一般公開

HOME > イベント情報一覧 > 一般公開一覧 > チベットの牧畜民の仕事展

このページを印刷する

チベットの牧畜民の仕事展

2017-2/13(月)~3/11(土)開催

チベットでは古くから標高や土地の特徴にあわせて、農耕や牧畜業が営まれてきました。農民と牧畜民では暮らしのよりどころとなる仕事が異なるだけではなく、習慣や考え方にも違いがみられます。宗教や歴史、政治経済などの他の要因も加わり、変化を繰り返しながら、多様な文化が形成されてきました。この重層的なチベット文化の背景を理解するには、土地に根ざした普通の人々の生業を知るという視点が欠かせません。本企画展では、東北チベットのアムド地方で家畜とともに暮らしてきた牧畜民の「今」を様々な角度から紹介します。

日時 2017年2月13日(月)~3月11日(土)
※土日休場 2月18日(土)・19日(日)、3月11日(土)は開場
場所 アジア・アフリカ言語文化研究所資料展示室(1F)
アクセス / キャンパスマップ
使用言語 日本語
参加費 入場無料、事前申し込み不要
問い合わせ先 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所LingDy3事務局
Tel&Fax: 042-330-5543
E-mail: info-lingdy[at]aacore.net([at]を@に置き換えてください))
webページ: http://tibetanpastoralists.blogspot.jp/
共催 基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3),
科学研究費(基盤B)「チベット牧畜民の生活知の研究とそれに基づく牧畜マルチメディア辞典の編纂」(代表者:星泉(AA研所員)、課題番号:15H03203),
AA研共同利用・共同研究課題「"人間―家畜―環境をめぐるミクロ連環系の科学"の構築 ~青海チベットにおける牧畜語彙収集からのアプローチ」

ポスター

関連イベント

【関連イベント①:国際シンポジウム】
国際シンポジウム「チベット牧畜民の「いま」を記録する」/
共同利用・共同研究課題「"人間―家畜―環境をめぐるミクロ連環系の科学"の構築 ~青海チベットにおける牧畜語彙収集からのアプローチ」2016年度第2回研究会(通算第8回目)
日時:2017年2月18日(土) 13:00 - 18:00
   2017年2月19日(日) 13:00 - 17:00(終了しました。ご参加ありがとうございました。)

【関連イベント②:チベット映像上映会】
チベットの今を見つめる眼『チベット牧畜民の一日』上映会
日時:2017年2月19日(日)10:30 ‐ 12:10 (10:00開場)
(終了しました。ご参加ありがとうございました。)