, 7号, 83--98, 2004年
【著書】
  • ソ連と東アジアの国際政治1919-1941, みすず書房, 単行本(学術書), 分担執筆, 2017年
  • モンゴル人民共和国第1回国会とT.ルィスクロフ-ソ連の極東安全保障と外モンゴルの政治情勢(富士ゼロックス小林節太郎記念基金小林フェローシップ2009年度研究助成論文), 富士ゼロックス小林節太郎記念基金, 調査報告書, 単著, 2012年
  • モンゴル史研究-現状と展望, 明石書店, 単行本(学術書), 分担執筆, 2011年
  • モンゴル近現代史研究:1921~1924年-外モンゴルとソヴィエト、コミンテルン-, 早稲田大学出版部, 単行本(学術書), 単著, 2011年
  • 境界に生きるモンゴル世界-20世紀における民族と国家, 八月書館, 単行本(学術書), 分担執筆, 2009年
【総説・解説記事】
  • ルスクロフ―中央アジアとモンゴルを股にかけた革命家, ロシア革命とソ連の世紀5:越境する革命と民族, 岩波書店, 総説・解説(その他), 単著, 2017年
  • 20世紀の日本とモンゴル, 東京外語会会報, 東京外国語大学出版会, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他), 単著, 2017年
  • 2015年の歴史学界―回顧と展望―:内陸アジア二, 史学雑誌, , 総説・解説(学術雑誌), 単著, 2016年
【研究発表】
  • 黒木文書中のモンゴル関係史料について, シベリア出兵史研究会, 国内会議, シベリア出兵史研究会, 口頭(一般), 早稲田大学早稲田キャンパス3号館1115室, 2017年
  • 近現代モンゴルを巡る国際関係, 東京外語会主催文化講演会, 国内会議, 東京外語会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 東京外国語大学本郷サテライト, 2017年
  • 原不二夫氏報告「コミンテルン文書に記録されたマラヤ共産党―結党から抗日戦開始まで」に対するコメント, 日本マレーシア学会関東地区研究会, 国内会議, 日本マレーシア学会, その他, 立教大学池袋キャンパス5号館5203教室, 2017年
  • 1920年代のモンゴルの政治情勢とソ連、コミンテルン, 東京外国語大学海外事情研究所2016年度第2回所員研究会, 国内会議, 東京外国語大学海外事情研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学海外事情研究所(研究講義棟427教室), 2016年
  • 20世紀の日本とモンゴル, 東京外国語大学/文京アカデミア共催講座「日本と世界の諸地域シリーズ~今、注目されている国・地域~」, 国内会議, 東京外国語大学、公益財団法人文京アカデミー, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 東京外国語大学本郷サテライト, 2016年
  • Хаалганы хэрэг явдал ба Ринчино, Рыскуловын тэмцэл(1924-1925)., Олон улсын монголч эрдэмтний XI их хурал., 国際会議, Олон улсын монгол судлалын холбоо., 口頭(一般), МУИС., 2016年
  • ルスクロフ-中央アジアとモンゴルを股にかけた革命家, シリーズ『ロシア革命とソ連の世紀』第1回研究会, 国内会議, シリーズ『ロシア革命とソ連の世紀』編集委員会, 口頭(一般), 東京大学, 2015年
  • モンゴル人民共和国内防局について, 東亜的歴史、現在と未来-文化交流と相互認識、東亜学術論壇2015, 国際会議, 哈爾濱師範大学日語語言文学学科、京都大学地域研究統合情報センター共同利用・共同研究プロジェクト、神奈川大学国際常民文化研究機構共同研究、台湾大学文学院日本学研究中心, 口頭(一般), 哈爾濱師範大学夢渓賓館, 2015年
  • 第2部「冊封・朝貢」という“過去”をめぐる言説 題目「モンゴル人民共和国における清朝・モンゴル関係」, 2015年度第20回東アジア近代史学会研究大会、シンポジウム「『冊封・朝貢』体制再考-近代東アジアの国際秩序をめぐる外交と言説」, 国内会議, 東アジア近代史学会, 口頭(一般), 東京女子大学, 2015年
  • 1920年代の外モンゴルにおけるソヴィエト、コミンテルンの代表達, 第24回近現代東北アジア地域史研究会大会、シンポジウム「ソ連中枢から見た東北アジア-1920年代から30年代-」, 国内会議, 近現代東北アジア地域史研究会, 口頭(一般), 立命館大学びわこ草津キャンパス, 2014年
