一般公開

HOME > イベント情報一覧 > 一般公開一覧 > TUFS Cinema: 映画『目を閉じれば、いつもそこに~故郷・私が愛したシリア』上映会&トークセッション

このページを印刷する

TUFS Cinema: 映画『目を閉じれば、いつもそこに~故郷・私が愛したシリア』上映会&トークセッション

2016-10-21(金) 17:45開映(開場17:15分)開催

11th UNHCR難民映画祭 -大学パートナーズ
TUFS Cinema 映画『目を閉じれば、いつもそこに~故郷・私が愛したシリア』
上映会&トークセッション
日時 2016年10月21日(金)17:40開映(開場17:15)
場所 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
アクセス:http://www.tufs.ac.jp/access/
プログラム 1)映画『目を閉じれば、いつもそこに〜故郷・私が愛したシリア〜』本編上映
(約1時間)
2)トークセッション(約1時間)
- 藤井沙織監督×青山弘之教授×シリア研究会(学生サークル)によるディスカッション
- シリアの大学生とのテレビ電話交流について(シリア研究会による紹介、発表)
入場料等 入場無料・先着順(定員501名)・申込不要
ポスターはこちら

 

映画紹介

『目を閉じれば、いつもそこに~故郷・私が愛したシリア』
日本 / 2015年/ 57分 / ドキュメンタリー
監督 藤井沙織
上映作品のあらすじ:2011年に始まった紛争によって、家族を失い家も街も破壊 され、帰る場所を失ったシリア人。未だ収まることを知らないこの紛争は、かつ て豊かだったこの国を、世界最大の難民発生国へと変えてしまった。それでもな お、ふるさと・シリアに帰りたいという想いを抱き続けている人々。紛争の裏側 にある現実と、彼らの想いを伝える。