研究活動

HOME > 研究活動 > 東京外国語大学における研究活動に関わる不正行為防止への取り組み

このページを印刷する

東京外国語大学における研究活動に関わる不正行為防止への取り組み

東京外国語大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」に基づき、研究活動に関わる不正行為防止への取り組みを行っています。

行動規範

研究活動並びに公的研究費の運営・管理に関する行動規範を以下のとおり定めています。

責任体系の明確化

研究活動に関わる不正行為防止のための責任体系を明確化しています。

運営・管理体制及び規程等

研究費の運営・管理体制及び研究活動における不正行為を防止すること並びに研究活動における不正行為が発生した場合に厳正かつ適切に対応するための措置等に関し必要な事項を定めています。

不正行為防止計画

研究活動上の不正行為を防止するため、不正行為防止計画を策定しています。

研究活動に関わる不正行為通報・相談窓口

本学において研究活動に関わる不正行為の疑いがあると考える人は、学内外を問わず、誰でも研究活動に関わる不正行為通報・相談窓口に通報・相談することができます。

通報先

東京外国語大学研究活動に関わる不正行為通報・相談窓口
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
Tel: 042-330-5593
Fax: 042-330-5599
E-mail: fusei-madoguchi[at]tufs.ac.jp  ※[at]を@に変えて送信してください。
通報・相談窓口対応者: 研究協力課職員

研究活動に関わる不正行為への告発

告発は、告発者が氏名・連絡先を明記した文書で行います。ただし、告発者は、それ以後の手続きにおいて氏名等の秘匿を希望することができます。 氏名等の秘匿を希望した場合、告発者の氏名や連絡先などの情報が窓口から外部に漏れることはありませんが、十分な事実関係の調査が不可能になる場合があることをご了解ください。 氏名等の秘匿を希望しない場合でも、調査にたずさわる少数の委員に氏名等が知らされるのみで、申立者本人の許可なく氏名等が公表されることはありません。調査にたずさわる委員は、守秘義務を負っています。

告発方法

告発書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、上記窓口に提出してください。
本人による窓口への持参、郵送、Fax、電子メールのいずれかにて提出してください。
また、いずれの場合においても告発者の確認のための書類(身分証明書、運転免許証、健康保険証等のコピー)を持参又は添付してください。

告発書(ダウンロード用) MS-WORD

不服申立ての方法

不服申立書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、上記窓口に提出してください。
本人による窓口への持参、郵送、Fax、電子メールのいずれかにて提出してください。
また、いずれの場合においても告発者又は被告発者の確認のための書類(身分証明書、運転免許証、健康保険証等のコピー)を持参又は添付してください。

不服申立書(ダウンロード用) MS-WORD

Get Adobe Reader
プラグインのご案内
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Reader はAdobe Reader のダウンロードページよりダウンロードできます。