イベント情報

HOME > イベント情報一覧 > 終了したイベント一覧 > 公開シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築」

このページを印刷する

公開シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築」

2017-12-2(土)14:00-18:00開催

日時 2017年12月2日(土)
14:00 - 18:00
場所 アジア・アフリカ言語文化研究所 大会議室 (303)
アクセス / キャンパスマップ
内容  14:00-14:15 床呂郁哉(AA研所員)趣旨説明
 14:15-14:25 山口真美(中央大学)「多文化をつなぐ顔と身体表現」
 14:25-14:55 渡邊克巳(早稲田大学)「潜在的な顔身体コミュニケーションと個人差」
 14:55-15:25 高橋康介(中京大学)・島田将喜(帝京科学大学)・大石高典(東京外国語大学)・錢琨(九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター)「続・顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究」
 15:40-16:10 田中みわ子(東日本国際大学)「身体表現にみる眼差しのダイナミクス―障害をめぐる文化的差異に着目して」
 16:10-16:40 小手川正二郎(國學院)・國領佳樹(立教大学)「顔身体の現象学―概要と展望」
 16:55-18:00 総合討議
使用言語 日本語
備考 参加費:無料
事前申し込み:不要
共催 新学術領域研究「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」,AA研基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究―人類学におけるミクロ‐マクロ系の連関2」
WEBサイト 上記の情報は現時点のものであり、今後、修正等が入る可能性があります。
最新情報はこちらよりご覧ください。