一般公開

HOME > イベント情報一覧 > 一般公開一覧 > CAASユニット招致事業 オリンピック・ワークショップ第2弾 「オリンピック:熱望、スペクタクル、レガシー(1936年-2020年)」

このページを印刷する

CAASユニット招致事業 オリンピック・ワークショップ第2弾 「オリンピック:熱望、スペクタクル、レガシー(1936年-2020年)」

2016-9-26(月)16:00~開催

日時 2016年9月26日(月)16:00~
場所 東京外国語大学府中キャンパス、本部管理棟 中会議室
アクセス
ワークショップ・タイトル オリンピック:熱望、スペクタクル、レガシー(1936年-2020年)
内容 本ワークショップは、スペクタクルとしてのオリンピック大会の約100 年の歴史を検討するものである。4人の講演者は様々な角度からオリンピック を分析する。選手たちが体言する文字どおりの国体、画期をなした64年の東京 オリンピックに潜む文化的言説、短期間ながら集中的に行われた経済・社会面 での莫大な投資とその後に残された遺産。資料や討論をつうじて、ハイレベル で国際的なスポーツの祭典という装いのもとに隠ぺいされてきた政治文化的パ フォーマンスとしてのオリンピック大会について検討し、理解を深めたい。
報告者 イリス・ハウカンプ (CAAS, London U, SOAS)
マーティン・スミス (Senior Teaching Fellow, Department of History, Academic Staff Japan Research Centre, SOAS, University of London)
岸 佑(ICUフェロー)
友常勉(本学)
使用言語 日本語・英語
対象 学生、一般
入場 無料/先着順/申込み不要
主催 国際日本学研究院

ポスターはこちら