一般公開

HOME > イベント情報一覧 > 一般公開一覧 > フィールド言語学ワークショップ:テクニカル・ワークショップ「フィールドノート(1):調査目的に応じたノートの工夫」

このページを印刷する

フィールド言語学ワークショップ:テクニカル・ワークショップ「フィールドノート(1):調査目的に応じたノートの工夫」

2017-12-6(水)13:00-16:00開催

このワークショップは少数言語・危機言語のフィールドワーク,ドキュメンテーションをおこなっている研究者・学生の皆様を対象に,調査・研究に役立つ知見や知識をお伝えする事を目的としています。

日時 2017年12月6日(水)13:00-16:00
場所 アジア・アフリカ言語文化研究所 マルチメディア会議室(304) 3階304室
アクセス / キャンパスマップ
主な内容 今回「調査目的に応じたフィールドノートの工夫」をテーマにワークショップをおこないます。参加者のみなさんとフィールドノートのアイデアや悩みを共有し、それぞれにとってよりよいノート術を見つける場を作ることを目指します。
企画・進行 青井隼人(AA研特任研究員)
話題提供者 白田理人(AA研共同研究員,日本学術振興会特別研究員・琉球大学)
児倉徳和(AA研所員)
お申込み ※参加には事前申込が必要です。募集要項をご覧の上ご応募下さい。
募集要項
【申込締切:11月27日(月)正午】
使用言語 日本語
参加費 無料
主催 AA研基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」