イベント情報

HOME > イベント情報一覧 > 終了したイベント一覧 > 公開研究会: 共同利用・共同研究課題「文法の動的体系性を探る (1):文法の多重性と分散性」2017年度第1回研究会(通算1回目)

このページを印刷する

公開研究会: 共同利用・共同研究課題「文法の動的体系性を探る (1):文法の多重性と分散性」2017年度第1回研究会(通算1回目)

2017-10-7(土),10-8(日)開催

日時 2017年10月7日(土)13:00 - 18:00
2017年10月8日(日)10:00 - 13:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所4階研修室(405)
アクセス / キャンパスマップ
プログラム 10月7日
1) 中山俊秀(AA研所員)
プロジェクト趣旨説明
2) 青井隼人(AA研共同研究員,AA研特任研究員・国立国語研究所)
「多重文法 (Multiple Grammar) モデル概説とその理論的意義」
3) 堀内ふみ野(AA研共同研究員,慶應義塾大学大学院生)
「日本語の日常会話から見る文法の多重性」
4) 全員
言語パターンのジャンル差・スタイル差の実例の発表(1)
5) 全員
オープンディスカッション:文法の多重性が提起する問題

10月8日
1) 全員
言語パターンのジャンル差・スタイル差の実例の発表(2)
2) 全員
オープンディスカッション:文法の多重性を踏まえた文法研究を考える
使用言語 日本語
事前申し込み 不要(参加費:無料)
備考 最新情報はAA研webサイトをご参照ください。