一般公開

HOME > イベント情報一覧 > 一般公開一覧 > 国際シンポジウム「多面体日本、交差するアイデンティティの過去、現在、未来」

このページを印刷する

国際シンポジウム「多面体日本、交差するアイデンティティの過去、現在、未来」

2015-5-29(金)~2015-5-31(日)開催

東京外国語大学では、来る5月29日、30日、31日の3日間、「多面体日本、交差するアイデンティティの過去、現在、未来」と題する国際シンポジウムを開催いたします。シンポジウムは、大航海時代から現在に至る世界的な人や物そして文化の交流というグローバリゼーションのプロセスを、特にそのなかで大きなウエイトを占めてきたスペイン語圏とポルトガル語圏の国々を軸に、アカデミックな視点に加え、様々な角度から広く扱うことによって、新たなミレニアムにふさわしい形で、これらの地域の言語文化を日本に広め、日本との文化的つながりを強化しようとするものです。
このプロジェクトのために、東京外国語大学は、在京の関係各国の大使館や内外の文化振興団体、関係企業などから広く協賛を受けています。シンポジウムには世界のさまざまの地域から30名以上の第一線の専門研究者が参加します。アカデミックな講演や研究発表に加えて、スペイン大使館からは「フランチェスコのサンティアゴ巡礼の道」、ポルトガル大使館からは「フェルナン・メンデス・ピントの旅」という、それぞれの国と日本との紐帯を象徴するような展示の提供も受けています。29日の開催セレモニーには、他に、民間の団体による民族音楽や舞踏などの公演も企画されています。
現在、必ずしも日本の若い世代はこれらの国々の歴史や文化に十分な知識を有しているとは言えません。このイベントは、スペイン語・ポルトガル語圏諸国の歴史や文化についての理解を促進するだけでなく、スペイン語・ポルトガル語圏諸国との緊密な連携のもと教育研究支援の在日ネットワークの構築を目指しています。
本件に関心をお持ちの方は、是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。

東京外国語大学 日西葡国際シンポジウム実行委員会

開催日時 2015年5月29日(金)から31日(日)
会場 東京外国語大学アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
講演者・
内容
こちらをご覧ください
その他 参加費無料、同時開催展覧会(5月22日~6月5日)「フランチェスコのサンティアゴ巡礼の道」「フェルナン・メンデス・ピントの旅」

ポスターはこちら