保健管理センター

HOME > 保健管理センター > 個人情報の取扱について : 保健管理センターにおける個人情報の利用目的について

このページを印刷する

保健管理センターにおける個人情報の利用目的について

2005年06月08日

保健管理センター所長
保健管理センター運営委員会

2005年4月1日、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」が施行されました。
これまでも保健管理センターにおいては、医療職にとどまらず、全ての健康に関わる情報取扱者には守秘義務があることに留意し、個人情報の適切な取り扱いに関して万全の体制をとってきました。
加えてこの法律の施行を受け、保健管理センターが健康診断、診療、カウンセリング、文部科学省共済組合事業としての総合的な健康診査(人間ドック)等、各種の活動を通じて収集し管理する個人情報の利用目的を、以下の通り特定することにします。

  1. 学生を対象とした保健管理
  2. 保健管理センターに所属する医師が産業医に選任されている場合には、職員を対象とした産業衛生管理
  3. 外部医療機関との医療連携(医療を目的とした医療機関への紹介・医療機関からの医療を目的とした照会に対する回答)
  4. 健康診断書および健康診断証明書の発行
  5. 医療、保健指導、カウンセリングの提供
  6. 医療、保健指導、カウンセリングの提供を目的とした家族への病状説明
  7. 法令(学校保健法、労働安全衛生法、結核予防法、感染症予防法等)によって義務づけられている届け出行為
  8. その他
    • 保健管理および産業衛生管理に関する資料作成、医学研究、心理学研究
    • 学生・職員以外の保健管理センター利用者に対する応急的医療の提供
付記
  1. 上記事項につき、同意できない場合や疑問点がある場合には、職員に申し出てください。申し出がない場合には、同意が得られたものとします。
  2. 上記事項以外の目的で利用する場合には、別途、個別の了解を取得します。
お問い合わせ先
東京外国語大学 保健管理センター
住所:〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
電話:042-330-5435
hoken-center

※メールの使用にあたっては、記載のアドレスに続けて「@tufs.ac.jp」を付してください。