一般公開

HOME > イベント情報一覧 > 一般公開一覧 > 中東イスラーム研究拠点国際ワークショップ 「中央アジアから中東への移民:1940-50年代の新疆難民の事例から」

このページを印刷する

中東イスラーム研究拠点国際ワークショップ 「中央アジアから中東への移民:1940-50年代の新疆難民の事例から」

2018-3-3(土)10:00-17:30開催

日時 2018年3月3日(土)
10:00 - 17:30
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階大会議室(303室)
アクセス / キャンパスマップ
講演者 1. Abdulvahap Kara (Mimar Sinan Fine Arts University, Turkey)
The Reasons and Results of the Migration of Kazakhs from East Turkestan to Turkey in Between 1930-1950's

2. 野田仁(AA研所員)
Kazakh migrants and the Soviet-Chinese relations during 1940s: as a background of the Xinjiang refugees towards Middle East

3. Ömer Kul (Istanbul University, Turkey)
Uighurs that immigrated from East Turkestan to Turkey between 1949-1954

4. 小野亮介(早稲田大学)
American Aids for Xinjiang Kazakh Refugees in Kashmir: Missionaries, anthropologist and the Escapee Program

5. Justin Jacobs (American University, USA)
An Examination of the Fate of Xinjiang Refugees during the Cold War

6. Tekin Tuncer (Nevşehir Hacı Bektaş Veli University, Turkey)
The Emigration from East Turkestan to Turkey in 1964

コメンテーター:松長昭(現代イスラム研究センター)
使用言語 英語
備考 参加費:無料
※会場準備の都合上,事前に野田仁 nodajin[at]aa.tufs.ac.jp([at]を@に置き換えてください)までお知らせいただけますと幸いです。
共催 中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業),JSPS科学研究費(研究活動スタート支援)「テュルク系ディアスポラの多地域・多言語的ネットワークと20世紀世界史」(代表者:小野亮介(早稲田大学)課題番号:17H07174)
WEBサイト 上記の情報は現時点のものであり、今後、修正等が入る可能性があります。
最新情報はこちらよりご覧ください。