イベント情報

HOME > イベント情報一覧 > 終了したイベント一覧 > NIHU「パレスチナ占領50年」企画連続国際シンポジウム<京都>「パレスチナ占領はイスラエル社会に何をもたらしたか」

このページを印刷する

NIHU「パレスチナ占領50年」企画連続国際シンポジウム<京都>「パレスチナ占領はイスラエル社会に何をもたらしたか」

2017-7-6(木)18:30-21:00開催

日時 2017年7月6日(木) 18:30 - 21:00 (18:15 開場)
場所 京都大学吉田南キャンパス、総合館 南棟地下 共南01教室
アクセス
講演者 アヴィ・シュライム氏(Dr. Avi Shlaim)
アラブ・イスラエル紛争を専門とする国際関係学者で、イスラエル建国論争をめぐる「新しい歴史家」のひとり。 オックスフォード大学名誉教授でイギリス学士院フェロー (FBA)。著書に『鉄の壁 イスラエルとアラブ世界』(緑風出版、2013年)など。
使用言語 英語(日本語逐次通訳あり)
備考 参加費:無料
事前申し込み:不要
共催 京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室, AA研中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)