イベント情報

HOME > イベント情報一覧 > 終了したイベント一覧 > 公開研究会: 共同利用・共同研究課題「通言語的・類型論的観点からみた琉球諸語のケースマーキング」2017年度第1回研究会(通算6回目)

このページを印刷する

公開研究会: 共同利用・共同研究課題「通言語的・類型論的観点からみた琉球諸語のケースマーキング」2017年度第1回研究会(通算6回目)

2017-10-28(土),29(日)開催

日時 2017/10/28(土) 13:30 - 18:20
2017/10/29(日) 13:00 - 15:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディアセミナー室(306)
アクセス / キャンパスマップ
プログラム 10月28日
1) 13:30- 15:00 下地理則(AA研共同研究員,九州大学)
「日琉諸語の格標示:ここまでわかってきたこと」
2) 15:10- 16:10 加藤幹治(東京外国語大学大学院生)
「奄美語(徳之島方言)の格標示の概要」
3) 16:10- 17:10 重野裕美(AA研共同研究員,広島経済大学)・白田理人(AA研共同研究員,琉球大学/日本学術振興会)
「奄美語(奄美大島方言)の格標示の概要」
4) 17:20- 18:20 又吉里美(AA研共同研究員,岡山大学)
「沖縄語(津堅島方言)の格標示の概要」

10月29日
13:00 - 15:00(公開)
1)13:00- 14:00 Christopher Davis(AA研共同研究員,琉球大学)
「八重山語(宮良方言)の格標示の概要」
2) 14:00- 15:00 原田走一郎(AA研共同研究員,長崎大学)
「八重山語(黒島方言)の格標示の概要」
使用言語 日本語
参加費 無料・一般公開・事前申し込み不要
主催 AA研基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3)
HP WEBサイトはこちら