シンポジウム「中東の今と日本」 ご報告

シンポポスター

2010年11月23日(火)に国際交流基金JFICホールさくらに於いて開催されたシンポジウム「中東の今と日本 私たちに何ができるか」の報告を各セッションごとにまとめたものができましたので公開致します。

セッション1 「アフガニスタン情勢ーわれわれはどう関わっていけるのか」

報告はこちら

司会 ●
高岡豊(上智大学アジア文化研究所・研究員)
報告者 ●
田中浩一郎((財)日本エネルギー経済研究所中東研究センター センター長)
伊勢崎賢治(東京外国語大学・教授)
保坂修司((財)日本エネルギー経済研究所中東研究センター 副センター長、研究理事)

セッション2 「石油産出国とどうつきあうかー産油国の抱える問題」

報告はこちら

司会 ●
保坂修司
報告者 ●
武石礼司(東京国際大学・教授)
中川勉(外務省中東アフリカ局中東第二課・課長)
河井明夫((財)中東調査会・研究員)

セッション3 「中東和平の現状と日本ー市民にできることは何か」

司会 ●
林真由美(北海道教育大学函館校・非常勤講師)

Part 1. 政治と外交

報告はこちら

報告者 ●
池田明史(東洋英和女学院大学・教授、副学長)
立山良司(防衛大学校・教授)

Part 2. 文化と相互理解

報告はこちら

報告者 ●
田中好子(パレスチナこどものキャンペーン・事務局長)
山本薫(東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所 研究員)