  • 日本人のモンゴル抑留について, 第39回早稲田大学東洋史懇話会大会, 国内会議, 早稲田大学東洋史懇話会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 早稲田大学, 2014年
  • 外モンゴルからみた満洲, 一般社団法人国際善隣協会講演会「満洲シリーズ第2集:第5回」, 国内会議, 一般社団法人国際善隣協会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 一般社団法人国際善隣協会, 2014年
  • 1920-иод оны Монгол дахь «Японы тагнуул»-ын асуудал –Мантэцү-гийн экспедицийн ангийн хэрэг явдал., Япон Монголын залуу судлаачдын II форум. Зүүн Азийн шинэ дэг журам ба Япон-Монгол., 国際会議, Монголын түүх соёлын судлалын нийгэмлэг, МУИС-ын Гадаад хэл соёлын сургууль, Монгол улсын Батлан хамгаалахын эрдэм шинжилгээний хүрээлэн., 口頭(招待・特別), Монгол Япон хүний нөөцийн төв., 2013年
  • 新史料から見た20世紀のモンゴル, 、ハワリンバヤル2013講演会、モンゴルカレッジ-モンゴル再発見 その歴史と経済-, 国内会議, ハワリンバヤル2013, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 練馬区立光が丘図書館, 2013年
  • モンゴル人民党におけるモンゴル帝国史, 中央ユーラシア歴史文化研究所「モンゴル帝国継承国家論の再検討」第2回研究会, 国内会議, 早稲田大学中央ユーラシア歴史文化研究所, 口頭(一般), 早稲田大学, 2012年
  • 草原の国の今-モンゴル国の現状について, 彩の国・武蔵野アジア塾第10回講演会, 国内会議, 武蔵野アジア塾, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, にいざほっとぷらざ(新座市生涯学習センター), 2012年
  •  部会15 1920年代の東アジア国際政治におけるソ連の登場-「革命外交」の虚と実 題目「外モンゴルの政治情勢とソヴィエト、コミンテルン(1920年代前半)」, 日本国際政治学会2011年度研究大会, 国内会議, 日本国際政治学会, 口頭(一般), つくば国際会議場, 2011年
  • Коминтерний анхны төлөөлөгч Т Рыскуловын Монгол дахь үйл ажиллагаа., Олон улсын эрдэм шинжилгээний 4 дэх удаагийн хурал. «ХХ зууны Монгол туургатны түүх соёл»., 国際会議, Монгол улсын ШУА-ийн Олон улс судлалын хүрээлэн, Сэкигүчи олон нийтийн судалгааны нийгэмлэг, Ацуми олон улсын сан., 口頭(一般), Монгол-Японы хүний нөөцийн хөгжлийн төв, 2011年
  • Бодоо, Данзангийн хэрэг ба Зөвлөлт Орос, Коминтерн., Олон улсын монголч эрдэмтний Х их хурал, 国際会議, Олон улсын монгол судлалын холбоо, Монгол улсын шинжлэх ухааны академи, Монгол улсын их сургууль, 口頭(一般), Монгол улсын их сургууль, 2011年
  • ソヴィエト、コミンテルンの対日姿勢と外モンゴル(1920年代前半), 日本モンゴル学会2011年度春季大会。シンポジウム「モンゴル近現代史と日本」, 国内会議, 日本モンゴル学会, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2011年
  • 活動の舞台はユーラシア-歴史研究の最前線-, 早稲田大学高等学院進路講演会, 国内会議, 早稲田大学高等学院, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 早稲田大学高等学院, 2011年
