トピックス

HOME > トピックス一覧 > 過去のトピックス一覧 > 駐アンゴラ日本大使講演

このページを印刷する

駐アンゴラ日本大使講演

2017年07月07日掲載

2017年6月29日(木)、澤田洋典駐アンゴラ日本国大使(本学ポルトガル・ブラジル語卒)が「転換期のアンゴラと日アンゴラ関係」と題して本学で講演をおこないました。(主催:社会・国際貢献情報センター、現代アフリカ地域研究センター)

澤田大使は、38年間もの長期政権を維持したドス・サントス大統領の退任による8月の総選挙を控え、今年転換期を迎えた現在のアンゴラについて、政治情勢、歴史、経済、文化など幅広い分野で紹介されました。さらに日アンゴラ関係に話を進め、ODAの状況や国際連携、政府支援等についても話が及びました。

会場には、アフリカ地域を専攻する学生を中心に約60名が来場し、講演後には学生との間で活発な質疑応答がありました。

講演に先立ち、大使は岩崎理事・副学長らを訪問し、懇談の場を持ちました。