イベント情報

HOME > イベント情報一覧 > 終了したイベント一覧 > 【ICJS】「1611 年‐1616 年 ロンドンから日本に送られてきた望遠鏡と、絵画と版画の船荷――その目的と意味について考える」

このページを印刷する

【ICJS】「1611 年‐1616 年 ロンドンから日本に送られてきた望遠鏡と、絵画と版画の船荷――その目的と意味について考える」

2017-06-27(火)18:00-20:00開催

日時 2017年6月27日(火)18:00-20:00
場所 東京外国語大学 研究講義棟226室
アクセス
講演者 Timon SCREECH(タイモン・スクリーチ)教授
(ロンドン⼤学SOAS・美術史)
コメンテータ 久米順子 准教授
(東京外国語大学)
使用言語 英語(日本語資料配布予定)
備考 お申込み不要、一般公開
主催 東京外国語大学 国際日本研究センター 比較日本文化部門
共催 大学院国際日本学研究院(CAASユニット)

国際日本研究センターWebサイト

詳細はこちら