イベント情報

HOME > イベント情報一覧 > 終了したイベント一覧 >  国際シンポジウム『芸術と障害:アフリカとアジアの事例をめぐって』

このページを印刷する

国際シンポジウム『芸術と障害:アフリカとアジアの事例をめぐって』

2017-06-25(日)13:00-17:30開催

日時 2017年6月25日(日)13:00 - 17:30
場所 アジア・アフリカ言語文化研究所 マルチメディア会議室(304室)
アクセス / キャンパスマップ
内容 13:00-13:10 Opening
13:10-13:50 HANDS OF A GOZE (blind female musician): the Tactile Culture of Visually-impaired People in Modern Japan. Kojiro HIROSE (National Museum of Ethnology)
13:50-14:00 Q&A
14:10-14:50 Imperfect Bodies and Comedy in Balinese Theater. Yukako YOSHIDA (ILCAA)
14:50-15:00 Q&A
15:10-15:50 7th Art and Disability in Sub-Saharan Africa: Staging of Altered Bodies and Process of Normalization.
Aggee Celestin Lomo Myazhiom (ILCAA Visiting Professor)
15:50-16:00 Q&A
16:10-16:30 Comments. Mikako TODA (National Museum of Ethnology)
16:30-17:30 Discussion

詳細は,こちらをご覧ください。

ポスター
使用言語 英語
備考 参加費:無料
事前申し込み:不要
共催 A研基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究ー 人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」、科学研究費補助金(基盤A)「人類学的フィールド ワークを通じた情報研究の新展開:危機を中心に」(研究代表者:西井涼子(AA研所員)課題番号:17H00948)