  • 20世紀前半のモンゴルとソヴィエト・エージェント, 社団法人日本モンゴル協会2010年度第4回講演会, 国内会議, 社団法人日本モンゴル協会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 早稲田大学, 2011年
  • モンゴル人民共和国第1回国会とT. ルィスクロフ, 近現代東北アジア地域史研究会第20回大会(設立20周年記念研究大会), 国内会議, 近現代東北アジア地域史研究会, 口頭(一般), 日本大学, 2010年
  • Т. Рыскуловын бичсэн БНМАУ-ын анхдугаар их хурлын тайлан илтгэл., Монгол улсын түүх судлал ба сурвалж. Эрдэм шинжилгээний бага хурал., 国際会議, Шинжлэх Ухааны Академийн Түүхийн Хүрээлэн, Өвөр Монголын Багшийн Их Сургуулийн Монгол Судлалын Дээд Сургууль, Тохокү Их Сургуулийн Зүүнхойд Ази Судлалын Төв, 口頭(一般), Монгол улсын их сургууль, 2009年
  • モンゴルとソ連・コミンテルン-研究の傾向と今後の展望-, 「モンゴルの歴史・文化をめぐる基本問題」第3回研究会, 国内会議, 早稲田大学モンゴル研究所, 口頭(一般), 早稲田大学, 2009年
  • 新疆に対するモンゴル人民政府の活動(1920年代前半), 第46回野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会), 国内会議, 日本アルタイ学会, 口頭(一般), 藤屋旅館, 2009年
  • 1923年のモンゴル・ソ連間の交渉について, 2008年度内陸アジア史学会大会, 国内会議, 内陸アジア史学会, 口頭(一般), 東京大学, 2008年
  • 大学で学ぶ現在の歴史学-現地主義と公文書の世界, 2008年度早稲田大学史学会・連続講演会「わたしと歴史学、わたしと考古学」, 国内会議, 早稲田大学史学会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 早稲田大学, 2008年
  • モンゴル人民党第2回大会の政治的意義について, 日本モンゴル学会2008(平成20)年度春季大会, 国内会議, 日本モンゴル学会, 口頭(一般), 早稲田大学, 2008年
  • ボドー事件とモンゴルの政治状況, 、東北大学東北アジア研究センター。共同研究。東北アジア地域におけるモンゴルの歴史的位相に関する研究。第3回研究会, 国内会議, 東北大学東北アジア研究センター, 口頭(一般), 東北大学, 2006年
  • Переговоры по российско-монгольскому соглашению 1921 г. и «Урянхайский вопрос»., 16 международная конференция «Китай, китайская цивилизация и мир. История, современность, перспективы»., 国際会議, РАН. Научный совет по проблемам комплексного изучения современного китая. Институт Дальнего востока. Ассоциация китаиведов., 口頭(一般), Москва. Дом ученных РАН(Центральный дом ученных), 2006年
  • モンゴル人民政府の政治闘争とボドーの粛清, 2003年度早稲田大学史学会大会東洋史部会, 国内会議, 早稲田大学史学会, 口頭(一般), 早稲田大学, 2003年
  • “モンゴル・ロシア友好条約”の締結について, 科研基盤研究(A)東アジアにおける外国人の法。モンゴル学シンポジウム-モンゴル学の再構築と北東アジア学としての位置づけをめざして-近現代のモンゴルを囲んだ諸外国, 国内会議, 科研基盤研究(A)東アジアにおける外国人の法, 口頭(一般), 島根県立大学, 2003年
  • モンゴル革命と「モンゴル統一民族戦線」, 日本モンゴル学会2002年度春季大会, 国内会議, 日本モンゴル学会, 口頭(一般), 大正大学, 2002年
【共同研究実施実績】
  • モンゴル在留日本人関係公文書資料の研究(国際交流基金平成25[2013]年度日本研究フェロー), 国際共同研究, ENKHBAYAR/Jigmeddroj(モンゴル国科学アカデミー歴史研究所研究員), 2013年

last updated on 2017/10/21